将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:記憶が曖昧

6200503c.jpg

 本日06:00に届いていた破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2008/08/03 【No.1695】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 君と二人で 食事して よもやま話に 花咲かす時
たのしみは 北海道に 仙台に どこでも行ける この身なる時

本日は 解釈無しといたします。気の合う人との食事は楽しいですね

 思えば、私はいつも妻との食事ですが(外で飲まない場合)、でもそこでも晩酌しているから、もういつも記憶が曖昧です。いつもいつも同じなのですね。

続きを読む

ec523be4.jpg 電車の中です にインターネット接続ができないことを書いていました。それで夕方帰ってきてから、妻も帰ってきて、それから、そもそもここではどこでインターネット接続をしているのだろうということになりまして、私は有線ブロードネットワークスでやっていることを思い出しました。それで、その申込したときの相手からの登録証をとりだしてきて、電話しました。電話は夜9時までOKでした。
 それで相手と会話しながら、そもそもモデムの電源がついていなかったのです。もう羞しい話です。それでもちろん回復しました。でもどうして電源がはずしてあったのかなあ?
 とにかく、私はインターネット接続は北ケーブルテレビで接続しているとばかり思い込んでいました。
 どんどんと自分の記憶が曖昧になっています。これはもう、こうしてとにかく書いておかないとますます忘れてしまう事態になってしまいます。
続きを読む

20c78f18.jpg 昨日義母がそちらから帰ってきた瞬間はしっかりしているし、私の孫が来てくれたときもしっかりしています。だけど、その後になると、すべて記憶が曖昧になります。もうこのところ、そればかりです。
 写真は29日に行きました北とぴあの6階の渡り廊下です。(05/30)

4e8b40f9.jpg このごろいろいろな記憶が曖昧になっているようです。いくつか言うことにそれを感じています。
 写真は昨日5月1日に、ミツ君が買ってきてくれたケーキです。大きなケーキでした。孫のポコ汰はまだ食べさせてもらえません。(05/02)

↑このページのトップヘ