将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:藤田典

d9161f85.jpg

 私の 小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」に驚きました に藤田典さんがコメントをくれました。

1. Posted by 藤田 典   2010年03月31日 06:14
この方の書かれるような文章の事を、以前は「提灯記事」と呼び、この様な考え方を拝金主義と言ったものです。

 うーん、これを提灯記事というのか、なるほどね。私は新聞記者をやっており、「これは提灯だなあ」とか「今度うちの新聞にも、こうして提灯しよう」などとはいいましたものですが、これを小田嶋さんは、中国を提灯したとは少しも思っていないでしょうね。そんなふうに言われるとも思っていないでしょう。
 なんとなく、その自分の媒体の文章で相手の会社なり団体を提灯したというよりも、私はこの記事はもう少しひどいもの、許せないものです。業界紙やいわゆるアカ新聞が提灯記事を載せるのは仕方のないところもあるかと思います。でも中国という圧政の国を褒めるのは、なんか別な意図、考えしか思えません。今くだらない左翼は(私自身は、こんなのを左翼とは認めませんが)、自分の中の思いからかなり本気なのです。
 今も何故か、反帝国主義のはずが反米になっている多くの人たちを思い出します。中国とマイクロソフトが共にグーグルを排除しようとしている、そしてそれは許せないなんていう私の思いなんか理解されようがないのです。
 そして、はっきりいえば、これは「拝金主義」なんていう生易しいものじゃないですよ。明確に国家あげて、グーグルを嫌い追い落とそうとしているのです。そこらへんにいる、昔反体制派の気持を持ち、今反米になって、パソコンやインターネットも憎んでいるおじさんは、もうこの事態は理解できていません。

 それで、私のサイドバーで、貴サイトをリンクしました。

http://www.ten-f.com/ 中原中也とダダイズム、京都時代

ときどき、貴サイトを拝見しています。私も今は蜘蛛業というサイトでもいくつかのことを書いていますよ。

156e8a6f.jpg

 2010年1月27日のポメラに、藤田典 さんから以下のコメントがありました。

1. Posted by 藤田 典   2010年01月28日 06:31
「日和見」とは、また懐かしい言葉だなぁ、と思いました。
きっと、今の若い方たちなら、どうして天気の事が関係するのか不思議に思うことでしょう。

 ああそうか、と今思いました。私なんか今でも普通に使うことですからね。でも思い出せば、あの時代でも私は「ナンセンス!」という言葉は使いませんでした。私は指さして大声で、「笑止!」と言っていたものです。まあ、昔の話ですが、私は今も同じなのです。進歩のない私です。

続きを読む

d9bb4330.jpg

 周の掲示板に書込みがありました。藤田さん、ありがとうございます。

初詣に 投稿者:藤田 典  投稿日:2010年 1月 2日(土)19時37分22秒

出かける人が、例年より多かったように思いました。
それだけ、世相が「神頼み」に傾いているのかも知れません。

周さんのお宅では、ご家族が増え、
なかなか賑やかなお正月のようで何よりです。
本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。
 

 私は今年は神田明神に4日に初詣に行きました。次女夫妻と妻と4人で行きました。ものすごい人手で、私もあれほど多い人手の神田神社は初めてでした。
 そのあと湯島聖堂で、長女家族4人とも会いました。小さい孫はあの数の人手では行かなくて良かったです。もっとも長女家族はもう元旦に上中里の平塚神社で初詣していました。ここは、八幡太郎義家を祭ってあるのです。私は源家は、『源氏物語』の主人公含めて嫌いですが、その中では義家は好きですね。あ、またいうと、壇ノ浦で滅んだ伊勢平氏も嫌いだな。
 私は当然、平将門様が好きなのですね。あ、源氏では実朝も好きですね。鎌倉へ行くと、いつも実朝の歌を思い出しています。
 私のところは、もう孫がにぎやかで、次女がケーキを作ってきてくれて、もう孫の二人は、私の次女のブルータスもナオキ君も大好きで、少々私が嫉妬してしまいます。ポコ汰が3歳になっばかりです。ポニョも元気な女の子ですよ。私の家の前に、ポコ汰のガールフレンドのリノちゃんという可愛い女の子がいて、これまた可愛くて、私じいじは、あちこち、「どうしてじいじの俺を見ないんだ」とばかり思っていますね。
 でもレスがこんなに遅くなりごめんなさい。

