将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:萩原周二

13021707  いつもこのベルトの左右のデューロカーゴにいくつものものを入れています。

2013/02/17 12:08私はベルトの左右にデューロカーゴをおいています。もうこれはずっと使って左右とも2つ目です。だから4つ購入してきたのですね。
 いやデューロカーゴはもっと他にも購入してきましたが、DCー15は四つ使ってきたのです。常時二つをベルトにつけているのです。
 それで私はそれに何を入れているかということを詳しく書いてみます。ただし個人情報が分かるものは隠しますね。
 もっとも私の萩原周二という個人情報はもう出してしまいます。仕方ないよね。

 その他の個人情報で隠すべきもの、隠せるものは隠していきます。

420312f4.jpg

 昨日の浦和会で、私が配りました文書です。

浦和会の皆さまへ
           萩原周二よりの個人的情報発信
                        2007年12月29日
                          周の住所等々

 私はもう今は大変に酒が弱くなり、それでもよく飲みに行く千駄木「浅野」では、もうビール1本、日本酒3本と決められるようになりまして、こうなると私はそれでどうやらまたいいお酒を飲んでいます。
 また王子北口の「藤や酒店」で、実にいいお酒を手にいれて、ずっと毎日晩酌しています。毎日一合づつ飲もうと考えているのですが、どうしても3日で一本がなくなります。
 以下、また酒が入ると、記憶がなくなるので、こうして文書を提示いたします。ただし、昨年のように長文には致しません。

1.私はほぼ王子で生活しています
 義母の介護で、2006年1月9日よりほぼ、王子の妻の実家にいます。それで仕事上の事務所も、もうこちらに移しました。
 我孫子に自宅はあるのですが、もう来年3月には引き払うつもりです。私の母も亡くなりましたので、もうこれからは王子を生活の拠点にします。

2.私に初孫が生まれました。
 今年1月3日、私の初孫が生まれました。長女家族は同じマンションの別な階にいます。だからすぐに会えるのです。もう可愛くて可愛くて、いつもいつも私じじがおおいに可愛がっています。
 この初孫を含め、我が萩原周二家は、全部で7人になりました。次女も昨年3月25日に結婚して家庭を作りました。ここにも孫が生まれてくることを、もう私はただただ待っているばかりです。

3.ケータイメールで連絡とりましょう
 もう私の場合は、すべてケータイメールで連絡を取っています。生活上も、仕事も、もうすべてケータイメールです。これのほうが便利なのですね。電車の中でもどこでもこれで連絡できます。
 ついこのごろは、私の年代の親しい方々がみなこのケータイメールを使ってくれるようになりまして、電話だと出られないこともありますが、これなら私は実に嬉しいです。

4.グーグルメールも使っています
 メールは前のPOPメールもすべて使っていますが、もうスパムメールばかりで困っています。実に莫大な量があって、もうまずPOPメールで受けて、そこで削除しています。まずいことに、その際に間違えて削除することもあるようです。だから、それであとからケータイメールで連絡をとって、長いメールだと、このグーグルメールで受けています。
 グーグルメールなら、スパムメール退治も、ほぼ完璧です。
 ケータイメールですまない詳しいメール(相手が印刷する必要があるのような場合)は、これですべて出しています。

5.スカイプでお話しましょう
 もうケータイメールですべてすましているわけですが、でも実際に声で電話で話したいこともあります。そんなときに、スカイプを使っています。
 スカイプ同士は何時間喋っても、無料です。そしてスカイプは普通の電話にもケータイにもかけられます、受けられます。そして電話代は、それぞれよりわずかに安いです(5%くらいかな)。
 それからチャットが今は100人でできます。これがメール替わりに使えるのですね。実に便利ですよ。
 昨年12月に私はこのスカイプのケータイを手に入れると言っていましたが、実際にロジテックのケータイを手に入れました。これだと、パソコンなくても路上でも話せますよ。

6.私のホームページ
 私のホームページは、今も

   http://shomon.net/  将門Web

ですが、もう私はもう毎日以下のブログを更新しています。

   http://shomon.livedoor.biz/  将門Web(ブログ将門)

 もうこのブログを将門Webという名称で私のTOPページにしていくつもりなのですが、ドメインの関係でまだ少し困っています。

7.メルマガ「マガジン将門」
 私が毎週月曜日発行しています

   http://shomon.net/osirase.htm  マガジン将門

が、来週月曜日31日で、第385号になります。もう31日0時台に予約配信しています。それで翌2008年1月1日には、第386号を、これまた0時台に配信します。

 以上まだ書きたいことも、書くべきこともあるのですが、それはまたここでお話していきましょう。

続きを読む

ac2e8aa9.jpg 生まれました。東京駒込の病院で生まれました。周の孫です。ええと、こうして漢字も使ってブログにUPしていますが、これはボクは産まれたばかりで、こんなことはできないから、おじいちゃんの萩原周二が書いてUPしています。
 今後も同じようにUPをしていきます。じじは加壽子ばばがボクのところに早くいかないので、イライラしています。続きを読む

