将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:赤ちゃん

11020210 寒いですが、元気にパソコンに向かいます。

2011/02/02 06:30やはり寒いですね。
 今日私は東京社会保険病院へ行きます。いつものように義母を見舞いに行くのではなく、整形外科に行きます。私の右足を見てもらうのです。
 このポメラには漢字が駄目だなあ、と思ってきましたが、私がちゃんと単語登録をしていけばいいのですね。それを切実に感じています。いわば私がいけないのですね。今後積極的に単語登録していきます。パソコン、IS01、ポメラを同じに登録していきます。2011/02/02 07:57さて「てっぱん」を見ましたら、東京社会保険病院へ行きます。
 そういえば、もう理髪店にも行かないといけないな。
「てっぱん」の最初の踊りが嫌いでしたが、今では大好きになりました。
 また画面を見て私も涙になっています。どうしてもそうなってしまうのです。
 赤ちゃんは生まれてほしいな。いっぱいの思いがあります。

 東京北社会保険病院へも私の身体を見てもらいに行きました。

10112102 次女の赤ちゃんの名前もハンドル名も決まりました。名前はここに出すと、ブルータスに怒られちゃいますから、秘密にします。
 ハンドル名は、「じゅに」です。可愛いい、綺麗な名前とハンドル名です。私の4人目の孫です。

10112103 次女が赤ちゃんが生まれて、そこに私の妻が行っています。ずっと何度もケータイメールのやりとりがあります。でもケータイメールというのはいいのですが、妻と次女にはいっぺんに出せないから大変です(同じ内容ならできるけど)。

6da2427c.jpg

 もう蜘蛛業にはUPされています。でも「コラムさとう」もUPしないといけないな、と思っています。

2009/12/25 07:31きょうがクリスマスなのですね。昨日孫二人が来てくれたのですが、ポコ汰が「じいじが待っているから、早く行こう」と言ってくれたようです。もう私は涙が出る思いです。いつも私が二人の孫に会いたがっていることをよく知っているのですね。もう嬉しいです。
2009/12/25 07:49きょうはまだ蜘蛛業にUPしていません。だから、少し考えないと、思いつかないといけませんね。でももう頭の中にはあります。いえ、頭の中といいましても、「ニュースさとう」はもうニュースはどこの内容を書くかという思いはあります。あとはどこの記事を参照するかという問題です。
「歴史さとう」は源頼家のことを書こうと思っています。伊豆急の修善寺を思い浮かべ、そして「修善寺物語」を思い出しています。頼家はどうしてもそれほど好きにはなれない思いですが、でも母親の政子の思いを考えてしまいます。やはり悲しい思いだったのでしょうね。「それでも頼朝とともに作った」幕府が大事なのです。
2009/12/25 08:04クリスマスを実に喜んでくれる二人の孫たちを思います。
 ブルータスは昨日妻にもおはぎにも電話(長女にはメールかもしれません)くれてようです。デジカメが壊れて新しく購入したようです。ちょうど私も同じ頃買い換えたものでした。私のデジカメも、もうその時期になるのかなあ。でも私にもケータイメールくれてもいいのになあ。
2009/12/25 08:12さて、もうすぐ「ウェルかめ」です。
2009/12/25 08:15寒い空気に耐えられない感じですね。
2009/12/25 08:18「ウェルかめ」では赤ちゃんが無事生まれてもう嬉しいばかりです。お守りをお母さんが手のひらで握りしめているシーンでは私も涙を浮かべてしまいました。赤ちゃんが生まれることって大切ですね。
2009/12/25 08:28すぐ泣くなみちゃんに私はとっても嬉しいです。

 もう、ポコ汰の思いにただただ喜んでいます。嬉しいな。

続きを読む

1e47071b.jpg 私の弟の長女が、今月末くらいに赤ちゃんが生まれると聞いています。そうすれば、私の長女のポニョと同級生になります。
 それで今、彼女に手紙を書きました。そしてその封には、ここに画像をあげた犬張り子のシールを貼りました。これには、安産祈願・子どもを守る意味があるそうです。
 きっとしほちゃんは喜んでくれるでしょう。今からポストに入れに行きます。