続きを読む

263b1378.jpg

 吉本隆明鈔集「個性も特色もない日本も、どこかで根底から転倒されるときがあるべきだ」藤田典さんから、次のコメントがありました。

1. Posted by 藤田 典   2009年09月29日 06:36
昔は「まんが喫茶」に行けば、大抵のものは読むことができました。
最近では、インターネットを中心にした「ネットカフェ」に衣替えしているようです。でも、
周さんは忙しい人だから、喫茶店でゆっくり漫画を読む閑がないでしょうね。

 わざわざコメントをありがとうございます。そうですね。実はまんが喫茶というのは入ったことがありません。というか、そもそも私は大昔から喫茶店が嫌いです。煙草は一度も口にしたことがないし、コーヒーも嫌いで、今も口にしません。だから、喫茶店は私には意味のないところです。私はそもそもすぐに飲み屋に入ります。
 だから、漫画は私は娘から借りて読んできました。このごろは、若い作家(例えば村上春樹)の本もいつも借りて読みます。だって少しも存在を知らないから、普通だと読まないじゃないですか。
 でもこのごろは、飲み屋の感覚も違ってきているのですね。私のようにひらすら酒をかぶ飲み(それで今の私は酒に弱いから、すぐに店を去ります)するわけじゃないのですね。
 そうですね、でも「忙しい」という雰囲気は自分では出さないようにしているつもりなんですが、どうしてもいつも表情に出てしまうのかなあ。つい先日このマンションのエレベーターの中で、「いつもお忙しそうですね」と、私よりも年上の方に話しかけられて、「ああ、おれは駄目だなあ」と思ったところです。

続きを読む

b33c44f6.jpg

 私の『民主党幹事長、政権交代後は「首相の靖国参拝と内政干渉は行わない」』に、藤田典さんから以下のコメントがありました。

1. Posted by 藤田 典   2009年08月06日 07:28
日本という国は、一体どこへ向おうとしているのでしょうか?
硬直したナショナリズムには弊害もあると思いますが、己が生まれ育った国さえ愛せない者たちに、友愛が語れるものなのでしょうか?

周さん、暑中お見舞い申し上げます。

 うん、日本がどこへ向かおうとしているのかは、私には判らないのですね。私自身が向かいたいのははっきりしているつもりです。
 ただ私なんかは、いつも「硬直」した人間と言われたいほうです。昔からずっと頭が硬いですからね。いつもお酒飲んで、いつも詩吟と軍歌唄っている私です。
 ただ、若き日に学生運動で元気にやっていたことは少しも隠さないですから、これまた取材するほうは困るようです。私のことを知らないで、お話をすると、どうも話がかみ合わないようです。

 たった今ある急用で、王子駅まで急ぎました。その用事が済んでほっとして、ケータイメールを送りました。ケータイメールなら電車の中ともやりとりができますね。

続きを読む

978e60c6.jpg

 私の周の掲示板に、藤田典さんが以下のUPをくれていました。

一年が経つのは  投稿者:藤田 典  投稿日:2008年12月31日(水)13時09分39秒

早いものです。
それにしても、
周さんの、この掲示板を訪れる人は、極、稀になりましたね。
新しい年が、少しでも良い年でありますように!

