将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:謹賀新年

13122803
 新年のあいさつです。まだ12月30日だから新年にはなっていないのですが、昨日サミットストア王子展へ行ったときに、いくつもの家で門松を見ました。これは新しい神様がここからその家に入るというしるしなのです。だからこの年末に出してもいいのです。
 それと私も妻も兄莞爾を10月30日に亡くしました。それで多くの方々には喪中の葉書を差し上げました。
 それでこうして、ここ将門Webのサイドバーにも一番上にこの門松を置きます。ここから神様に入ってきてほしいのですね。13122808
 それでこれは1月15日までここに置きます。そのあとは、もとに戻すつもりでいます。
 あ、リビングにもこれを置いていますよ。

12010613 年賀状をすべて出したものと思っていたものでしたが、ある方から来たものが(妻の知り合い)、出していないということで、やろうとしましたら、まだプリントできていないものが7通ばかりありました。ハガキがなくて、プリントはされていなかったのです。
 それで今朝王子郵便局へ行って(ここは本局なので、土日祝日も24時間やっています。私はよく書留を出します)、年賀状を購入して、早速プリントして、もう随分前にポストに入れました。
 ただし、前と文面は同じなのですが、画像を入れているケースが私がとろいから、前と同じものでなくて、違うものになりました。でも別に変ではないから、いいでしょう。
 今年の私の年賀状は、いつものように家族(長女家族と次女家族と私と妻)の写真は止めて、梅の花にしました。家族の写真は、長女から次女からもらうのが大変なのです。いえ写真をもらうのは簡単なのですが(メールで簡単です)、でもその前に、みなを説得しないとならないのです。
 それと、私の妻はみな自分でメモを書き入れています。
 それで私に、一昨年か昨年は10通くらいメモを書きました。でも、私は自分のそのメモの字の汚さに実に嫌になりました。「俺は何も書かないほうがいいなあ」
 とにかく、私の年賀状は、すべて出したものです。

12010111 必死に年賀状をプリントして、私の関係を除いて、もう終えました。私の友人・知人の方はまだこれからやりますが、まずは私の孫じゅにと娘のブルータスに会いに行きますので、帰ってからになります。
 このときに、行く電車の中でIS01でUPいたします。
 写真は、私の家の玄関です。

2216f696.jpg みなさま明けましておめでとうございます。今年もまたこのブログで元気に発信してまいります。
 もう子どもたちや二人の孫とも会って新年の挨拶をしたい思いばかりになっています。
 みなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

bca03eba.jpg

 私の周の掲示板に、れんだいこさんが以下のUPをくれていました。

賀正  投稿者:れんだいこ  投稿日:2009年 1月 1日(木)22時09分8秒

 謹賀新年 本年も皆様ご健勝とご多幸でありますように。周さんよろしくね。

 2009.1.1日 れんだいこ拝   

 れんだいこさん、おひさしぶりです。この一年も、さまざまなことをやり続けるつもりでおります。とにかく、きょうもいくつものことがありました。
 とにかく、健康に頑張ります。あ、そういえば、昨日私は自転車から転んだのでしたね。でもなんでも面白いことばかなり思いでした。

続きを読む

08010203 ええと、この一つ前のUPには、「謹賀新年」が抜けていました。私はこれを終えて新宿へ買い物に行きまして、帰ってきたら、妻から、「どこにも『謹賀新年』ということばが入っていない」というので、あッ!、焦りました。ああ、それでどうもなんだか変だなあ、と思っていたのです。
 でももう仕方ないので、さらにその「謹賀新年」の文字を追加印刷しました。
 それがここの画像です。まったく私は阿呆ですね。

 でも前の画像も載せておきます。今後の自分を戒めなければなりません。こういうミスを忘れちゃいけないよ。

75d15da0.jpg

 周の掲示板れんだいこ さんからの以下の書込みをもらいました。

謹賀新年  投稿者:れんだいこ  投稿日:2008年 1月 1日(火)10時17分2秒
 周さん皆様、謹賀新年おめでとうございます。年初の清清しい身が引き締まる凛とした気分のままご挨拶申し上げております。今年も互いに頑張りませう。 
  

 おひさしぶりです。わざわざ新年のご挨拶をありがとうございます。
 昨年は、私の母が89歳で亡くなりまして、でも次女が結婚しまして、そして私は妻と一緒に義母の介護で、ずっと王子の義母の家で過ごしました。
 我孫子の実家も今年3月には全面的に引越するつもりです。

 今年もなんとかやり抜く気持でおります。

続きを読む

↑このページのトップヘ