12111305 以下のニュースがありました。私は『あれ!「インターネット依存症」って、俺のことだなあ?』と思いました。

http://www.j-cast.com/2012/11/09153388.html?p=all
「インターネット依存症」日本国内に270万人 脳が退化、「妄想や幻覚を見る」は本当か

 でも読んで行くと、『あれ、俺は「妄想や幻覚を見る」なんて感じないなあ』という思いです。

「ネット中毒」に焦点を当てたのは、2012年11月7日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に出演した教育評論家の尾木直樹氏だ。「コンピューターを使い過ぎると脳が退化する」と口火を切ると、情報を容易に探し出せるネットに頼り過ぎれば、自分の脳で考えなくなると述べた。

 えっ、もともと俺は自分の脳でなんか考えてないものなあ。えっ、これは人類が始まったときからいっぱい言われてきたのじゃないかな。
 人間的じゃないから、人間らしさを失うからと文字の使用をかたくなに拒んだ人がいました。もうそういう人はすべて滅びました。また同じじゃないかな。「文12111306字を使いすぎると、脳が退化する」といっても、紫式部も清少納言も松尾芭蕉も夏目漱石も太宰治も文字を使うのを止めませんでした。そう言って文字を拒んだ人が滅びました。
 忘れないようにしましょうね。そしてパソコンもインターネットもおおいに使っていきましょう。