将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:自署

15090507
15090508
 私は常に自署するときに「萩原周二」と書くのですが、でも字がもう嫌になるほど汚い字なので、常に印鑑ですめば、それでいつもやっています。手紙はよく書くのですが、これはパソコン印字ですからいいのですが、でも1か所だけ自署しなければなりません。でも仕方ないから、汚い字でそれに印鑑を押して済ませています。日本にこの印鑑というものがあってどんなに助かっていることでしょうか。
 でも自分の署名もなんとか、したい、なりたいと思ってきました。それでここのサイドバーにある「署名ドットコム」で私の署名を作成してもらいました。本当はこれで練習しないとならないのですが、そんなことをやるわけがありません。そこで、この署名の印鑑を作ってもらいました。もうこれで手紙も押していきます。
15081440
 手紙も「書く内容だ」なんていえる私ではありません。だから私は内容を大量に書くのです。パソコンだから、それは可能です。でも1行自分の署名だけが嫌でした。でももうこれでいいでしょう。そして私は押印を加えるのです。
 これで勘弁してください。

11010203 年賀状は、「私の年賀状で の2」に書きましたように、私は何も添え書きを書かないようにしました。字が汚いのがはなはだしいのです。もうどんどんと字が汚くなり、書けなくなっています。私は手紙は、自分の住所氏名のうち、氏名だけを手書きにしています。「自署」だからです。それにこれは多少汚い字でもいいでしょう。
 でもでも、ひどすぎます。手紙の自署だけならいいいのですが、年賀状の中の添え書きなんかひどすぎます。それに、私は「萩原周ニ」の「萩」がよく書けないんだよなあ。
 でも今受け取った年賀状で、私の出していないものがありました。もう私はまた懸命にパソコンで書いて(つまり裏本文、表宛名のほかに、もう一度)送付します。
 それが綺麗な女性(ひと)だから必死にやるのだ。しかし自分を高揚させ、パソコンに向かいます。

 私の年賀状で の4 へ

↑このページのトップヘ