0136c9b8.jpg 昨日は、外へ出ると、それほどの暑さを感じませんでした。
 私の姪(私の弟の長女)がお腹の中に赤ちゃんが出来たということを聞いて、もうなんだかとても嬉しい私です。私は彼女の伯父ですものね。生まれるときには、私は歌を唄いにいきます。
 写真は9日午前10時代です。本堂から外を見ました。私の母がひょっこり顔を見せてくれうかもしれないと思ったのです。私の母はそんなちょっと悪戯の心のある母でした。(08/11の2)

04a6e37a.jpg 昨日も暑かったですね。義母もさすが冷房をつけて横になっていました。私もこの暑さには、もう参っています。でも、子どもはこの温度が大人よりも10度くらい高い感じんですということです。赤ちゃんになると20度くらい高い感じだろうな。そんな心配をいつもしています。(8/09)
続きを読む

df94fcf5.jpg 毎日暑いです。もう暑いのが苦手な私はただただ嫌になっています。昨日ひ孫が眠っていると、寒いのではないかと、あちこち窓を閉めていました。でも私の孫は新陳代謝がいいから、汗っかきなのですよ。いつも孫の身体を触ると、それを感じています。思えば、長女と次女の赤ちゃんのときも同じでしたね。赤ちゃんはいつも汗をかいて元気いっぱいです。(7/02)
続きを読む

7e440f9e.jpg

 きょうの日経新聞の35面の東京・首都圏経済版の「子育て支援」がいい記事です。
「拝見子育て支援民間篇」の「ブックスタート 赤ちゃんと絵本楽しむ」という記事内容なのです。

 最初は不思議そうに絵を見つめていた赤ちゃんが、やがて本に手を伸ばしたり、笑ったり。「本はまだ無理だと思っていましたが、結構喜んでいますね」。赤ちゃんを抱いて見守るお母さんの表情も和らいだ。

 話していることがまだ分からないゼロ歳児に「絵本はまだ早いんじゃないか」というのは誰もが持つ素朴な疑問。だが、読み聞かせの目的は、幼児教育より「親が子と直接向き合う時間をつくる」ことにある。

 私はこの記事をコピーしてブルータスへきょう送る手紙に同封しました。インターネットでは、この記事がまだ見られないのです。
 この記事を見て驚いたのは、おはぎのmixiの日記の5月11日に「絵本デビュー」というのがあったからです。この記事は東京都北区の赤羽福祉保健センターでの話ですが、おはぎとポコちゃんは、王子でこの絵本をもらったということです。
 もらったのは、この新聞記事の写真に映っている本と同じもののようです。

 おはぎの日記には、次のようにあります。

絵本をポコ太に読んであげた。
内容はすごく簡単な赤ちゃんようの絵本。
紙が破れる音や水が流れる音、犬が泣く声やにわとりの声が描いてある。
ポコ太に読んであげるとなぜかにこり(^O^)
ページをめくるたびにうれしそうなので3回も読んでしまった。
(一部分のみの引用です)

 私の二人の娘、おはぎとブルータスも、絵本は大好きでしたが、読ませてあげたのは、もっと大きくなってからです。でも、これの記事を読んで、もっと早くからでもいいのですね。
 そして私も、孫のポコちゃんに、本を読んであげようと思いましたが、こまったな、本がないのです。吉本(吉本隆明)さんの本とか李白の詩集とか舊約聖書ってわけにはいかないでしょう。
 それで、思ったのです。「おにたのぼうし」です。この本を買ってこようと思ったものでした。
 この「おにたのぼうし」については、以下に少し書いています。

  http://shomon.livedoor.biz/archives/50725045.html おにたのぼうし

 鬼怒川公園駅前の鬼太の像の前で、ブルータスと少し話したことを思い出していました。

 あ、でもあれは小学生が読む本だ。ポコちゃんはまだ赤ちゃんだから、無理かなあ。

続きを読む

07022302 私の長女のところで、私はいつも孫のポコちゃんを見て、抱いて、「可愛い」とばかり言っています。そうしたら、昨日長女がいいます。
 長女の仲のいいAちゃんは、札幌に住んでいまして、ちょうどポコちゃんの生まれる1日前の1月2日に生まれました。
 私はポコちゃんがおにぎりのようにまん丸い顔をしているので、「おにぎりっ子」なんて言っています。そうしたら、「AのEちゃんは、ジャニーズ系の顔しているんだよ」といいます。私は、

