将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:自転車

13081805 藤圭子さんが自殺されて、もう私はものすごいショックでした。

2013/08/22 18:42藤圭子のことを考えます。どうしてこんなことになったのかなあ。

2013/08/23 04:30今日は新聞が早く来たので、もう「波止場」への思いは書いて、リビングへ来ました。
 たぶん朝一番で新しい万歩計が来るでしょう。そうすれば実に助かります。来たら、その万歩計に関することを書きます。
 ポコ汰が新しい自転車を買ってもらって、もうそれに乗っているというので、見に行きたいです。ポニョも自転車に乗り、ポポは前のポコ汰の自転車に補助輪をつけてもらって乗っているそうです。これも見たいなあ。少し心配ですが、大丈夫でしょう。
2013/08/23 04:49今IS01もデジカメも電池を充電しています。今朝来るだろう万歩計も電池を入れないとなりません。もう一昨日手に入れてありますから、それを入れるだけです。

 上に書いた孫が自転車に乗ることですが、もうすぐ歩けるだろうじゅにはどうかなあ。
 じゅにのことも大変に気がかりです。また会いたいなあ。

12103105  昨日はこのお店へ行きまして、ばあばの自転車のパンク(パンクではなかったのですが)を直してももらいました。
  朝9時20分頃でかけて、10時前には直りました自転車に乗って帰ってきていました。この「ナガイ」さんは前にパンクを直したことがありました。
 そのときに、そのうち他に就職している息子さんがそのうちに、この店に勤めてくれるということでしたが、その息子さんがいまして、私の持って行きました自転車を直してくれたものでした。
 私は良かったなという思いで自転車に乗っていたものでした。

12062402 いつもNHKの朝の連続ドラマ「梅ちゃん先生」を見ているのですが、気難しい父親建造の弟の立花陽造演ずる鶴見辰悟が、この「日経23plus+」の最新号で、TOPの画像になっていて、それだけでなく、このTOPページから2、3ページも彼のことが書いてあります。
 それが「俳優・鶴見辰悟さんと魅力いっぱいの自転車で 東京を走ろう!」という企画です。それでこの写真は代々木公園で撮影されています。私もこの「日経23plus+」を最初にみたときに、「あ、鶴見辰悟と代々木公園だ」と思ったものでした。
 私も、この公園でモデルを使った広告写真を撮ったこともありますし(たしか2回かなあ)、花見も3回やったことがありますね。
 彼はけっこう自転車で自宅の横浜から、この代々木公園だけでなく、いくつものところを走られるようです。
 私も自転車では走りますが、そもそもヘルメットなんかつけていないですからね。普通の自転車に乗って、娘の自宅へ行くくらいです。
 でもこれでいい映像を見たものです。

12030201 3月1日の19:29に届いた破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 自転車を降り 鍵を挿し 車輪交わして 施錠する時

 自転車通勤の身、防犯のため施錠しますが、大体は車輪の細い針金?に当たり、車輪を軽く回さねば施錠できません。すっと一回で施錠できるときは何だかうれしい気分です。

 私もけっこう自転車に乗ります。ただあまり鍵をかけるときに、そんな感慨がないので、ちゃんとしてみましょう。

たのしみは 起きてる時間 仕事して 充実感を 味わえる時

 何の仕事でも一日がんばったなと思えるとき 疲れは吹っ飛ぶような気がします。

 私は昔から、仕事が終わっても、「次はインターネットでUPだ」と思って、休むことはまかったし、それこそ何事でも疲れないし、何事でも疲れている感じです。

10123109 どうにも私が風邪を引いてしまったようです。昨日東十条の「黒松」を買いに午後1時頃行ったのですが、自転車ですぐ10分くらいなところだと思っていたのに、とても遠く感じました。
 この黒松は、長女が越谷のミツ君の実家へ持っていきます。この風邪を治さないといけないのですが、とにかくきょうもいっぱいやることがあります。
 長女夫婦が来たら、私は孫3人がとても可愛くてたまりません。次女ブルータスのじゅにもとっても可愛いです。
 それらのことを思い、またいっぱいやって行きます。

