将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:詩的乾坤

11031002 さいきん必要あって荻生徂徠の『国学弁』と『国学弁翼』とをよんだ。表紙の話で恐縮だが、この二冊を当世流に上・下巻などとせずに乾、坤としてあったのが気にいったので表題に借用することにした。かれら江戸期の思想家たちは、あるいはこういう小冊子でも天地を包括する思想のつもりだったのかもしれない。わたしの時評の題名は星めぐり季節はうつったが一年の文芸も詩的な乾坤のなかにあるといったつもりである。
「詩的乾坤」1962.12「文芸」に掲載 「模写と鏡」1964.12春秋社に収録された

 ちょうど吉本さんは「言語にとって美とは何か」を書いているころである。かなりな吉本さんの息吹が伝わってくる。「勝利だよ!勝利だよ!」と叫んでいたころなのだろうか。そして私にとっては、現在の文芸の詩的乾坤とはどう考えられるのだろうか。

101204081974(昭和49年)

詩的乾坤
  1974.9.10 国文社 2,000円
  1
    情況への発言
  2
    感性の自殺
    『死霊』考
    岸上大作小論
    内村剛介
    島尾敏雄の世界
  3
    天皇および天皇制について
  4
    新体詩まで
    鮎川信夫の根拠
    斎藤茂吉
    イギリス海岸の歌
    実朝論断想
  5
    都市はなぜ都市であるか
    新興宗教について
    三番目の劇まで
    蓼藍春き
    行動の内部構造
    メルロオ=ポンティの哲学について
    橋本進吉について
    ひそかな片想い
    解説
    「SECT6」について
    わたしが料理を作るとき
    思考の話
    書物の評価
    何に向って読むのか
  あとがき
  初稿掲載誌紙一覧

↑このページのトップヘ