9538592b.jpg

 私の 将門のnewsing が先ほどのUP 大切なのはゆとりを感じる空間で、ピックアップした記事が全200件になりました。
 ここは7月27日にオープンしたものです。

 前には、1日に4、5本は書こうという気持でいましたが、今はあんまり気張らないでやっていこうという気になっています。
 でもできたら、私の友人たちにもやってほしいな。また勧めてみましょう。

続きを読む

d86d4fc7.jpg

 私のきょうの睡眠時間 周のきょうの睡眠時間 に書きましたように、私の睡眠時間の記録を載せていきます。
 こうして記録すると、驚きます。もう平均4時間で済んでいた私の長い期間は何だったのでしょうか。今では、こんなに眠らないとならないのです。
 それと、例えば

24 01:10〜06:50

とありますのは、眠りに就いたのが、25日の午前1時10分であるということです。当日に眠り出すとは限らないもので、考えまして、この形式にしました。

 あと、もう少し仮眠をとろうかと考えていたのですが、それは思っていたよりもすくなかったです。

 睡眠時間        仮眠
30 22:30〜04:35
29 23:05〜07:10
28 22:50〜06:30
27 23:52〜06:02
26 23:30〜06:20
25 23:30〜06:30
24 01:10〜06:50         06:30〜07:30
23 01:20〜05:05

     こうして、記しただけでなく、こうして私のブログで公開していくと、より「ちゃんとやらなくちゃいけないな」という気持になって、実にいいことです。
   

続きを読む

 Gizmodo Japanこのニュース がありました。

自分の名刺情報を、この「Info Ring」という指輪に登録しておきます。

会議のとき、相手企業のビジネスウーマンもこのInfo Ringをつけていたら、すかさず握手を交わしましょう。すると指輪間で情報のやりとりが行われ、たちどころにメールアドレス、携帯の電話番号、写真、泊まってるホテルの部屋番号などが判るはず。もちろん部屋に戻って、彼女の情報をパソコンで整理してもいいかもしれません。

まあ、まだコンセプト段階にすぎない商品ですが…名刺社会の日本では、けっこう便利かもしれませんね。紙の節約にもなるし。

 なんとなく、最後の「紙の節約になるし」なんていうところで、少しがっくり。どうでもいいことです。そんなことを言い出すと、「名刺を作って生計を立てている町の印刷屋さんがいるのに」なんていう、もうどうでもいいことまで言い出すことになります。
 私は素直に、「これはいいなあ、面白いなあ」と思いましたね。もちろん、使えるようになっても、せいぜいホームページのURLや公開するメールアドレスくらいまでまでだろうから、今までの名刺と公開できる情報はそれほど変わらないのですが、でもとにかく面白いよ。
 早く実現してくれないかな。

続きを読む

ff5163f2.jpg

雑誌名 週刊アスキー通巻607号 2006-10-10
発行所 アスキー
定 価 330円
発行日 2006年10月10日発行
読了日 2006年9月27日

 この雑誌を手に入れるのが大変でした。キヨスクで買うのを忘れていると、コンビニ等では置いていないのですね。それをこうして記しておかないと、また忘れてしまいます。
 それにしても、この雑誌を見ていまして、随分パソコンの世界も変わりましたね。もうパソコンの雑誌とはいえないですね。今までパソコンの周辺機器だったものが、たしかに今でも周辺機器ではあるにしても、その存在意味が大きく違ってきました。ただインターネットの重要性はより大きくなりましたね。でも思えば、パソコンもいわばその中心にあることは、これからも変わりないようです。
 それとUSBを使う機器が実に増えましたね。私もほしいものばかりです。

b7121e22.jpg

 この二つ前のUPで、このブログ将門は、投稿件数2,400件になりました。「使用容量:82MB/2.10GB」になりました。
 このブログ将門は2005年1月21日開設です。
 総アクセス数は、243,892です。

 現在の将門Webは総ページ数は本日で1,480ページです。
 将門WebのTOPページのアクセス数は、本日今現在で321,348になりました。

続きを読む

e6c3eb38.jpg 本日午後2時代に、マガジン将門第316号を予約配信しました。明日4日午前0時代に配信されます。
続きを読む

ee2a7b4b.jpg

 この一つ前のUPで、このブログ将門は、投稿件数2,200件になりました。「使用容量:79MB/2.10GB」になりました。
 このブログ将門は2005年1月21日開設です。
 総アクセス数は、236,626です。