7fccac5e.jpg 16日の家族会へは、私は自転車に乗って参ります。義母はいつもの通り帰していただければけっこうです。昨年の家族会では私は行く時に場所が分からないで、迷惑をかけたのですが、今度は大丈夫です。
「Googleが憎くて憎くて仕方がないフランスが、Googleに対して課税するGoogle税の導入を計画」というニュースがあって、私はもう蜘蛛業というサイトにUPしましたが、フランスの大統領が言い出しているのですよ。もうフランス人って、こんなに馬鹿だったのかと、私は悔しくて残念でなりません。世界中のみんなが検索することに、いったいどうやって課税するの? 笑いものになるだけです。
 写真は1月3日が私の孫ポコ汰の誕生日でしたので、私の次女ブルータス(ポコ汰のおばちゃん)が作ってきてくれたケーキです。

02d31b7f.jpg

 この10日には、あまり「あ、きょうは歩いていないな」という思いで、午後4時頃歩き始めました。あと8,000歩をクリアしないと10,000歩を超えられません。
 それで、絵本を2冊持ちまして、長女おはぎの家まで歩くことにしました。ところが、長女の家に着く前に妻からケータイメールがあり、妻が帰りのJRで事故があり、義母のお迎えには間に合いそうもないと言うので、私は長女の家に急いで、ポニョとポコ汰を見て、おはぎの自転車を借りて、家へ急ぎました。
 どうやら、間に合いまして、でもしばらくは家にいました。妻が近所の接骨院に行く用があったからです。もうこういうとき、待っているときの義母の混乱は実に大変なことです。それを懸命になだめている頃、妻が帰ってきます。
 そして、私は自転車を帰しに行きます。
 それで、また長女の家に行くと、ポコ汰とポニョもおはぎと3Fにいました。またポコ汰は私の両脇のバッグから、いろんなものをとりだします。思えば、私のバッグはいろいろなものが入っているので、面白いのでしょうね。

 そのあとまた私は歩き出しました。ちょうどミツ君が帰ってきました。それから、上中里から電車に乗って、田端で買物をして、王子まで帰り、歩いていると10,000歩を超えました。そこで私は飲み屋に入ったものでした。

続きを読む

9f9150a6.jpg

 午前中長女宅へ行きました。持っていくものがいくつかありました。万歩計を手に入れたいと思いました。

2009/03/27 10:11長女宅に来まして、もう20分を過ぎました。でも自転車で来てしまいましたから、散歩にはならないなあ。万歩計をつけて歩いたらというので、「万歩計ってどこにあるんだ?」といいましたら、「ヨドバシカメラにあるんじゃないの!」というので、今度選んでみましょう。
 今長女とポコ汰がご近所に挨拶に行きました。ポニョは私とお留守番です。

09032030 だんだん、いい子になっているポコ汰ですが、ときどききょうのように私の前でわがままになります。でもそんなポコ汰が可愛いのですが、でもでも私はどきまぎしてしまっています。

続きを読む

25f7db67.jpg

 どうしても、こうして私が「周のポメラ」なんていって書いているのが嫌でしたが、今では、これもまたいいかなあ、なんて思っているところです。

2009/02/28 09:27朝8時になる前図書館に5冊の本を返しに行きましたが、大修館「六朝詩人傳」だけが、厚すぎてポストに入れられませんでした。またあとでですね。いやもう毎日あわただしいですね。こうしてポメラを打っていられる事態が不思儀にも思えてしまいます。
 けっこうインターネットでいくつもの情報を見ています。やはりどうしても紙の情報は遅くなりますね。いくつか欲しいものをパンフをもらってきて、それで比較検討するわけですが、でもでも、インターネットでさらに見るともはやさらに情報は先に進んでいます。いつも驚いているところです。

