将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:谷沢永一

2017071001 ときどき吉本さんを私のように追いかけていることに関して、いかにも馬鹿にした言い方にお目にかかることがあります。何を言われたってかまわないのですが、あまりに頓馬で下らない言い方を目にするとつくづくその人間の品性を疑ってしまいます。
よくテレビに出てくる佐高信とかいうのがひどいものです。長谷川慶太郎さんをけなしている文のなかで、その根拠に吉本さんを取り上げているのだが、もうあきれて話にならないのです。

この佐高の本とは、彼の最新評論集「筆刀直評」のことです。立ち読みしますと、それには次のようなことが書いてありました。

現在の吉本隆明はなにか元気がなくなった。それは彼がもっとも敵としてきた、日本共産党が近頃とみに元気がなくなってきたからである。敵が元気ないので、彼も前のように威勢がよくない。そして吉本隆明は、谷沢永一「先見力の達人−長谷川慶太郎」の本の帯に、

長谷川慶太郎は、経済を中心とした日本及び国際関係の現状を
臨場感あふれる正確な分析をやっている。その臨床的な見立てと
適切な看護法では信用できるひとり、ふたりしかいない経済専門
家である              (「週間読書人」より)

との文を寄せている。しかし、その共産党嫌いの吉本隆明が、長谷川慶太郎がもと共産党員(多分昭和20年代の一時期のことでしょう)だったことを知ったら、どうするのだろうか。

立ち読みした限りは、このような内容でした。このような論法で、この佐高信は、長谷川慶太郎と吉本さんを同時にけなすことができると力んでいるのです。ここを読んでこの佐高のいうことになどにうなずく人がいるでしょうか。どうしてこれがさも佐高が得意になる事実と論理なのでしょうか。誰かが過去に何に属していようと、そんなことがどういまの立場や言っている理論をけなせることになるのでしょうか。ましてその人間の過去を知ったのなら、吉本さんがその人間を評価するのがおかしいなどと何故言えるのでしょうか。別に昭和20年代に日共だった人はいくらでもいます。その人たちが、日共の本当の姿に失望して作ったのがブント(共産主義者同盟)ではないのですか。いや20年代だけではなく、私たちの友人には昭和30年代に日共だった、或るいは40年代にも残念ながら日共に属していた人もいます。いや日共だけではなく、右翼だった人だっています。だからといって、私はそのことでその人をけなしたことなんかありません。過去がどうあれ、今が問題なのではないでしょうか。しかも佐高が質が悪いのは、このことをもって今も吉本隆明を評価する私たちのような存在こそ馬鹿だと言いたいところにあるのです。こんなまやかしの3段論法には、ただただあきれはてるばかりなのです。

そこで私はそのうちに、佐高の本が図書館にでもおいてあったら(本屋で購入する気にはまったくなれない)、圧倒的に馬鹿にしてやろうかななどと思っていましたら、先日本屋の店頭で次の見出しを見て、手にとってしまいました。いやはや、もう私にはなんらやることがなくなってしまったような完璧さです。私がこの雑誌を買ったのは初めてのことですが、とにかくこの著者はまことにお見事です。実に読みながら、著者の書きぶりに大変に愉しくなってきました。

題 名 最後の進歩的知識人佐高信の正体
著 者 副島隆彦
掲載誌 文藝春秋社「諸君!」1993年10月号

この著者がかなり有名になったのは、かの研究社の「英和中辞典」の数々の欠陥を指摘して研究社から訴えられたことにあります。たしかまだ裁判が継続していると思いましたが、どうみても研究社には分がないように思えます。 実は彼とは、最初ゴールデン街の飲み屋の宴会で知り合いになり、その後も吉本さんの講演会などでは何度か顔を会わせる仲です。私より5歳年下ですが、その生真面目で頑固な形の評論には、かなり好感がもてます。ときどき、あんなに戦闘的に言ってしまっていいのかななんて心配になることもあります(いやこれは私も誰かから言われてしまうことかもしれませんね)。あんまりお酒を飲むのは好きではないようですが、たまに会うのではなく、徹底して飲んで話してみたいなと思っています。

佐高信というと「激辛」経済評論家ということになっています。その激辛というのが、単に政財界並びにテレビタレント等の徹底した「けなし」にあるように私は思います。著者はこの佐高がケナす人、ホメる人物の政財界人一覧リストをあげてその分析をしています。ここがかなり面白いところです。こんなにまで分析されたのでは、佐高はまいるだろうなというところです。 そしてこうした分析から出てくるのが、佐高がかなりな政治党派的な色彩の濃い人間であることです。その立場とは結局は左翼進歩知識人と同じものと著者は見抜いています。

善意で解釈すれば、佐高は、六○年代の戦後民主主義思想まっ
盛りの時期に一世を風靡した進歩的文化人たちの親・社会主義風
の「正義の言論」を真に受けて、以後、三十年間、少しも変わる
ことなく生きた典型的な人間像の一つである。「憲法改正阻止、
徴兵制復活反対、自衛隊違憲、原発反対」が何より大切で、現実
の世界に、ではどのように具体的な対案を示してゆくのかを考え
ることなく、ただ社会党左派的な政策パッケージをお題目のよう
に唱えている、よく見かける型の人である。

