将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:自立

20170627032017062702 私は今年で満五○歳になりました。二四、五歳のころには、きっと三〇代になれば、もっと精神的に落ち着いた大人になれるのだろうと思い込んでいました。その三〇代になったときには、きっと四〇代になったときには、もっと生活も余裕ができ、心も余裕を持つことができるのだろうと思い込んでいました。それが、ことごとく、違ってきてしまったのが、私の人生だという気がしてしまいます。それどころか、年を取るごとに、それこそがけっぷちに段々追い詰められていくようなあせる思いばかりになってしまいます。

これは私だけではないのかもしれません。李白の「行路難(こうろ11052904なん)」という詩を読むと、あの奔放に生きたと思える李白もまた、私と同じように、毎年毎年年齢を重ねるごとに、悩み深くなるばかりであることを考え込んでいたのだろうなと感じいってしまいます。
この李白の「行路難」という詩は三つありますが、これは「その一」とされる詩です。

    行路難(其一)    李白
  金樽清酒斗十千  金樽の清酒斗十千(註1)
  玉盤珍羞直萬錢  玉盤の珍羞(註2)直(あたい)万銭
  停盃投筋不能食  盃を停め筋(はし)(註3)を投じて食う能わず
  抜劍四顧心茫然  剣を抜き四顧して心茫然たり
  欲渡黄河冰塞川  黄河を渡らんと欲して冰は川を塞ぎ
  將登太行雪暗天  将に太行(註4)に登らんとすれば雪は天に暗し
  閑來垂釣坐溪上  閑来釣を垂れて渓上に坐し
  忽復乘舟夢日邊  忽ち復た舟に乗りて日辺(註5)を夢む
  行路難               行路難し
  行路難             行路難し
  多岐路               岐路多し
  今安在               今安(いず)くにか在る
  長風破浪會有時  長風浪を破る会(まさ)に時有るべし
  直挂雲帆濟蒼海  直ちに雲帆を挂(か)けて蒼海を済(わた)らん

  (註1)斗十千(とじっせん)  一斗一万銭。高い上等の酒。曹
植「美酒斗十千」による。
  (註2)珍羞(ちんしゅう)  めずらしいごちそう。
  (註3)筋  本当は上が竹かんむりではなく草かんむり。
  (註4)太行  山西省と河北・河南省の境を走る山脈。
曹操『苦寒行』

                北上太行山  北のかた太行山に上れば
                  艱哉何巍巍 艱き哉何ぞ巍巍たる

         とある。
  (註5)日辺(じっぺん)  太陽のほとり。転じて、天子のそば、
帝都を意味する。

  金の酒樽にたたえた清酒は一斗が一万銭もする
  玉の皿に盛った珍しいごちそうは万銭にも値する
  だが盃をおき箸をおき食べてはいられない
  剣を抜き四方を見回し心は茫然ととりとめない
  黄河を渡ろうとしても氷が川を塞いでいる
  太行山に登ろうとすると雪がふって天が暗くなる
  そこでのんびりと釣糸を垂れ谷川のほとりに坐っているかと思う
と舟に乗って太陽のそばに行くことを夢みている
  人生の行路は困難だ
  ほんとに行路は困難だ
  別れ路が多すぎる
  私の太陽はいまどちらにおられるのだろう
  大風に乗じて万里の浪をのりこえる  そういう時がいつかは来る
  その時にはまっしぐらに雲のように速い帆をかけて大海原をわたっ
ていこう

やはり、いくら年を重ねても、人生はわけが判らなく、余りに路が多すぎます。だが、それでも李白は 

  長風破浪會有時
  直挂雲帆濟蒼海

と言っているのです。この姿勢気持は私も同じです。たとえ、年々白髪の数を悩むようになろうとも、やはり段々がけっぷちに追い詰められるようになろうとも、そのがけっぷちでこそ、自信をもって踏みとどまり、自分で立ち上がれる存在になれるよう努力していく所存です。私はそれが「自立」ということなのだろうなと思っているのです。
李白はいいな、そしてこの詩を自信をもって吟じられる自分になりたいなと思っています。 (1998.11.01)