2009/02/27 12:45外は驚きました。雪が激しく降っています。昨日世田谷まで行ってきてよかったですね。そのあと自転車で買い物に行っていて助かりました。

 思えば、私は「不思議」を「不思儀」と書いているのですが、パソコンはそういう登録をしてあるのですが、ポメラはしていないのですね。ちゃんとこのあとやっておこうと考えたところです。

続きを読む

f3eacff7.jpg 王子の街をいつも自転車で走っています。やっぱりだんだん好きになれるところです。街のいろんな方とも顔見知りになっています。思えば、私が小さいときから住んだ中で、好きになれる街は、秋田の街と沖縄の村と、この王子の街かなあ。
 写真は昨日このマンションの1Fで撮りました。こんなに1Fに余裕のある空間を作っていることが嬉しいです。だから義父がここを選んだのかなあ?(02/13)

08092402 昨日は午前中は自転車でこの王子を走り、午後は地下鉄で出かけました。涼しくなったことを感じていました。もうどんどんと秋が深まるのでしょうね。
 写真は昨日9月24日夕方4時20分頃撮りました。市谷のお堀のそばを走る総武線です。(09/26)

6d45600c.jpg

 もう私の経験した引越の中で、いわば一番大変でした。長女と彼だけでなく、彼のお父さんお母さん、お兄さんが新しい家で作業をしてくれます。長女は、こちらの家で物を出します。私と妻は、二人の子どもを預かります。
 私は以下に書きましたように、もの心つかない子ども(というか赤ちゃんの時から)引越ばかりしてきました。

   http://shomon.livedoor.biz/archives/51365109.html 私の生きた街

 でも昨日の引越が一番大変でした。もう物の梱包やいらない物のかたづけは、みな済んでいました。引越もすぐ近くです。でもとにかく大変でした。引越屋さんもとっても大変だったと思います。ありがとうございました。
 二人の子どもも大変でした。ただし、ポニョはまだ生後24日目のことですから、よく判らなかったでほう。でもポコ汰には大きな体験だったはずです。今ごろ(朝5時30分です)はどうしているかななんて心配です。ポコ汰はいつも朝5時30分には起きているのです。
 そしてミツ君は、きょうは出勤です。だから、私がまず朝新居に行きます。ポコ汰がどうしているかが、とっても気になります。いや心配はしていません。また元気になって、あちこち歩き回っているポコ汰に違いありません。

 でも昨日は、ポコ汰はあちらのじいじに、自動車に乗せてもらって、もう大変に興奮したようです。そのポコ汰が可愛くて仕方ありませんでした。
 さて、もうすぐ行きます。私は自転車を届けないとならないのです。

続きを読む

523bd358.jpg

「有楽町かわら版」8月1日号ナミちゃん から次のコメントがありました。

1. Posted by なみんと    2008年08月06日 11:35
周さん〜おはようございま〜す(*^_^*)
そうです・・そうでした・・周さんの下宿に2-3回お邪魔したことがありましたが最初の印象は「とっても清潔!!綺麗に片付いる〜ビックリ!!」でした。お母様から教えていただき身についていたのですね。ウチの娘も一緒にお料理をしている時にお料理を作り終わったときに流しも綺麗になっている・・知らないうちに身についていたようで嬉しかったです。

 ありがとう。ナミちゃんが来てくれたのは、最初の下宿だったかなあ。思えば、ただただ懐かしい昔のことになりました。思い出せば、あそこでも私はただただ飲んでばかりのことでしたね。
 でも本当に、母が教えてくれたことは何故か自然と身についているものです。私の二人の娘も、とてもきかない子どもでしたが、何故か私の妻が使う丁寧な言葉を自然に身につけてくれたものでした。
 そのことが、一昨日も昨日も、私の次女ブルータスが、ポコ汰と接しているときの優しい態度になっていまして、それがまたポコ汰がとってもこのブルータスのことが気に入っているところなのでしょう。私はもうあんなに仲のいい二人が見られて大変に嬉しかったです。
 さっき、ポコ汰はミツパパと自転車に乗って遠出したのです。ちょっと心配でしたが、もうあっと言う間に遠くまで行きまして、戻ってきてくれました。もう頼もしい二人の親子です。もうじいじのほうが、みんな不安になりそうです。じいじは、いつも自転車でも転ぶのじゃないかと思うのでしょうね。歩いていても転んでいますからね。

