K150501703
K150501705
 私は何と言いましても、吉本(吉本隆明)さんを尊敬崇拝しています。そして実は埴谷雄高も好きでした。吉本(吉本隆明)さんは著作はすべて読んでいます。埴谷雄高は、数々の評論集はすべてもっていましたし、「死靈」もすべてもっていました。だが二人の間で論争があったときに、私はその埴谷雄高の本をすべてを棄てました。ただし、「死靈」そのものは、ここで画像であげた1巻だけは今ももっています。どこかにあるはずです。16051201
16051203
 私は、この吉本(吉本隆明)さんと埴谷雄高のことで話した相手は4人います。みな埴谷雄高をほめて吉本(吉本隆明)さんを貶しました。でも私が「死靈」の中身を詳しく話していくと、その4人全員が褒めている埴谷雄高もその「死靈」も少しも読んでいないのだ(ほかの埴谷雄高の本も少しも読んでいない)ということがわかったものです。16051204
16051219