 現在の将門Webは総ページ数は本日で1,474ページです。
 将門WebのTOPページのアクセス数は、本日今現在で319,841になりました。このブログ将門に比較しますと、「将門Web」のTOPページはアクセス数が実に減っています。もう最初からブログ将門にアクセスする人ばかりになっているように思います。
 ということは、私だけに限らず、どこでもブログでないホームページはアクセス数が減っているでしょうね。

続きを読む

8995267f.jpg もう仕方ないのです。写真はもうあちこちでさまざまなものを撮っていますが、それとUPしている発言の内容は関連させようがありません。たぶん、1日1回のUPなら可能なのでしょうが、そういうわけにはいかないし、そういう気持もありません。
 まずは、とにかくここにUPして、そのあと内容によりまして、メルマガに転載して内容を少し訂正したりして、最後はホームページの各ページに収納しています。
 ただし、このブログだけに書いて、そのあとどこにも転載しない文章もかなりの数あります。
 それでせっかくのブログなのに、「画像がないとつまらないな」という思いで、必ず添付しています。だから画像のみをあとで添付することもありますし、その画像の説明に関しては、後で書き入れる場合もよくあります。
 とにかく、今後ももっといいブログを目指します。
続きを読む

a2d2b942.jpg このブログ将門のあるコメントに対しましてに関して、お二人の方から丁寧なコメントをいただきました。実に嬉しい内容です。ありがとうございます。

 ただし、それへのお礼を書くのが、こんなに遅くなりました。といいますのは、前には、コメントもトラックバックも、それを私のケータイメールにも転送するようにしていたのですが、あまりにスパムコメントとスパムトラックバックが多くて、もうケータイがいつでも振動することになってしまったもので、困り果ててしまい、もうケータイに送るのは止めていました。
 それで気がつくのが、こんなに遅くなりました。申し訳ありませんでした。このあとお二人のコメントに関しましてレスを書きます(と言いましても、書きますのに少し時間がかかるかと思いますが)。

続きを読む

06071802 NIKKEI NETこのニュース がありました。

 総務省の懇談会は14日、NTTが持つ光ファイバー網や既存の携帯電話事業者の通信網の開放を促す報告書案をまとめた。固定電話や既存のブロードバンド(高速大容量)通信に続き、超高速インターネットでも事業者間の競争を通じて、料金引き下げなどのサービス改善を目指す。ただ光ファイバー網の貸出料金の引き下げなどを求められるNTTの反発は必至で、今後の具体化の議論は曲折も予想される。

「IP化の進展に対応した競争ルール懇談会」(座長・林敏彦放送大学教授)が同日の会合で「新競争促進プログラム2010」と題した報告書案をまとめた。政府・与党は6月に合意した通信・放送分野の改革案で通信分野の「公正競争のルールを整備する」と明記しており、今回の報告書案が初の具体策となる。(2006.07.15)

 ほんとうに、「早くやってくれよ」という思いです。

 ただいつも思うのですが、NTTさんて大丈夫かな、という思いです。
 実はつい先日15日にこの王子の家にNTTから光ファイバーの営業の電話がありました。ここは有線ブロードネットワークスの光ファイバーにしましたから、そのことは判っているわけですが、インターネット接続をNTTにしてくれれば、料金では(料金では有線のほうが安いですから)インターネットではなく、電話を基本料金も下げるというのです。それで、その内容をあらためて聞き返しましたが、700円というような答えがありました。私は「本当かよ」という思いで、いろいろと聞こうとしました。光電話がいくら安いといいましても、Skypeは無料ですからね。でも、この相手はSkypeのことは何も知らないようです。
 でもそのことを詳しく聞こうというときに、相手は電話を突如切りました。まったく、何も判っていないで、営業してくるのです。「プロバイダはどちらですか?」と聞くので、答えていたときです。

 この電話は、妻が水曜日にここにいたときに営業の電話があり、「インターネットのことは亭主に聞いてくれ」ということで、わざわざ土曜日に私あてに電話してきたものです。私のような60歳近い男は、プロバイダ云々でも判らないことだと思っていたのでしょう。私はインターネット接続は、自宅と事務所と王子で、3つ、プロバイダは全部で4つ入っています。そしてその一つ一つについてはよく判っています。またクライアントや友人のインターネットに関しても、いくつもやってきましたから、いろいろと判っているつもりです。
 でも話している限り、NTTさんは、なんであんな判らない方が営業の電話をしてくるんかな。呆れ果てました。