続きを読む

8e443c7e.jpg 今朝手紙を3人の方に書いて、それをポストに出しにいくのに、「あ、本局に出しに行こう」と自転車を走らせました。そうしたら、考えてみれば本局なら、いつでも24時間切手も買えるのですね。もう80円切手がなかったのです。それで手に入れました。
 私はここのサイドバーでリンクしている方が、入院されました。ブログで書かれていることを読みますと、少し長く入院されるようです。まずは昨日手紙を書きました。そして今朝も書きました。入院されていると、こうし08070304て手紙を飲むのは、少しは退屈しのぎになるのではと思ったものです。
 思い出せば、私の妻が数年前に入院したときも、私は毎日手紙を出しました。病院に行きまして、帰るときに手渡ししたものです。
 今は私の友人の女性です。私よりも10歳下の年齢の方です。
 私の手紙でも、少しは読む時間で、少しの時間の退屈しのぎにはなれるでしょう。
続きを読む

8a6c0b3c.gif ここに掲げた画像は、王子駅北口の「藤や酒店」さんが作られた地図です。つい先日お酒を買いに行ったときに、置いてありましたから、もらってきました。たしか「筆まめ」で作られたと奥さまが言っていました。
 私もこんな地図を作ってみようと思いましたが、どのソフトで、どう作ればいいのだろう。私には皆目判らないのです。
 でも今度何かでやってみようかなあ。もう王子中央図書館が、中央公園に移転しました(オープンは6月)ので(今までは王子警察のすぐそば)、よく自転車に乗っていくようになるのかなあ。

f76aacb1.jpg きょうは、我孫子の自宅に家族が集まりまして、みなで掃除です。それから私は自転車で出かけるところもあります。
 写真は、27日に我孫子の自宅から帰る9時40分くらいのハクモクレンの花です。(03/29)

07103104 午前中に王子駅前に行きましたが、各銀行のATMはたくさんの人です。もうそれで銀行の資金移動は、コンビニでジャパンネット銀行へ移すだけにして、そのあとはパソコンのインターネットで振込しました。もうこうしないと、何もできなくなってしまいます。
 それにしても、各銀行のATMは日によってどこも大変な混雑ですね。私なんか、ATMで操作するのが、実に苦手で(間違えるし、かついっぱいの通帳・カードを持っています)、こうしてインターネットですべてやれるのがいいのです。日本橋を自転車で走り回って、各銀行支店を回るのは、もうたくさんです。自転車に乗るのも怖い感じです。
 ただ、銀行によっては、あるところにしかないところもありますからね。先週東京八重洲口のある銀行の支店に行ったときは、実に大変でした。支店へ行って、やることが仕事じゃないですからね。まったく無駄です。
 早くインターネットですべてやれるようにしてほしいものです。
続きを読む

90f00bcc.jpg

 もう随分前からかなり思っていることです。もう今は誰もインターネットメールを使いますが、さらに今ではケータイメールで仕事でも生活でも何でも連絡をとっています。実際には、インターネットを始めたときから、メールでの連絡はとっていました。でも私と同年代以上の方には、私のほうから勧めないとずっとやれなかったものでした。
 いや、やれなかったというよりも、自分からやろうという気がない方が多かったのです。でもだんだん、メールでこそ連絡がとれることが、ビジネスでも生活でも圧倒的に多くなりました。そして、それがインターネットメールだけではなく、ケータイメールが利用も当然のように多くなりました。
 そしてもうこの頃は、メールは当たり前になりましたが、やはりケータイメールでないと、すぐに連絡とれません。外出先で、私のようにパソコンを常時もっていたとしても、どこかのデスクに座らないと、それでインターネットに接続するのは難しいのです。それにくらべて、ケータイメールなら、どこでもいつでも大丈夫です。ケータイ電話は使えなくとも、電車の中でもケータイメールは自在に使えます。

