将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:詠富嶽

2017032820 私はこのUPで、

彼の漢詩も好きで、今まで何度も詠ってきたものです。X12121402

と書いて、私のこのブログ内に私がUPした、乃木希典の漢詩をリンクするつもりでしたが、その時間がないままおはぎの家へ歩いて行きました。
私は乃木さんの詩を思い浮かべて、心の中で暗誦しながら歩いて行ったものです。

乃木希典「旅順をめぐる三つの詩」

でも私が書いていますはずの『乃木希典「詠富嶽」』は私の中で、七言絶句全体が浮かんできません。私はかなり焦りました。「こんなこことで、俺は乃木希典を好きだなんて言えるのか」と、
この「乃木希典『詠富嶽』」については、私は乃木希典「詠富嶽」のことで書いています。
それでここで改めて、乃木希典の四つの詩をここに書きます。

     金州城下作   乃木希典
山川草木轉荒涼  山川草木転(うたた)荒涼
十里風腥新戰場 十里風腥し新戦場
征馬不前人不語 征馬前まず人語らず
金州城外立斜陽 金州城外斜陽に立つ

    爾靈山   乃木希典
  爾靈山嶮豈攀難 爾霊山(にれいざん)は嶮なれども豈(あに)攀難(よじがた)からんや
  男子功名期克艱 男子の功名克艱を期す
  鐵血覆山山形改 鉄血山を覆いて山形改まる
  萬人齊仰爾靈山 万人斉しく仰ぐ爾霊山

凱旋      乃木希典
皇師百萬征強虜 皇師百万強虜を征す
野戰攻城屍作山 野戦攻城屍山を作す
愧我何顔看父老 愧ず我何の顔(かんばせ)ありて父老に看(ま)みえん
凱歌今日幾人還 凱歌今日幾人か還る

詠富嶽     乃木希典
崚曾富嶽聳千秋 崚曾(りょうそう)たる富岳 千秋に聳え
赫灼朝暉照八洲 赫灼(かくしゃく)たる朝暉 八洲を照す
休説區區風物美 説くを休めよ 区区風物の美を
地靈人傑是神州 地霊人傑 是れ神州

「乃木希典『金州城』」については、中国の郭沫若(私は「郭沫若『十批判書』」を書いています)は、「日本人の作った漢詩の中で最高のものである」と言っています。X12121403
   漢詩は韻を踏むということがあり、また平仄には「二四同じからず、二六同じ」という規則があるために、日本人には大変に作詞しがたいものです。夏目漱石の漢詩は中国人の詩のプロから見ても美しいもののようです。この乃木希典もまったく同じなのです。

続きを読む

e40f1446.jpg

 Re.乃木希典「詠富嶽」 について で次のように書いていました。

 なんとか調べて、またここで返事いたします。

 それで本当に時間がかかり申し訳ありませんでした。「上野貞紀『漢詩と吟詠』」(教育社)でも調べました。やはり「漢詩愛好者」さんの言われるとおり、この乃木希典の『富嶽』の承句の「赫灼」は、「かくしゃく」です。漢和辞典で調べても、上の本で見ましても、「漢詩愛好者」さんの言われるとおりです。
 私も詩吟で詠うときにも、そう詠っていたのだなあ、と思い出しました。私の宗家荒國政先生にそのとおりに習っていたことを思い出しました。かつ私の「栖山流吟道会」にも、この詩の好きな方がいます(彼はアマチュアの手品のと得意な方でときどきテレビにも出られます)。
 大変に時間がかかり申し訳ありませんでした。今後もちゃんと詩吟をやっていこうと強く思ったものです。

21a7fe1c.jpg

 私の 周の掲示板 に次の書込がありました。

乃木希典「詠富嶽」 について 投稿者:漢詩愛好者  投稿日:2010年 3月 3日(水)09時06分43秒

 こんにちは、漢詩が大好きなので、周さんのページを興味深く読ませて
いただきました。

標題の漢詩についてなのですが

(註2)赫灼(しゃくやく) あかあかと光りかがやくさま

とあります。しかし、この読みは赫灼(かくしゃく)ではないのでしょうか?
もしかしたら、「しゃくやく」という読み方もあるのかもしれませんが、
調べた範囲では見当たらなかったので、指摘させていただきました。
あら探しすみません・・・   

 まず、こんなにレスが遅くなり申し訳ありません。当然すぐにこの書込は読ませていただきましたが、そして私も漢詩愛好者さんの言われる通りだと思うのですが、実は私のそばにある漢詩の本には、この詩が載っていません。それで、私のすぐそばには、最低3冊の詩吟の教本があるはずなのですが、どうしても見つかりません。要するに、私の身の周囲は目茶苦茶に乱雑になっているのです。
 それでインターネットで「乃木希典 詠富嶽」で検索しますと、上の2つの検索結果が、私のサイトが出てしまうのです。だから、私がそこを参照してもどうにもなりません。もちろん、漢和辞典も調べましたが、言われるとおりです。でもでも、私としてはちゃんと調べたいのですね。
 そもそも、私が私自身を信用できないのですね。そもそも私は漢文の授業なんてまともに受けたことがないのです。だから私のホームページではいつまででも「漢詩入門」でしかないのです。けっして、ちゃんとやった得意の分野という気持は少しもないのです。
 それでまだ時間をください。それでなんとか調べてみます。私は乃木希典が好きですから、彼の漢詩の本も持っているはずなのですが、今はどこに行ったのか皆目判らないのです。
 なんとか調べて、またここで返事いたします。時間がかかり申し訳ありません。

2016112102

07103103 私の周の掲示板に次のような書込みがありました。ありがとうございます。

乃木希典 富嶽  投稿者:中井一雄  投稿日:2007年10月29日(月)17時01分44秒
  乃木希典 富嶽 の 朝揮 は 朝暉 朶と思いますが   

 ありがとうございます。私の 周の漢詩入門乃木希典「詠富嶽」 を読まれてご指摘いただいたものだと思います。まったくご指摘の通りです。訂正いたします。
 こんなに返事が遅くなり申し訳ありません。
 正しくは以下の通りです。

    詠富嶽       乃木希典
  崚曾富嶽聳千秋 崚曾たる富岳 千秋に聳え
  赫灼朝暉照八洲 赫灼たる朝暉 八洲を照す
  休説區區風物美 説くを休めよ 区区風物の美を
  地靈人傑是神州 地霊人傑 是れ神州

 この頃はこの掲示板も見るのが遅くなり申し訳ありませんでした。

 この詩は制作年代が不祥ということになっています。ただ、以下のような事情だったようです。

 明治45年1月、オーストリアの陸軍中佐ティー・フォン・レルヒのもとめに応じ書き与えたもので、のちにこの詩はドイツ語にも翻訳されています。このレルヒ中佐が、新潟県高田で、日本にはじめてスキーを伝えた人です。

 この詩は、私の属する栖山流吟道会で、これを好きで詩わられる方がいます。その方がこの詩を吟わられる時が、私はいつも大好きです。実はその方は、アマチョアでは手品で、テレビにもよく出られるかたですよ。いつも、朴訥ですが、いい詩吟を聞くことができます。彼は乃木さんが大好きなのですね。私もいつも、その気持にジンとなってしまっています。
 私も乃木希典が大好きです。

続きを読む

↑このページのトップヘ