cdeb7f5f.jpg この表4の広告は、菊正宗の広告です。この酒は私が大学生のときから飲んできたお酒ですい。これは典型的な「下り酒」ですね。江戸時代から、灘のお酒として圧倒的に親しまれてきましたが、中身は関東のお酒です。江戸から菱垣回船で灘へ運ばれ、牛の背に乗って東海道を下るときに、箱根山を越える頃美味しいお酒になったと言われる下り酒です。
 今でも、私は飲み屋で、このお酒をよく飲みます。いえ、他のお酒があって、そちらも飲みますが、「あれ、あれはないのか」なんてときに、この菊正宗を飲みます。
 それでこの広告を見てみますと、『菊正宗CMソング「初めての街で」』を、西田佐知子とジェロが歌っているのですね。ジェロのは聴いたことがないなあ。
 西田佐知子のこの歌は、「アカシアの雨がやむとき」と同じくらい好きですね。彼女の歌が今でも聴けるのは(自分の持っているテープ等はありますが)、テレビでは、あれだけですね。
 いいお酒はいいものです。