 だから、私の周りでもケータイメールでの連絡が非常に多くなりました。たった今、これを書いているときも、ある友人から、相談事のケータイメールが入ったものです。

 ただし、そうは言っても、まったくケータイメールどころかインターネットメールも全然やれない人もまだまだいます。いや、やればできるわけなのでしょうが、やろうとしない人がまだまだいます。
 私の高校時代の友人の女性で、「メールをやっと使えるようになったが、私には送らないで」という携帯電話をくれた方がいます。2年前のことでした。私を大変に信頼している方なのですが、私だとやたらにメールが来るものだと思っているようです。悪いけれど、こういう方には、ケータイメールを送る気持は少しもありません。いくつかの連絡も今後も手紙を送ります。
 同じく高校時代の男性の友人で、「息子から、『ケータイメールをしたいけれど』と携帯電話をかけてきたが、『携帯電話が使えるなら、その電話で話そう』というが、話が通じない」と言われました。私は、「携帯電話とケータイメールはもう全然違うものなのだ」といいましたが、彼には理解できないようでした。これは1年前のことです。

 たしか3年前に、3日ほどパソコンスクールへ通いまして、教わったのは、メールの送受信だけだった人がいます。事務所でも、懸命にメールを書いていましたが、少しも実際に送りません。だから、そのうちまったくやらなくなりました。もう彼には、パソコンもインターネットも、まったく無理だし、ケータイメールに関しては、まったく無縁です。ただ、ひたすら電話をかけるだけです。電話で直接喋ることが、ビジネスの第一歩だと今も思っているようです。

 以上書いた3人は、すべて私と同じ歳です。もう間違いなく、この人たちには無理でしょうね。もともと、手紙も書かなかった人たちですから、ビジネス上でも、生活の上でも、もう無理なことです。

 私が昨日会っていた方も、私と同じ歳で、ようやくパソコンもインターネットも使っていますが、彼が言うのには、50歳過ぎている年代は、パソコンが不得意だから、FAXでビジネスを使うほうがいいなどと言い出して、私は実に驚きました。私は私たちより年上で、彼と同じ業界の人が何人も、パソコンやインターネットを使って、ビジネスも生活にも使っていることをいいました。彼としては、「俺たちの年代は(あなた周は例外だが)、パソコンもインターネットも使いこなせない」というのが、当たり前の前提としてあるようです。でも私はそんな前提をまったく信用もなにもしていませんから、そこらへんの話はまったく噛み合いません。
 今私たちの歳の人たちにFAXを勧めても、一体何になるのでしょうか。

 たった今、現実の世界であちこち自転車で走っていました。また、ここで展開したことは、別に書いてみます。とにかく、私たちの年代の人たちが、私にはかなり気になるのです。

続きを読む

0c9b1bcd.jpg 練習を再開し、自転車に
 のれるようになりました。

f13ab156.jpg

 顔を真っ赤にしておこりはじめました。
 その怒りのほこ先はもちろん

 「自転車」。

9939cb89.jpg ペダルをふみいれてはたおれ、
あまりに練習しすぎて体のあちこちが
キズだらけになりました。

8fc1347b.JPG先ほど買いました。でも、梶原がこんなに近いところだとは思いませんでした。自転車で行くと5分だよ。

写真は、そのもなかです。思ったよりも梶原が近かったので、長女の家にも届けました。そのときに撮りましたものです。

    画像の方向が違います。新しいケータイだからまだよく私が把握していません。

5f8b098d.jpg さきほど私の今の王子の家にある方から電話がありました。私のケータイがつながらないというのです。「あれ、きのうはちゃんとメールもらったよなあ」なんて思いながら、あわてて王子駅前のKDDIに自転車で急ぎました。前月の料金が銀行から落ちていなかったのです。
 でも私は全然把握していませんでした。引越すると、こういうことが起きますね。
 なんだかまずいですね。でもあわてていましたので、私の身分を証明するものも、小銭入れもなにもかも忘れていきました。
 それで、ついでにケータイを変更するときは、どうしたらいいのか聞いてきました。もう変更する気なのですが、いつできるかなあ。もう毎日あわてていますからね。実は充電器が壊れてしまいました。でも他のもので、充電はできるのですが、少々不便です。
 それにしても、王子は駅前にいろいろとあるから便利ですね。
続きを読む