続きを読む

4bb17eae.jpg 毎日朝、「わたしはどこへ行くの?」ときいてきます。まだ「わが家」に毎日行っているということが明確に認識できないようです。でもいつもそちらの車を見ると、それがすぐに判ってくるようです。
続きを読む

faa4946d.jpg

 G*E*E*KこのUPがありました。

「無断リンク禁止」について簡単にまとめてみました。言い古されている話ですが、「無断リンク禁止」禁止論を議論したり解説する際には参考などにどうぞご利用下さい。もちろんこのページが「無断リンク禁止」なんてことはありません。(2006.07.17)

 前に7月2日の 周の雑読備忘録「週刊アスキー通巻595号 2006-7-11」 で、電通の「当社サイトへのリンクは、原則お断りいたします」という文言について、「実に笑ってしまいます」と書きました。

 このサイトG*E*E*Kのこの文章の内容をお読みいただければ、こうした電通の「無断リンク禁止」という宣言がいかにおかしなことかというのが判るかと思います。そもそも「リンクを禁止する」なんてことが宣言できるものなのでしょうか。

 私のブログでも、随分前ですが、ある女性のサイトで、私のブログをリンクしてくれたことがあります。私のそこのブログに内容が興味深かったので、私のブログのサイドバーでリンクしました。でもそうしましたら、驚いたのですが、その女性から、「リンクははずしてくれ」というメールがきました。これは一体どういうことなのでしょうか。「自分のほうではあなたのところをリンクするが、自分のブログはリンクしないでくれ」ということなんです。もう私はその意図が判らず、実に呆れ果てたものです。これはインターネットの世界に限らず、普通の人間社会のルールとして、ただただ自分勝手なだけではありませんか。

 最後に、このサイトG*E*E*KのこのUPには、以下のようにあります。

Web上に情報、たとえそれがウチのネコがカツブシを食べて…とかその類のものでも、Webにページを作って公開すれば全世界の人が閲覧できます。あなたは全世界に対して情報を発信しているのです。なぜそこで「無断リンク」という小さな事にこだわるのでしょうか。全世界に情報を発信しているのに無断でリンクされるのは嫌、というのは矛盾に満ちた話だと私は思います。

 でも実際には、こうした個人・法人はたくさんいるのです。呆れ果てるのですが、それが現状なんだよなと思い、ただただ寒々しくなってしまいます。

続きを読む

9d50041d.jpg

 この一つ前のUPで、このブログ将門は、投稿件数2,100件になりました。「使用容量:75MB/2.10GB」になりました。2005年1月21日開設ですから、今月20日で、ちょうど1年6カ月が経過したことになります。
 総アクセス数は、232,476です。

 現在の将門Webは総ページ数は本日で1,471ページになりました。私のホームページ全体は、今回ケータイ用ページを廃止しましたから、75ページばかり減少しました。

 将門WebのTOPページのアクセス数は、本日今現在で318,989になりました。このブログ将門に比較しますと、「将門Web」のTOPページはアクセス数が減っています。もう最初からブログ将門にアクセスする人ばかりになっているように思います。

続きを読む

2d771051.jpg この暑さは辛いのでしょうね。そのことが大変に気掛かりです。ただ昨夜も、あちこち電気のコードを外しており(これは「電気がもったいない」という気持なのでしょう)、ここの気持はまだしっかりしているのかな、なんて思いました。
続きを読む

d45fb875.jpg

 私の「自分の行動に責任をもてない人間はかっこ悪い」に たまさんという方から次のようなコメントをいただきました。

1. Posted by たま    2006年07月15日 12:36
お父さんの心配な気持ちは、解ります。いけない事を注意するのは、とてもいい事ですが、言い方が良くない。相手を怒らせる言い方をしても、逆効果になる可能性が大きいし、なにされるか解りません。女性の場合、やさしく注意するしかない・・

 まず、コメントをありがとうございます。
 だだし、コメントの内容には、私は異議があります。そもそも、今はこうした高校生がいても、何も言わない、何も言えない大人が多いのです。そうした教員が多いのです。そういう事態の今を目にしていて、私は私の次女がこうした当たり前の注意をしてくれたことが嬉しいです。ただ、その言い方に対して、こういう言い方をされても、私は少しも納得できません。

 それと、たまさんは、ここに始めてコメントされるのだと思いますが、普通はこうしたときには、まずは簡単にでも自己紹介をされるべきではないでしょうか。私はまったくあなたを知らないのですよ。あんまり愉快ではありません。
 できたらあなたのブログなりを書いていただければ、リンクでそこを訪れることもできたのですが、それもなくて私は困ったものです。
 だから自己紹介をしていただかないと、私はまったくあなたのことが判りません。だから、このコメントにどう応えていいのかも、ずいぶん悩みました。それでは、ここでの無茶ないけない高校生と同じではないでしょうか。
 そのことを私は強く感じました。

