将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:諸葛亮『出師表』

12042701 去年の連休に六義園へ行ったときはまだじゅにが小さかったなあ。

2012/04/26 18:36今妻が一年前の連休のことを言いました。私たち夫婦二人と、長女おはぎの家族5人、おはぎとミツ君とポコ汰とポニョとポポと、次女ブルータスの家族3人ブルータスとナオキ君とじゅにと、全部で10人でした。このときは、おはぎの家に集まりまして、みんなで歩きまして、「六義園」へ行ったのでした。
 今年もこの10人で集まりたいな。じいじもばあばも合わせて二人ですが、孫は現在四人です。
 この今10人の家族でいっぱい仲良くしていきます。
2012/04/26 19:06もうまたみんなで会えたら、じいじは嬉しいです。この10人(もっと増えるかもしれないですが)が、こうして会えるのは実に嬉しいのです。じいじは幸せだなあ。
2012/04/26 19:18このポメラは、いつもたくさん単語登録しています。これがあるから、どうにかなっているのです。このことが大切なことですね。
 このポメラもこの単語登録でどうにかなっているのです。それが実に嬉しいことです。これからもいくつも単語登録していきましょう。
 これでは諸葛亮『出師表』も土井晩翠『星落秋風五丈原』も曹操『短歌行』もみな登録しているのです。

 もっとたくさん登録しています。でもこのパソコンと、ポメラと、IS01とみな別々に単語登録なのです。

11112203 今ナオキパパに聞きましたが、まだ手術は始まらないようです。そうなんだねえ。 私は今は、じゅにのお部屋ではなく、控え室にいます。ここは「携帯電話はこちらでご使用ください」とありますように、ここはいいのです。
 だからじゅにのお部屋の中では、携帯は使えないので、ポメラになっているのです。
  でも思い出せば、ポメラを使うことを思い付かないときには、もうじゅにが眠ってしまったようなときには、いつも「諸葛亮『出師表』」「曹操『短歌行』」等々を心の中で読み上げていたものでした。
  ああ、その中でマルクス・エンゲルス『共産党宣言』(大内兵衛・向坂逸郎訳)の中でも思い出したことがあります。またそのことも書こうとしていたのでした。 またいろんなことを書きましょう。

11110507   このIS01でUPしたいのですが、ここのリビングに来ると、どうしてもテレビを見てしまうのですね。だから今テレビを消しました。 テレビを消して台所の洗い物をして、それで今またこれを書いています。

   いやいつもいろんなことを考えます。私はこのIS01でいつも書くようにしています。とくに電車の中はそうです。
  そしてじゅにのそばでは、携帯電話は使ってはいけないので、じゅにが眠っているときには、前には、「諸葛亮『出師表』」を心の中で暗誦していたりしたのですが、今ではポメラを打つようにしています。
   あれは文章作成機で携帯ではないのですね。 いい機器があってよかったです。

2985a227.jpg  今じゅにに少し会いましたが、お義母さんが食事から帰ってきたので、私が出てきました。

 それで今13時7分ですが、今私は食事を終えました。じゅには可愛い寝顔ですし、ブルータスも疲れていますが、いい顔しています。
 私だけがノーテンキで、私の妻が真剣に精神的肉体的に疲れています。

  でも私の困っているのは、携帯を一切使えないので、じゅにの前ではなにも書けず、いつも「諸葛亮『出師表』」や「文天祥『正気歌』」を心の中で暗誦するだけなのです。
  今15時48分です。まだ早かったのでしたが、じゅにのそばにあるアイポッドで「埴生の宿」が流れたときに、私は急に「ビルマの竪琴」での英印軍と日本軍が最後合唱してしまうシーンが思い浮かびまして、涙が流れそうになり、ブルータスの前で恥ずかしいから、急に帰りだしました。
  今それでバスに乗りました。

↑このページのトップヘ