将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:老いの思想

07020702 マルクスの唯物論というのはそんなに進歩的じゃないですよ。だからユダヤ人問題のような宗教的な問題に対して、当時の急進的な人間の間では、キリスト教だろうがユダヤ教だろうがイスラム教だろうが、全部すっ飛ばしてしまえばいいじゃないかというのが一般的な意見だったのですけど、マルクスはそうじゃなくて、要するに、宗教的なものを否定して追っ払ったって人間の解放とは同じじゃない、それは革命と関係ないんだっていうのがマルクスのユダヤ人問題についての論旨ですね。だから、あまりに馬鹿らしい進歩的なことはいわない人です。ユダヤ人問題ってのは、ヨーロッパの部落問題です。人間の歴史というのはそういうのをなかなか払拭できないです。だから、今でもそうだと思いますよ。ヨーロッパ人は上手に進歩的なことをいっていますけれど、心の底にはユダヤ人とユダヤ教に対する差別感があって、なかなか消えていない。そういうことがありますね。マルクスはそういう意味では無茶なインチキをいわないし、真っ当なことをいっています。(『生涯現役』2006.11.20洋泉社終章「老いの思想」)

 え、私はこれで、やっとマルクスの「ユダヤ人問題を論ず」が少しは判った気持になれました。結局私は長年何も判っていなかったのですね。羞しい話です。だが、これでまたちゃんと読み返してみようという気持が湧いてきました。年をとってくることも、本当に無駄なことばかりじゃないのですね。もっと学んでいこうと、そのことだけを思い浮かべています。

続きを読む

fa09642a.jpg

 本当に老人たちの助けになるためには、親鸞流にいうと、「還りの相」、「還りの姿」というものが必要だということになります。つまり、偶然この人を助けたってことではなくて、この人一人を助けることが、そのまま老人というものを助けることと同じでなければ意味がないっていうことですね。同じことというのがどういうことかというと、一人を助けることのなかにひそんでいる偶然性を排除して、老人の運動性の鈍さとかそういうことを全部含んだ上での必然性としての老人といいますか、そこまでいかない限り、駄目だということです。(『生涯現役』2006.11.20洋泉社終章「老いの思想」)

 思えばこのことは吉本さんがあちこちのことで繰り返し言われていることだと思う。なんと勘違いしてしまった個人、勘違いしてしまっている思想が蔓延していることだろうか。老人や身障者の介護ということでも、この勘違い、意味のないことがあちこちに蔓延していることを感じている。

続きを読む

↑このページのトップヘ