続きを読む

06071602 先週何曜日かに、私のケータイがなりまして、私の事務所に電話があり、その内容が聴けました。私は事務所を始めた1985年より、留守録を入れており、最初はいつも持参しているポケベルに連絡が入り、1992年の5月からは、ケータイにその内容が送られるようにしていました。だから、留守録に残してもらうと、すぐその内容が確認できます。
 ただ、先週いただいた方は、その方の連絡先を入れてくれないので、どうにもこちらからは連絡しようがありません。いや、その方の自宅はね、実は事情があって、もう連絡先ではなくなったからです。
 できたら、メールくれればいいのですが、私のメールアドレスは判っているはずなのですが、もう私は私のほうから連絡のしようがないので、困り果てています。

 ひょっとしたら、私のPOPメールにはくれているのかもしれないのですが、もう毎日実に大量のメールの数ですから、私がサーバーから削除しているかもしれません。
 できたら、私のウェブメールか、ケータイメールに連絡くれるのが一番いいのですが、それは知らないだろうな。
 とにかく困り果てています。たぶん、何か彼が困っていることの要請なのでしょうが、連絡がとれないことには、どうしようもありません。

 私のケータイでは非通知では電話がかからないようにしてあります。また私は登録していない番号にはでません。何度か嫌な思いがあるからです。
 それで、やたらにケータイの番号もメールアドレスも教えていません。ただ、インターネットを始めたときから使っているPOPメールアドレスは長年名刺に入れていたこともあって、実に知られ過ぎたような感じがあります。だから、あれほどのスパンメールがやってくるのでしょう。
 だから、できたら、彼がここを読んで留守録に連絡先を言ってくれればいいのですが。

 私よりかなり若い方でも、ケータイメールも使っていない方もいますから、そういう方と連絡をとるのは至難のワザになってきましたね。たぶん、もうすぐそういう方とは連絡をとる必要もなくなるでしょうが、たった今はまだ必要ですから困ってしまっています。

続きを読む

06071101 FPN-新規事業とイノベーションを考えるビジネスニュースコミュニティこの記事がありました。(2006.07.10)

最近、意識的に食事の方法を変えてみています。
それは、1回の食事の量を減らす代わりに、回数を増やす、というもの。1日3食が基本ですし、何十年もそのリズムで食事を摂ってきたため、完全にリプレースするのは容易ではないのですが、ふと自分の食事の現状を振り返ると、

 1.時間が不規則
 2.量がまちまち

という2つの特徴があることに気づきます。ずっとPCに向かって作業していることが多く、昼下がりにふとランチを食べ忘れていることに気づいたり、夜中を迎えたのに夕食がまだだったり、ということがたまにあります。

つまり、すでに崩壊しているわけです。外出している時は世の中のペースになじむせいか、食べ忘れることはないのですが、これは不思議なものだと感じます。

でも、これは明らかにダメージになっているはずです。

 私も長年、食事に関しては、実にいい加減でした。でもちょうど2年前から、朝と夜だけ食事をとるという生活を続けています。前には、昼食をとるのを忘れ、午後4時くらいになってあわてて昼食をとっていたものです。まだそのころは、昼食というのは、絶対にとらなくてはいけないものだと思い込んでいたことによります。
 今はずっと昼食をとりませんし、その上前のように圧倒的には飲んでいませんから、家に帰ってとる食事も美味しいです。ただし、それほどの量はいつでもとりません。時間も朝も夕食もほぼ同じ時間帯です。

『メンタル・タフネス』に以下のような一節があります。

できるなら、2,3時間ごとに食べたり飲んだりするほうがよい。頻繁に少しずつ食事を摂取することが血糖値を安定させ、より長時間にわたりより多くのエネルギーが得られる。1日4回から5回の食事を軽目に食べること。
(中略)
頻繁に食事することは、不健康で徐々に忍び寄る食べ物への執着が小さくなり、大食いの衝動を和らげる。一日を通しての目標は、完全に満腹感を感じたり、完全に腹ぺこだと感じたりしないようにすることだ。

 最後の「一日を通しての目標は、完全に満腹感を感じたり、完全に腹ぺこだと感じたりしないようにすることだ」というのは、実に私も考え込みました。そうだよなあ、なんていう思いです。「頻繁に食事すること」ということのほうがいいのかもしれませんね。このサイトでこれは「ウェーブと同じだ」と言われていますが、それに関して、なんだか私もおおいに肯いているところです。(巌頭操)

