12033105 私の2012年3月27日のポメラの2目森一喜さんが以下のコメントをくれていました。

1. Posted by 目森一喜   2012年03月27日 17:52
 朝の通勤電車の中で日経新聞を読んでいる男性がいました。後頭部にペラペラあたって迷惑でした。朝のラッシュの中で新聞を広げる非常識さはさすがに紙の新聞を読む人らしいと感心しました。この人が日経読んでも何にもならないのは明々白々だとも思いました。
 いくらダメな日経でも、ちゃんと理解できれば、タブレットなり何なりで情報を取得して行くのが当然なのだとわかるはずなのに、ダメさをさらしている人を見るのは嫌なものです。

 私は電車の中で新聞を広げたのは、25年以上前に東京スポーツを毎日広げていました。でも私はあの頃は、国際プロレスの熱烈なファンで、ラッシャー木村のファンでしたから、どうにもどこの飲み屋でも話が合わなかったものです。
 今はガラパゴスを広げて、日経新聞は読むのですが(家には日経の紙の新聞が配送されます)、でもサ、日経って、馬鹿が読む新聞(あ、だから私は当然その馬鹿です)としかおもえないのだよなあ。キリンビールとサントリーが合併という一面TOPの見出しで、私は双方の株主を真剣に考えたものでした。でもあれはどうなったの?
 それと、住友金属と三菱重工の合併のニュースも、一面に載っていましたが、もうそのときには、前のキリンとサントリーのことがあったから、もはや信用しませんでした。

 大昔NIFTYの本社に私の親友の掘雅弘さんと行ったことがあります。記者会見と懇親会があったのです。私も「取材」と称していました。読売、朝日新聞等が一番前にいます。でもなんといいましても、日経新聞グループはたくさんの新聞が来ていまして、朝日新聞の記者の質問には、失笑が漏れます(だって、たしかに朝日新聞は産経新聞と同様に、阿呆なのです)。
 そのあと懇親会になって、そのときには、みなビール飲んで、ただ飲み食いしている中、堀雅裕さんがビールを飲みながら、カメラも構えて、NIFTYの社長にいっぱい質問していました。それがまたちゃんと彼の新聞には載るのです。このときでないと四流、五流紙は質問なんかできないのですよ。
 思い出せば、私もどうでもいい質問をしていたものですね。社長はパソコンをどう使っているのか、という質問ですね。それで、実はNIFTYの社長は、そのときは少し頭を書きながら、ワープロを使っていることでした(これはパソコン通信時代だから、ワープロだっていいのですが、私は実に驚いたものでした)。

 でもそんな時代も遠くに行きましたね。まあ、今でも日経新聞はくだらなく面白いですよ。