この本のあとがきで著者が次のように言っています。

  最後になりましたが、私が書いた『ぼくはノウサギのクック』をみ
 ごとに翻訳して、すばらしい本に仕上げてくださった蒲原ユミ子先生
 に厚く御礼申し上げます

 どうやら、この本を書き上げたのは蒲原ユミ子さんのようです。

11010208書 名 野うさぎクックは宝もの
著 者 野紫木洋
発行所 汐文社
1997年4月初版第1刷発行

 小学校4年生の優紀はいま学校へ行っていません。学校へ行こうとする朝になると、熱が出て頭が痛くなります。典型的な不登校の子どもの症状ですね。お父さんとお母さんは二人とも教員で、実に忙しいようです。この二人はとても物分かりのいい父母です。そして優紀のおじいちゃん、優紀のお父さんの父親も一緒に住んでいます。このおじいちゃんがかなりな存在感があります。本当は優しいのだけれど、優紀に言う言葉はぶっきらぼうです。いや孫の優紀にだけではなく、息子にも嫁にもいいたいことをずばずば言います。 思えば、こんなおじいちゃんっていたものだよなと思います。あとで出てくるヒゲ先生というお親父もそうなのですが、昔の町にはこんなお年寄りが必ずいたものでした。自分の孫だろうが、近所の子どもだろうが、誰だろうが、うるさく意見を言います。言われた子どもたちは、「うるせえな!」なんていいながらも、そこで何かを学んでいたような気がします。あるいは意見はいわないけれど、ただ頑固に一つのことをやり遂げている偏屈な親父がいたものでした。これまた、私たちは「へんな親父だな」と思いながらも、心の奥底ではなんだか親しみを感じていたものでした。
 こんなお年寄り、親父たちは今いったいどうしちゃったんだろうななんて思います。思えば、私の父もこんな存在でした。近所の男の子たちには怖い存在だったでしょう。それでもたぶん、怖いけれど実は頼もしい存在だったんじゃないかな。そんな親父たちがいなくなったのではなく、私たちこそが、またそんな存在になるべきなのかもしれません。

 ある日、このおじいちゃんが、「なんとなく優紀に似ていたもんで、思わず拾ってしまったよ」と野うさぎの子どもを拾ってきます。優紀は野うさぎなんかに興味はありません。学校にだって、うさぎなんてたくさんいるんです。でもだんだんこの野うさぎのことが好きになってきます。優紀はクックという名前をつけます
 私の兄と弟の奥さんの実家でうさぎを飼っていて、それがだんだん増えてしまい、実家のほうの小学校だけではなく、私の弟どころか私の子どもたちの学校にまで、そのうさぎを持っていきました。よく私の子どもたちと、「あれが双子ちゃんからのうさぎだよ(兄と弟の奥さんは姉妹であり、さらにその妹がいて、その子どもが双子でして、ここの家でたくさんのうさぎになってしまった)」と、学校に見に行ったものでした。自宅でうさぎを飼えないうちの子どもたちはいつまでも見ていたものでした。
 私の子どもたちと同じように、優紀のところへ学校の同級生たちがクックに会いにやってきます。そこで優紀といろいろなトラブルが起きてきます。優紀は同級生と初めて喧嘩もしてしまいます。でもこの喧嘩をおじいちゃんは「たまにはけんかするのも、男の子らしくてよかろう」としかいいません。どうやら優紀には友だちがはじめてできるのかもしれません。
 でも野性の野うさぎをこのままにしておいたのでは、もうクックは自然に戻れないどころか、死んでしまうかもしれません。それに元気になった優紀が二学期から学校に通うようになると、クックの世話をすることができません。それで優紀は悩んだあげく、ヒゲ先生という風変わりな親父さんに、クックのことを相談に行きます。ヒゲ先生は自然や野性の動植物のことが詳しいのです。

 こんな優紀って、いい環境だなと思います。回りにいろいろな人がいて、それぞれがいわばおせっかいなほど関係してきます。これはいいなと私は思います。父親や母親も、いろいろと優紀のことを考えているようです。でも優紀にこうしろというような態度は誰もとりません。
 私は教育というのは、人と人とが出会うときに、互いに影響しあうその動きのことだと思っています。優紀はクックを飼うことによって、いろいろなことを学びました、いろいろな人と知り合い、その人の思いを知りました。優紀のやることも、回りの人に大きな影響をあたえているのです。お父さんも少しは仕事人間から、抜け出せるかもしれません。お母さんだって。

 なんだか読んでいて、とても素直な気持になれます。自然を守ろうとか、環境破壊は良くないとか、声高に叫ぶのではなく、こうして野うさぎと出会うことによって、ある少年とその回りの子どもたちや大人たちが、何か少しでも変われたかに思えるのはいいなあ、と感じてしまうのです。
 もっともっと、こんな物語を読んでみたいなと思っています。(1997.05.17)