75f0cd73.jpg

 まっくまっく の彼女が、昨日王子に来てくれました。でも王子駅で少し待たせちゃったな。私は郵便局で書留を出す用で、思いの他時間がとられちゃったのです。自転車で王子郵便局から、王子駅まで急ぎました。思えば、この王子に来るのは始めてのことなんですね。
 それで、この 明治堂 に案内しました。彼女は、もう以前に食べていますので、前から直接このお店に来たかったのです。
 このきのうのことを 王子のパン屋さんに立ち寄り にUPしていてくれます。
 彼女は実にたくさんパンを買っていました。私も買いましたが、家で留守番(義母の世話で)をしてくれていたおはぎに、私の購入したものを、笑われました。私の思い込みは間違えていたようです。でもまあ、美味しいからいいわい。

 でもいいお店でしょう。この王子はいいお店がたくさんあるのよ。私が乗っていた自転車も、その明治堂のすぐそばで購入したものです。
 もう私は自転車で、王子の街をあちこち走り回っています。
 またきょうは、他の和菓子を買いまして、他の会社へ行きます。そしてそのあとも、また忙しく動き回ります。

続きを読む

9cabcd8c.jpg

 やはり、足袋にしてからいいですね。義弟と妻が日本キリスト教団王子教会の「召天者記念礼拝」に行くのに、忘れ物をして午後12時ちょっと前に私が届けました。
 またたった今は、王子郵便局とサミットストアにも行きました。足袋をしていると、実に軽快に自転車で走れます。
 こうして、王子の街をあちこち走っていますと、実にいい街だなと感じます。

 今この王子教会のブログを読みまして、11月12日の週報コラム「ひだり手」で次を読みました。

★王子教会の礼拝の説教で丸2年をかけてマルコによる福音書を読んできました。今日でマルコによる福音書を全部読み終えることになります。改めて読み通してくる中で、新たに気づかされたこともありました。
★マルコによる福音書は他の福音書に比べて、イエス様の「言葉」よりも、その立ち居振る舞いに焦点が当てられていることが多いような気がします。

 思えば、私が聖書では「マタイ伝」の次によく読みましたのは、この「マルコ伝」でしょうか。

 以下マルコ伝の第15章です。

三時にイエス大聲に『エロイ、エロイ、ラマ、サバタクニ』と呼ばわり給ふ。これを釋(と)けば、わが神、わが神、なんぞ我を見棄て給ひし、の意(こころ)なり。傍らに立つ者の或人々これを聞きて言ふ。『見よ、エリヤを呼ぶなり』。一人はしり徃きて、海綿に酸(す)き葡萄酒を含ませて葦につけ、イエスに飮ましめて言ふ。『待て、エリヤ來りて彼を下すや否や、我ら之を見ん』。イエス大聲を出(いだ)して息絶え給ふ。聖所の幕、上より下まで裂けて二つとなりたり。イエスに向ひて立てる百卒(ひゃくそつ)長、かかる樣にて息絶え給ひしを見て言ふ『實(げ)にこの人は神の子なりき』

 でも、もう少し引用したいのですが、やっぱり文語で舊字で書くのは大変なんです。
 思えば、学生運動をやっている学生の頃、少しのキリスト者に会って話をしたことがあるけれど、もう少し話しておけば良かったな。

