11102104 正確に書きますと、「肝臓に良いだろうと私が勝手に思っていること」と書くべきなんでしょうね。
 私がときどきやっていることです。それは、どうしてもその日に飲まなければいけないことがあって、しかもそれは大事な会で、「あまり酔うわけにはいかない」という場合です。
 そうしたときには、私はそこへ行く前に、まずワンカップか何かで酒を飲んでしまうのです。つまりその飲み会に「ほろ良い状態」で参加するということです。
 こうすると、もう胃腸がその酒のおかげで動き出していますから、飲み会での酒も、とにかく消化器でちゃんと消化してくれるし、かついわば「消化器で考える」というような姿勢になれるものです。
 ただし、その飲み会の会場に入る前に、どこかの酒屋の自動販売機で、まわりを気にしながら、一気にワンカップを空けている私の姿は、少しおかしいだろうな。