続きを読む

ef8e0a99.jpg

 ネタフルこの記事がありました。

ブログ公開=記憶のアウトソーシングというエントリーより。

ほんとにね、そうなんですよ。なんでもブログに書いときゃいいんです。備忘録。例えニュースのクリップ程度でも、はてブで「あとで」なんてやってちゃダメ。それじゃあ何も生まないんだから。

Webdogで、ネタフルの実態を暴露されてしまいました。

 この「ブログは外部脳」というのは、実によく判ります。私は何年か前には、「パソコンこそ外部脳」なんている思いがありましたが、パソコンは常時3台を使っているわけで、しかもどれが最新になっているのか、自分の頭で混乱してしまいます。
 それでも私は「インターネット上のサーバーにあるものが常に正しい」という原則を決めました。「正しい」なんて言える次元のことではないのですが、こういうふうに自分に言わないと、頑固な私は駄目なのです。
 それでこれは、インターネット上のホームページだけではなく、何でもそういうふうにしてきていました。いや今そうしている最中だと言えるでしょうか。
 問題は、ソフトなんですね。二つのパソコンで同じあるデータがあると、駄目だと警告してくるソフトがあります。これは実に不便です。別に私はソフトをコピーして誰かに配ろうとしているのじゃないのです。このことは使いにくくて仕方ありません。でもこのことも、もう解決できそうです。外部ハードディスクが大変に安価になり軽量になったからです。
 このことは 周の雑読備忘録「日経パソコン第509号」 で知りました。

 さらに、私はこの「ブログは私の外部脳」という言葉を私が常に自分言い聞かせます。
 自分のホームページだけではなく、サーバーにいろいろなデータを置いている私ですが、さらにいろいろなものを置いていきます。もうたくさんのデータを少しづつ置いている作業をしているところです。
 だが毎日関心をもったことは、こうしてブログに書いてしまうのが一番いいと気がつきました。もちろん、住所録とか電話番号とかいう公開できないものではなく、公開してもいいものは、今後も積極的にこのブログに書いていくつもりです。

続きを読む

b2a9f3d2.jpg どうやら、義母をデイサービスに送り出しました。なんだか、いつまでもこうしたことに慣れていない私を感じています。
 いつも義母を送ることで、かなりな時間前から用意しています。私はずっとパソコンを打っていますが、でも実は気持は義母のことでいっぱいです。いつもブログを打ちまして待っているわけですが、その他いくつものことがあります。洗濯もしますし、台所の洗い物もします。そしてこうしてブログも打っているし、そして月曜日はメルマガの発行日です。
 でもでもいくつものことがあっても、やはり義母を送ることがまず第一に大切なことです。きょうは、義母を送り出した今、なんだかぐったり疲れています。
 妻は昨夜からずっと眠られなかったと言っていました。私はただただすぐ眠っていただけです。だが、今朝も朝7時まで眠ってしまいました。このごろ眠りすぎですね。
 これからもっと暑くなるからそのことでも大変になりますね。
続きを読む

b008e742.jpg

 いつも月曜日の朝は大変に忙しいです。もういろんなことが私も判らなくなってしまっています。簡単なことを忘れてしまうのですね。(7/10)

周の心
 いやはや、朝は実に大変です。もうあちこち探し回っています。なんだか、いつまでも慣れていけない自分を感じています。

続きを読む

「将門Web」ではさまざまなことをたくさん発信していますが、文学に関した文書を書いたものが一番多いかなと思います。その中で韻文について扱いましたのが、この「漢詩塾」です。

   http://shomon.net/kansi/kansi.htm  周の漢詩入門

では、日本と中国の漢詩について述べます。また

   http://shomon.net/kansi/siika.htm  周の詩歌の館

では、あまり私は得意ではないのですが、短歌・俳句、現代詩等々について述べてまいります。ここを「周の漢詩塾」という名称にしたのは、なんと言っても、私が韻文を扱うときの象徴が漢詩だからです。そういえば、私がもう30数年やってまいりました詩吟も、その多く扱うものは漢詩だと思いますし、私自身もほとんど漢詩しか詠いません。今後もさらに充実させたいきます。
 そしてそのうちに、「周の漢詩作成講座」と称して、漢詩の作り方のページも作っていきたいと思っています。(2001.09.24)

   http://shomon.net/kansi/  周の漢詩塾

 いつもまだお会いしたことのない方に多くの質問のメールをいただくのは、この漢詩塾の中にある内容に関してです。ただその質問の内容に関しまして答えるのには、私がまたかなりいろいろと展開しなければならないことが多く、簡単にはいきません。
 それに、漢詩にしても、他の詩についても、必ずいくつもの参考書を参照するようにしていますが、今のように自宅ではない、妻の実家にいる期間が長くなりますと、この参考書を見るのも実に大変に面倒なことになっています。
 ただ、読んでくれる方が多いところですので、これからもなんとかやりきってまいります。