 あ、足袋をした下駄で自転車で走るのはいいなあ、という話から違うことになってしまいました。

続きを読む

5183d405.jpg

 私は昨日夕方、妻に言われましてビールを買いに(義弟が四国から来るからです)、王子駅前の東武ストアまで行きました。自転車に乗っていきますと、すぐそばです。

 でも当然そのときは、下駄を履いていきました。この下駄は 由比ヶ浜大通りで買った下駄 なのです。でもそこに次のように書きましたように、

 さて、これで王子の街を歩くぞという気持でしたが、ところがところが今の都会は大変ですね。面倒ですね。

 下駄には問題があります。

1.今のマンションのようなところでは、実に歩くと、音がうるさく聞こえてしまうことです。
2.秋から冬になると、素足では大変に寒くなる。

 まず1は、どうしても気になってしまいます。大変に音が大きい。今はこうしてどこもちゃんとした床になっちゃったからかな、なんて思いました。このマンションの廊下も玄関も大変に大きな音がしてしまいます。いや街自体がそうです。それで、どうしても意識が委縮しがちです。
 2の寒さのことですが、学生の頃は真冬でも雪の上でも下駄だったのですが、よく平気だったよなあ、と思いました。でも、もう私は孫がもうすぐできる歳です。そうしたら、目森一喜さんから、足袋を履くことを勧められました。それで我孫子の自宅へ行ったのですが、先週行きましたときには、すっかり忘れ果てていました。それで、昨日ブルータス用のテレビ受取に我孫子の自宅へ行きましたときに、この足袋を2足持ってきました。
 それで、この昨日夕方始めて足袋を履いて下駄で自転車に乗りました。実に快適です。この2の問題は解決です。

 それで王子の街を自転車で乗って走っているときに、下駄を履いていた学生のときを思い出しました。
 今の王子のマンションの廊下を私が下駄で歩くと、大変にうるさいなという思いです。でも思えば、私が学生時代下駄で歩いていたときも、考えてみればうるさかったはずです。埼玉大学の校舎でも、私の下駄の音はうるさかったのでしょうね。あの頃は全然そんなことを気にしていなかったのです。思えば、いけない学生だったなあ。
 私は教育学部の中学校課程の社会科専攻生で、東洋史専攻でした。それで私の卒論は、一人の先生が担当でした。私が6年のときは、私だけが卒論専攻なので、あの先生はいつも困っていたようです。そもそも私がいっこうに先生の研究室に現れないのです。
 あるときに、自分の学部の前を歩いていたら、地理のN先生といういい先生が、「こら萩原、E先生が君が来ないから困っているよ。あの先生は下駄の音がすると、君じゃないかと研究室を飛び出しているんだ」と私の身体を捕まえて、手をひっぱってそのE先生の研究室に連れていきます。
 そこで、その研究室に入ると、その先生が、「一体今年は卒業する気があるのか」と聞いてきます。私は「まあ、どっちでもいいんです」なんて言っていますと、

 それじゃ、大学は8年いられるから、まだいいんだよ

というので、私が

 じゃ、来年は7年生だから、あんまり授業もないから思いきり暴れてやるかな。この校舎も封鎖されたことないから、私がやるかな…。

というと、

 やっぱり絶対卒業してくれないと困るよ。

というのです。思えばいい先生だったな。
 それからだんだん思い出すと、私より2年下の同じ専攻生の女の子たちが、この先生が飲み会で帰ってしまうときに、「本当につき合いの悪い先生ね」と批判していたのを思い出します。いやそんなことないよ。彼はいい先生でした。彼の専門のモンゴル帝国時代の東西交流史の内容も私は詳しく思い出します。

 私は昨日自転車の上で、その女の子の思い出の中の顔に、「そんなことないよ、いい先生だよ」と話しかけていました。
 思えば、あのE先生は、学内で学生運動で集会等々が開かれると、いつも私の姿を探していたんだろうな。でもそのそばに行くのは、怖いし、そして宴会ではいつも私の詩吟と軍歌をいやというほど聞かされていたことでしょう。
 私はそういう宴会の場にいつも着物姿でいきましたから、ようするに、いつもわけの判らない学生だったろうな。
 あ、あの先生と偶然会ってしまうことを想定して、「元朝秘史」を読み直しておこう。

続きを読む

↑このページのトップヘ