この立場から佐高は、「長谷川慶太郎は元共産党員だ」と触れ回ります。彼にとって全くの敵であるスターリン主義日本共産党から、また敵である日本資本主義の擁護者になっている慶太郎さんというところなのでしょうか。しかしこの佐高は学生時代は、左翼学生活動家だったということです。しかも構造改革派。

佐高自身にここらのことをはっきりと書いてもらわなければな
らない。「デミトロフの反ファシズム統一戦線」とかイタリア共
産党の「トリアッチ主義」という言葉を彼は、なつかしく思い出
さないだろうか。

思わずにやりとしてしまいます(そうねえ、トリアッチ−グラムシなんて信奉していた人たちがいたな、思えば噴飯ものだった)。吉本さんが花田清輝の戦争中の東方会への所属を指摘しているのを思い出してしまいます。私たちと同じ時代に構改派ならば、昭和20年代に日共だったほうが「まだまだまし」に私には思えるのですが、さてさて佐高はどう答えられるのでしょうか。

しかしその意味では佐高は一貫しているといえるのかもしれません。構改派という左翼進歩勢力から、今も左翼進歩知識人というわけですから、誤謬から誤謬を続けているだけなのです。

彼の、日本企業批判や、日本の政治体制批判は、現状に対する
不平不満の羅列ではあっても、現実の日本社会を具体的に変えて
ゆく思想的対案になっていない。この現実の社会に対して、では
どのようにすればよいのか、どのような経済体制であればよいの
かという実現性のある議論を少しもしないで、個別テーマに逃れ
て、そこに堡塁を築いて立てこもっているだけだということであ
る。この意味では、従来の左翼系評論家の型を一歩も出るもので
はない。

まったく、ここらですべていいつくされている気がします。もう私が佐高のけなしをおおいにやろうなんて考えることもないな(もういいつくされた感じですね)とつくずく思ったものです。(1993.09.04)

続きを読む

10123115書 名 詠う平家殺す源氏
    日本人があわせ持つ心の原点を探す
著 者 谷沢永一・渡部昇一
発行日 2002年12月25日1刷発行
発行所 ビジネス社
読了日 2002年12月21日

目 次
序章 「大変革期」を活写した人間劇
第1章 平氏こそ日本型「家族」の理想像
第2章 滅亡を招いた平家の「集団力学」
第3章 脈々たる民族的「感性」の源泉
第4章 物語創作の「謎」に迫る
第5章 源平台頭の原因は「僧兵」だった
第6章 神と仏を併存させた日本人の「英知」
第7章 「武」の源氏に敗亡した「文」の平氏
第8章 「権力と人間」の宿命的な構図

 ひさしぶりに気持よく本を読んでみたいという思いで、この本を手にとりました。帰宅の電車の中で読み始めました。私の「平家物語」への思いも、平家と源氏の在り方についてもまったく同じ思いです。
 ただし、たしかに谷沢さんはいつもの通り博覧強記なのですが、今回はいろいろとうなずけないのです。この本の内容とあまり関係のない資料の解説が多すぎやないでしょうかね。それから、どうみても明らかな間違いというか誤植といいますか、指摘します。こんなのは、編集で気がつかないものかね。羞しいよ。

 明治の政治家で長州出身の黒田清隆。………これがまたとことん酒乱。…                      (61ページ)

とありますが、黒田清隆は伊藤博文のあと2代目の内閣総理大臣ですが、当然薩摩藩です。これは、この黒田のことを、正確に頭の中に思い描けないからじゃないかな。黒田のことなら、誰だって幕末から明治にかけて、いくらでも思い描ける人物ではないのかな。エピソードがありすぎだよ。

  昔から『源氏物語』の歌はまずいという定評があるけれども、……
   ……『平家はよろしい』。……… 。『平家』のなかに歌くずはない。
  みなちゃんと色気がある。一番有名なのは、後三年における義家との
  やりとり」
                   (73ページ)

とありますが、これは当然「前九年」の誤りです。これまた、源氏の、安部氏の戦いと後三年での清原氏との戦いの質の違いを頭で理解できていません。義家は安部氏に勝利し、清原氏にも勝利したように見えますが、後三年で勝利したのは、実は清原清衡(藤原清衡)です。これから奥州は源氏ではなく奥州藤原氏が掌握するのです。ちなみに、この歌とは(あまりに有名だから説明するのが羞しい)、前九年の役のとき、安部氏の衣川関が陥落するときに、義家が逃げていく安部貞任に「衣の館はほころびにけり」と歌をかけると、貞任がとっさに「年を経し糸の乱の苦しさに」と返したという逸話です。でも、こうした内容で、そのあとはもう細かく読む気がなくなりました。もう少し渡部さんが喋ってほしかったな。(2002.12.21)

↑このページのトップヘ