 何言っているんだ。赤ちゃんはみな、ポコちゃんのようなおにぎりのような顔をしているんだよ。

といいましたら、長女は、「いや、たしかにジャニーズ系の顔しているんだよ」と言って、ケータイメールを見せてくれました。そこにはAちゃんからのケータイメールに添付されている写真がありました。

 お、びっくりです。本当にそこには生まれて50日しか経っていないのに、目のぱっちりした「ジャニーズ系」と言ってもいい、素敵な美男の顔をした赤ちゃんの顔があります。もう大変な驚きです。
 そのAさんは、もうすぐ東京に来るそうです。彼女の実家と、彼の実家に、この赤ちゃんを見せにくるのです。そのときに、長女の家にも寄るということです。私もぜひ彼女とこのジャニーズ系の顔をしたE君に会います。

 でも私は、ポコちゃんを抱いて言っていました。

 な、別にジャニーズ系になんか負けないものな。ジャニーズより、おにぎりっ子のほうが可愛いよ。会って、負けていないことを示してやろうよ。

 ね、負けないものね。

続きを読む

c072ec36.jpg 今朝はいい空を見ています。こういう天気はとても嬉しい気持になります。
 17日に書きましたスリングのことですが、私は昨日自分のブログに次のように書きました。「赤かちゃんは、お母さんの胎内にもう入っていられないから、外の世界に出たのですから、このスリングの中だと、すやすや眠って泣かないと言っても、いつまでもそこにいるわけにはいきません。そのうちに、そこからも出ないとならないのだとは思っています。」このことは、私たち人間にとって大事なことだなあ、と思っています。私たちもみな母親の胎内からは出てきたのですから。
 でもスリング内で眠っている私の孫の姿を見るのはとても嬉しい愉しい気持になります。(2/19)
続きを読む

8f795230.jpg 私の長女がスリングというもので、自分の赤ちゃんを包んで自分の胸に抱いて連れてきました。もう自分の母親の身体の音を聞きながら、私の孫はよく眠っています。義母はそのひ孫の顔を見て「可愛い」と言っていました。誰も、あのような姿で、お母さんの胎内で眠っていたわけなんですね。このように赤ちゃんのためにいいものを考案して作られる方に私は大変に敬意を抱き感激しています。(2/17)
続きを読む

16ac5b58.jpg

 きょうはとうとう大晦日です。でも長女おはぎのお腹は変化なしです。今おはぎは元気に私たちのところへ来てくれて、それからまた出かけました。ちょっと遠くまで電車の乗っていくので心配なのですが、「パパがついて行くよ」なんていおうものなら大変なのです。でもああして元気なのはいいです。
 もう一月生まれの初孫でいいです。元旦生まれが良かったけれど、もう元旦でなくてもいいです。とくにかく丈夫で元気な子ならいいです。

 ここの画像は、長女おはぎが描いているものです。でもまだ完成品ではありません。自分のお腹のなかの子どもを描いています。その絵の中に、これから赤ちゃんのお父さんも描くようです。「あの、おじいちゃんもここの入れて描いてくれよ」なんていおうものなら、また私は大きく拒絶されそうです。
 元気な可愛い男の子を待っています。待ち焦がれています。

f699bf4e.jpg

 27日に私は水天宮に行きました。ここにある二つの写真が水天宮です。秋葉原のヨドバシカメラで買い物をして、そのあと人形町から水天宮に行きました。
 実は私は水天宮の境内に入るのは始めてのことでした。

 私の長女おはぎの子どもは、25日の出生の予定なのですが、まだ生まれてきてくれません。私は気が気ではありません。でもおはぎも彼も、けっこう美術展行ったり、コンサートいったりしています。あんなに大きなお腹なのに、きのうは私のこの家をよく大掃除してくれました。 実は、この26日は彼のご両親も来てくれていました。みんな心配なのです。
 だから私は、この日水天宮に行きまして、「健康で元気な子どもなことは判っていますが、でもなるべくもう生まれてきてほしいのです」という願い事をしに行ったのです。きっと水天宮なら私の願いをかなえてくれるでしょう。

06122709 そんな思いを神様の前で述べました。すぐ私の後に、小さな赤かちゃんを抱いた女性が続いていました。たぶん、丈夫な赤かちゃんを授かったお礼なのでしょう。

 ああ、早く孫をこの手に抱きたいです。もう昨日はお酒を絶ちました。

 でももう29日ですよ。神様お願いしますよ。

↑このページのトップヘ