将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:酒呑童子

酒呑童子 (日本の物語絵本)
酒呑童子 (日本の物語絵本)
クチコミを見る

書 名 酒呑童子
文   川村たかし
絵   石倉欣二
発行所 ポプラ社
定 価 1,200円+税
発行日 2003年9月第1刷
読了日 2009年4月10日

 大江山の酒呑童子を退治したのは、源頼光以下4人の豪傑で、全部で5人だと思っていましたが、この絵本では6人になっています。その頼光以外の5人とは、

 三百人力と うわさもたかい 渡辺綱。
 鳥や動物のことばがわかる、坂田公時。
 水がへいきの、藤原保昌
 火をつかう、碓氷貞光。
 うらないの名人、卜部季武。

 最後の解説によると、この中の藤原保昌は、『御伽草子』でのみ加わっているようです。
 また鬼のほうでも、酒呑童子のほかに茨木童子、石熊童子、黒金童子といたようです。
 思えば、大切な物語なのですね。

09040901金太郎 (新・講談社の絵本)
クチコミを見る

書 名 金太郎
画   米内穂豊
発行所 講談社
定 価 1,500円+税
発行日 2002年2月20日第1刷発行
読了日 2009年4月9日

 図書館で、つい「あ、ポコ汰に読んであげたいな」という気持で手にとりました絵本です。
 最初に南伸房さんが「金太郎は教育上に良い」という文を書かれています。もう私もまったく同じ意見です。読んでいて、実に嬉しかったです。
 金太郎とともに、大江山の鬼の酒呑童子を退治したのは、坂田金時の金太郎をはじめ、次の4人です。源頼光、渡辺綱、碓氷貞光(うすいさだみつ)、卜部季武(うらべすえたけ)。(こうして書いたのは、あとで忘れたときのためです。忘れたらインターネット検索すれば、私のここが出てくるのです)
 金太郎のことは、またポコ汰にも話そう。それと実は鬼の側の酒呑童子にも実は、もっと者語がありそうですが、それはまた別に読んでいきます。思えば、源頼光と渡辺綱には、他にも物語があるのだろうが、碓氷貞光と卜部季武は私は何も知らないですね。

↑このページのトップヘ