 このページのバナーは以下です。
周の漢詩塾

 

周の漢詩塾(中)

 

 

周の漢詩塾(小)

06070801 本日午後12時代に第308号を予約配信しました。10日午前0時代に配信されます。 続きを読む

86f7c805.jpg あまり義母の身体の調子がどうしてもよくないようです。いつも心配です。義母はいつも眠っているときに自分の母親の夢を見ているようです。思えば私なんかは全然違う夢ばかり見ていますね。(7/08)
続きを読む

e4bc3462.jpg

雑誌名 日経パソコン第509号
発行所 日経BP社
定 価 980円
発行日 2006年7月10日発行
読了日 2006年7月6日

「ポータブルHDDを持ち運ぼう」という特集がいいです。私はUSBメモリーで、いくつものファイルを持ち運んでいます。それで3つのパソコンでいろいろと使っているわけですが、それよりは、こうして40GB以上のハードディスクが持ち運びできれば、もうこれがいいのは当たり前です。データファイルだけではなく、これならソフト自体も運べますからね。いえ、ノートパソコンを持っている訳なので、そのことよりも、どうしても一つのPCでしか使えないソフトがあるのです。これをあちこちで使うときにかなり面倒さを感じています。
 でもこれで解決できます。もうソフトメーカーのほうが現状に対応できていないのですが、それを私たちの側が適応してやらないとならないと思っています。
 こうなりますと、もうどこでも仕事ができていきますね。そしてこうなりますと、現実の世界での事務所ビルでの自分の事務所というのは何なのでしょうね。電話もメールも、もう場所とは関係なく連絡できるし、しているわけなのです。

続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード(上)

 

 

 


書 名 ダ・ヴィンチ・コード(上)
著 者 ダン・ブラウン
訳 者 越前敏弥
発行所 角川文庫
定 価 552円+税
発行日 平成18年3月10日初版発行
読了日 2006年7月6日

 すべて電車の中だけで読んでいますが、この1冊を読み終わるのにも時間がかかりました。だが途中から、一気に読めてきました。今は中巻です。でもやは過去のキリスト教の歴史が出てくると、実に面白いです。おそらくこれから先は一気に読めるでしょう。ただし、電車の中だけで読んでいくことは変わりませんが。

638ef831.jpg

雑誌名 日経ピーシー21 2006年8月号
発行所 日経BP社
定 価 680円
発行日 2006年8月1日発行
読了日 2006年7月3日

 先月末30日に朝仕事先に直行するときに、読んでいまして、そのあとまた読み忘れ、もう今週はじめ読み終わりました。「USBメモリー活用術」でキヨスクで購入したものです。やはりUSBメモリーが便利だからです。そして電車の中で読むだけではなく、今こうして簡単に読み返すことがいいですね。このときにいつも新たな発見があります。

続きを読む

06070605 私も義母の介護に携わっているわけですが、夕刊フジBLOGこの記事がありました。

 今年2月、職を辞してまで献身的に介護をしていた54歳の男性が、認知症の86歳の母親を殺害するという痛ましい事件が京都で起きた。高齢化が進むなか、人ごととは思えない。厚生労働省によると家族介護は4人に1人がうつ状態にあるという。長続きする介護のコツ8カ条を「がんばらない介護生活を考える会」委員の別府明子さんに聞いた。(2006.06.06)

 読んでいまして、肯いているところばかりです。

(1)がんばりすぎは禁物
 「まじめで献身的に尽くしている人ほど、被介護者を虐待する可能性が高いんです。ひとりで抱え込んでしまい、心身ともに疲労するからです。がんばり過ぎは悲惨な状況を招きます」と、別府さんは指摘する。

 この通りですね。私も妻と長女夫妻ともよくお喋りするようにしています。我孫子に住んでいる次女ブルータスとも、会ったときにはよく義母のことをお喋りするようにしています。私なんかは、かんばりすぎるほど何も頑張ってはいないのです。でもそのことを、よく家族にお喋りするようにしています。いや、家族だけではなく、我孫子で母の介護をしている義姉ともよく母のことと、義母のことをお喋りするようにしています。義姉の問題点は、ケータイメールが使えないことかな。これで連絡とれあえば、実にいいと思うのですが、こればかりは残念です。

 以下、ここに書いてあることを見てみましょう。ぜも全部コピーするのはまずいでしょうから、見出しだけにします。

(2)チェックシートを活用
(3)抱え込まず社会化する
(4)余裕のあるうちに頼む
(5)家族はそばで話をする
(6)質問をして話題を変える
(7)妻の味方になろう
(8)必ず社会と接点を持つ

