将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:象

12110603 私は司馬遷『史記五帝本紀第一丹朱・象』で次のように書きました。

 また舜の弟の象(しょう)ですが、これも最初には父と母と一緒に舜を殺そうとしたとあります。でも私は宮城谷昌光がけっして象を貶してばかりは書いていません(作品名が何だったか思い出せない)。象もまた兄舜を認めたのだろうと思います。

 この宮城谷昌光の作品を読みました。前に読んでいたことを思い出しました。王子図書館にて「宮城谷昌光全集第1巻」を借りてきたのです。
 最初の「暮れのこる野畦(のみち)に、二つの影がある」という文を読んで、私は思わず涙を浮かべていました。もう昔読んだこの小説の中身を思い出したからです。どうしても舜(この小説では俊となっています)の気持の美しさに私は涙となるのです。
 でもこの父親瞽叟は盲目でした。それは司馬遷も書いていたのです。私はそれを覚えていない自分の恥ずかしさにたまりません。
 でもこの小説には他にも幾人の人物も出てきます。でもみな司馬遷が本紀に書いている人物ばかりです。舜のあと禅譲によって後を継ぐ禹の父親鯀(こん)も出てきますが、堯帝に罰せられるだけの人物です(彼が悪いわけではないのですが、治水事業で失敗します)
 この悪いとしか思えない父も亡くなり、俊は「ーわたしが今日こうあるのは父のおかげである」と悲しみます。
 一旦は俊を殺そうとまでした象ですが、この俊がやがて亡くなったときの、この葬られた遺体の陵を守って死んでいったのは象でした。
 最後に

  俊はまた舜とも書かれる

で、この作品は終わっています。

12110304  さて、私の書く司馬遷『史記五帝本紀第一』は、

  黄帝
  センギョク
  帝コク
  帝堯
  帝舜

に関しては、もうここで書きました。後の三人に関しては、「コク、堯、舜」と一字でよばれることの方が多いようです。
  ところで、センギョクは黄帝の子ども、昌意の子どもであり、黄帝の孫になります。帝コクの父は、キョウ極(きょうきょく)であり、その父は、黄帝の長子である玄囂(げんごう)なので、帝コクは黄帝の曾孫になります。
 帝堯は、帝コクの次男でしたが、兄の禅譲により帝位につきました。舜はセンギョクの七代の子孫だといわれますが、いわば普通の民間人でした。その舜が帝堯により、政(まつりごと)を任され、帝堯が亡くなったときに、一旦は堯の息子の丹朱があとを継ぎます(帝位につく)が、誰もその丹朱のもとへは行かないで、舜ばかりに来ます。そこで天は舜を薦めて、舜が天子になります。この「天が薦める」という意味が漢文では分からないわけでしたが、これはみんなが(民間人が)舜を次の天子としてほしいという願望で、天とは普通の庶民が薦めたことなのだと私の高校一年のときの漢文の先生が教えてくれました(ただし、そのときは「十八史略」の話)。
 私はこの丹朱も素直にそれを認めたものだなあと感心します。
 また舜の弟の象(しょう)ですが、これも最初には父と母と一緒に舜を殺そうとしたとあります。でも私は宮城谷昌光がけっして象を貶してばかりは書いていません(作品名が何だったか思い出せない)。象もまた兄舜を認めたのだろうと思います。
 私には丹朱は、まったくの他人であった舜を認め、象は結局は兄を認める、そのような優れた人物だったように思えます。

b10b2ff2.JPG

 これをUPするのが遅くなりました。

2010/06/02 07:27今朝食を終えて、妻が長女の家に行きました。きょうはポコ汰が保育園で上野動物園へ行くのです。妻がポポをみることになります。
 私の娘二人も保育園の遠足の場合はいつも私の母が行ってくれていました。下のブルータスがある遠足で姿が見えなくなって、もうものすごく心配したら、そこの池の向こうで母に手を振っていたそうです。
 上の動物園に私と妻で始めて二人の娘を連れて行ったときに、象を見られるところで、ブルータスが歓声をあげていました。象を見て声をあげているのかと思いましたが、実は前日雨が降った後が水たまりになっていたのですが、その水たまりに空の雲が写っていることに感激して大声をあげていたのでした。思えば、あのときはブルータスは今のポニョより少し小さかったのかなあ。実にいい思い出です。
 それで私はさらに今四国徳島で教員になった義弟の息子を始めて上野動物園に連れて行ったときのことを思い出しました。みんなとはぐれてしまい、私と二人で手をつないでずっと歩いたものでした。懐かしいな、覚えているかなあ。
2010/06/02 08:05「ゲゲゲの女房」です。水木しげるが彼女を迎えに来て、私はものすごく嬉しいです。
2010/06/02 09:59「ちい散歩」が始まりません。何事かな?
 でも分かりました。鳩山首相が辞任するのですね。ご苦労でした。
2010/06/02 13:32長女の家にいるのですが、妻が「ここは新聞がないのね」と言っています。新聞を今は誰も取らないのです。

 鳩山首相が辞任というニュースがありました。私は彼と直接話したことがあるので、少し親しみを感じます。そのときは、私は彼が「パソコンを使えるか?」というは話をしたものでした。

↑このページのトップヘ