 ありがとうございます。もうきょうは、朝から忙しく動き回っていました。長女家族4人と次女家族2人が来てくれて、とっても愉しい時間を過ごせたものでした。
 またその家族できょう過ごしたことも、ここでUPしていきます。

続きを読む

08090802「随分とご無沙汰です」に次のように書きました。

それで、もうそういう症状のある方はここにコメントを頂きたいと願いますものです。

 そうしましたら、昨日の12時代に、「会社のパソコンでもない」という内容のケータイメールをもらいました。

続きを読む

0e8c533c.jpg

 周の掲示板 に 以下の藤田さんの書込みがありました。

随分とご無沙汰です  投稿者:藤田 典  投稿日:2008年 9月 7日(日)09時04分59秒

 お孫さんの成長を手放しで喜ぶ、
周さんの「顔」が見えるようです。お元気でなによりです。

ところで、久しぶりに投稿したのは、ここ数日、こちらのブログを開くと、
何かの「ソフトウエァ」の更新承諾を求めるディスプレイ(英文)が表示され、それを閉じないと次の画面に進めなくなっています。
一度、お調べになってください。

 ええと、それで私の今このパソコンではそういう症状はありませんので、あと使っている二つのパソコンでも見てみました。でもその二つでも、そういう画面には一切なりません。それからケータイでアクセスしてもなりません。
 だから、私にはそういう症状はまったく判らないのです。
 他のパソコンにも当たりたいのですが、ちょっとまだ長女の家(ここはパソコンが二つあります)のは、インターネットに接続される寸前ですので、まだ見られないのです。
 それで、もうそういう症状のある方はここにコメントを頂きたいと願いますものです。

「随分とご無沙汰です」の2 へ

続きを読む

07123101 私の 周の掲示板 に藤田さんから次の書込みをいただいていました。この書込みには、綺麗な写真が添えてあります。

今年も  投稿者:藤田 典  投稿日:2007年12月23日(日)19時35分9秒
 残り少なくなりました。
周さんにとっては充実した1年間だったようですね。
新しい年も、どうぞ宜しくお願いします。

 ありがとうございます。そうですね。「充実していた1年間」だったのかなあ、はなはだ自身がありません。
 ただただ毎日毎時間焦る気持ばかりです。
 でもつい先日見た光景で、こんなことがありました。
 私はいつも焦る気持で、どこの路も急いで歩いています。王子駅前で、自転車で急いでいましたが、赤信号で「あ、ちゃんと気をつけて歩こう」と思った瞬間、私の目の前にいた70代少しすぎの女性が急いで歩き出して、それをお隣の男性があわてて止めていました。

 あわてないで、まだ赤信号だよ!

 それでもちろん大丈夫だったのですが、私は私より15歳くらい上の女性に、とにかく焦って歩いている気持が見てとれました。「俺なんかより、ずっと焦っているんだなあ」と思ったものです。おそらく私の比ではないのでしょうね。
 私もとにかく、今のすべてのことに、焦っています。あわてています。「このまんまじゃ、何もかもが間に合わない」という思いなのですね。

 でもでも、その私の思いそのものがどうかしているのです。
 焦る気持でいるときにも、私の孫を連れて長女が来てくれます。長女が孫をリビングにおろしますと、ポコちゃんは、まさしく脱兎のごとく、急いでハイハイして私の部屋に入ります。私の部屋はたくさんのものがころがっていますから、私はもう急いでいきまして。見張っています。そして結局は、膝に乗せて、一緒にパソコン画面に見入っています。
 そんなときは、もう私が何かに焦っている気持は忘れてしまいます。ただただ可愛いから、このパソコンを早く使えるようになってくれればいいと思っています。

 それから綺麗な写真をありがとうございます。明日からの新年もよろしくおつき合いください。

続きを読む

cc5392e4.jpg

 このブログ将門をやってきていまして、どうしても以前のようには、

   http://438.teacup.com/shomon/bbs?  周の掲示板

へのUPができません。
 でもそれでときどきUPをいただくと嬉しいものです。
 今回、れんだいこさんと藤田典さんから新年の挨拶をいただきまして、ありがとうございます。
 なんだか、どうしても掲示板に書き込むのは難しくなってしまった、なんだか遠くなってしまったという思いがあります。
 でも今のこの掲示板のシステムは画像も簡単にUPできます。だから、今後はできるだけ画像もUPしていこうと思っています。
 このブログとは同じ画像はUPしません。同じ場面でも、必ず違う画像をUPしてまいります。

続きを読む

↑このページのトップヘ