 ぜひ、このサイトで全部を読んでいただきたいですね。もう介護は、この日本に住む(いや地球に住むすべての人と言えるかな)人にとって、大切なことなのです。

 どうやら私は、このすべてがよく理解でき、ほぼ実現できているようです。でも、それをこうして、読み直し、そしてそのことをまた考え直すことはとても私は大事です。

 義母も私のことを、今は息子だとは思ってくれているようです。だんだん遠慮よりも、どうやら私のやることへの不満も口に出るようになってきました。それは私は大変嬉しいことであると同時に、またその不満にちゃんと応えられるようにやっていくつもりです。

 そうですね。できたら、こうしてみなブログで、自分のやっている介護についてもUPしてほしいな。それが大切なことになれると思いますね。(厳頭操)

 介護の秘訣は「がんばらない」 の2 へ

続きを読む

Web2.0への道

書 名 インターネットマガジン
    スペシャルセレクション
    WEB2.0への道
発行所 インプレスコミュニケーションズ
定 価 1,500円(税別)
発行日 2006年4月17日初版第3刷発行
読了日 2006年6月26日

 いやはや、私が知らないことがたくさん出てきます。なんだか、羞しい思いと同時に、でもやっていかなくちゃと思います。
 ただ、こうして本を読むのが、ほぼ電車の中で(しかも通勤時間が今は短いので、仕事で歩くときに電車の中で読んでいます)、実際には、本の内容をパソコンで確認するということがなかなかできません。
 ただ、もうインターネットの世界は大きく変化しました。それがWeb2.0なのですね。

0d45eb65.jpg

書 名 日経ベストPC+デジタル
発行所 日経BP社
定 価 680円
発行日 2006年7月1日刷発行
読了日 2006年6月26日

 この雑誌も購入して、電車の中で読み、飲み屋でも拡げていて、そしてもう読み終わっているはずなのだが、こうして何かを書き残そうと、メモを書き始めて、雑誌を眺めてみると、また新しく読めるところがあります。これはなんでしょうかね。パソコンそのものよりは、周辺機器のページを再び読み返しました。ただし購入するときは、また店頭で詳しく選びますよ。ただ、やはりこういう雑誌であらかじめ読んでおくことは大事なんですね。

5058d9ef.jpg

 私の6月8日の 「親孝行・・なのかね」旅人moo00の冒険人生 さんから次のコメントをいただきました。

 周さん、トラックバックありがとうございます。
 なんだかきたない文章ですいません。
 照れ隠しというか、そんな感じなのです。

 携帯ショップで不安ながらもうれしそうな母を横で見ていて、なんだか涙が出そうになったのです。
 母は今72歳ですが、「もうあの世にいくまでこの機種だね」なんて冗談で言うものですから、なんだかたまらなくなって。

 今日は色々と昔のことを思い出してしんみりしていました。

 バカ息子だけど、今出来る親孝行は精一杯しておこうと思ってます。
 自分のブログだと照れくさくてこういうこと書けないんですけどね。

 お母さんはまだ72歳なら、これからたくさんのことを一緒にやっていけますよ。とくにこうしてケータイを持つなんていいですね。
 私の母は、もう90歳で、義母は81歳ですが、もうケータイのことは判らないですね。義母は私と妻がケータイメールで連絡取り合っているのは、まったく判らないようです。ケータイメールだと、会社の中でも、電車の中でも連絡がとれるのです。もうケータイの電話機能そのものは、なかなか互いに使えません。相手が、「今は電話しても大丈夫だな」という場にいると判ったときに電話しています。

 私はできたら、二人の母にもケータイを使ってほしいけれども、もう無理です。だから、こうして使えるというのはいいことですよ。私は、自分に孫ができても、その子たちと、ケータイメールで毎日連絡とるつもりですよ。
 今は、姪の子どもにメールできるのが嬉しいです。彼は5年生だから、ちゃんとメールの返事をくれます。これが実に嬉しいし、愉しいです。

続きを読む

747a035d.jpg いえ、ちょっと前に飲んでいたので、思うのですが、生麦事件薩英戦争も、日本の、その全世界のさまざまな思いの中で、これで終わるわけにはいかないのです。
 とにかく、まずはUPしましょう。

   あ、そうなんだけれどサ、この写真は、私の事務所のあるビルの1階にあった花です。私はこの花のことで、いっぱいお話しました。

    ここはいつも、綺麗な花が置いてありまして、嬉しいです。

57a0ae24.jpg 必ずコメントに対してはレスをしようと考えていましたが、今になってしまいました。申し訳ありません。毎日なんやかやとありまして、ただただ追われるような気持で、私に余裕がないためだと想います。
 これから各コメントにレスを致します。
続きを読む

↑このページのトップヘ