続きを読む

11030502 「前衛」的コミュニケーションの方法は、現代の「進歩」的末端にいたるまで採られている方法の範型である。これは、魚屋のおかみさんをオルグして母親大会につれてゆこうとする平和と民主主義者から、市民会議の地域的な結成をとく市民主義者まですこしもかわりない。
 もしも労働者に「前衛」をこえる方法があるとすれば、このような「前衛」的なコミュニケーションを拒否して生活実体の方向に自立する方向を、労働者が論理化したときのほかはありえない。また、もしも魚屋のおかみさんが、母親大会のインテリ××女史をこえる方法があるとすれば、平和や民主主義のイデオロギーに喰いつくときではなく、魚を売り、飯をたき、子供をうみ、育てるというもんだいをイデオロギー化したときであり、市民が市民主義者をこえる方法も、職場の実務に新しい意味をみつけることではなく、今日の大情況において自ら空無化している生活的な実体をよくヘソの辺りで噛みしめ、イデオロギー化することによってである。

「前衛的コミュニケーションについて」1961.12「先駆」1号に掲載 「擬制の終焉」1962.6.30現代思潮社に収録された

「前衛」主義者や市民主義者はもう何年も何十年も変わりない。あいも変わらず、労働者や大衆をオルグする対象と考えて今もまた同じことをやっている。私たちの自立は私たち大衆が日々生活していることをもっともっと見つめることである。そして私たち大衆を大政翼賛の方向にまたもっていこうとする、数々の市民主義者とやらのやることを絶対に拒絶すること、徹底してコケにすることである。

2017073102 谷川雁が2日午後5時6分に肺がんのため亡くなりました。71歳でした。これで、吉本(吉本隆明)さんと一緒に「試行」の創刊に関わった3人(村上一郎、谷川雁、吉本隆明)のうち2人が鬼籍に入ったわけです。なんだか時間というのは、非常に無慈悲に過ぎ去っていくもののようです。
三井三池争議のときの谷川雁から、70年代の経営者(たしかテックという会社の社長だった)の姿まで、なんだか遠いところにいる教祖のように私は眺めていました。「自立」とは吉本さんの語彙であるわけですが、これはまた谷川雁が述べたことでもありました。 

自立を思想内容としてとらえれば、それはいかなる範疇にも属さない、名づけることのできない存在に自分がなろうとする決意の問題である。他のあらゆる個人、集団に同一化されない、自分以外の世界すべてにヒジ鉄を加える精神である。

自立とはいずれ「他立」するための便宜的な手段ではなく、それを自己 目的とすることである。10120605

組織形態論としてとらえた自立、展望をもたなければ動こうとしない自立、どうすれば自立できるかと他人に問うことことからはじまる自立なんてものじゃ、自立という言葉がなくのである。                 (谷川雁「民主集中制の対局を」)

しかし、吉本さんはこの「自立」をまさしく私たちの前に見事に提示してくれているように思いますが、谷川雁はどうだったのでしょうか。
吉本さんの雁への追悼の言葉を聞いてみたいものです。
合掌します。(1995.02.04)

続きを読む

f849f306.jpg 昨日はおはぎの高校時代の友だちの、N.R.の結婚式でした。銀座での結婚式ということで、おはぎとミツ君は、ポコ汰を私たちに預けて出かけました。結婚した彼女とその彼は、グラフィックデザイナーです。
 帰ってきてから聞いたところ、結婚式披露宴のさまざまなものが、デザイナーの二人による手作りでした。話を聞いても、それらの手作りのものを見ても、もう大変に感心していました。
 思えば、私の娘の友だちは、長女おはぎにしろ、次女ブルータスにしろ、実にしっかりした娘ばかりです。私はいつも感心しています。いい友だちの一人一人に感心すると同時に、こうしたいい友だちを持っている娘二人に感心しているのです。
 私はいつも思っています。吉本(吉本隆明)さんのいう「自立」という言葉です。いつも娘たちの友人たちに、吉本さんのいう、しっかりと自立した女性たちを感じています。私の娘の友だちですから、昔からいつも、「いい娘たちだな、しっかりしているなあ」ということを感じていました。その彼たちのことは、ほぼ娘の話を聞くだけです(ときどきお会いしたこともあります)が、これまた実にしっかりした魅力ある方々であることを感じています。
続きを読む

↑このページのトップヘ