将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:野ばら

13053008 この「野ばら」は、ゲーテの詩に、シューベルトやウェルナーが曲をつけたものです。日本語の訳詩は近藤朔風です。

童(わらべ)は見たり
野中の ばら
清らに咲ける
その色 愛(め)でつ
飽(あ)かず ながむ
紅(くれない)におう
野中の ばら

手折(たお)りて行(ゆ)かん
野中のばら
手折らば手折れ
思い出ぐさに
君を刺さん
紅(くれない)におう
野中の ばら

童は折りぬ
野中の ばら
手折りてあわれ
清らの色香
永久(とわ)にあせぬ
紅(くれない)におう
野中の ばら

 それでもとの詩は以下の通りです。

レースライン アウフ デァ ハイデン
Roslein auf der Heiden,
ヴァール ゾー ユング ウント モルゲン シェーン
war so jung und morgen schon,
リーフ エァ シュネル エス ナー ツー ゼィーン
lief er schnell, es nah zu seh’n,
ザース ミット フィーレン フロイデン
sah's mit vielen Freuden.
レースライン レースライン レースライン ロート
Roslein, Roslein, Roslein rot,
レースライン アウフ デァ ハイデン
Roslein auf der Heiden.
   
クナーベ シュプラッハ イヒ ブレッヒェ ディヒ
Knabe sprach: ich breche dich, 
レースライン アウフ デァ ハイデン
Roslein auf der Heiden!
レースライン シュプラッハ イヒ シュテッヒェ ディヒ
Roslein sprach: ich steche dich,
ダス ドゥー エィーヴィヒ デンクスト アン ミッヒ13053103
das du ewig denkst an mich,
ウント イッヒ ヴィルス ニヒト ライデン
und ich will's nicht leiden.
レースライン レースライン レースライン ロート
Roslein, Roslein, Roslein rot,
レースライン アウフ デァ ハイデン
Roslein auf der Heiden.
   
ウント デァ ヴィルデ クナーベ ブラッハ
Und der wilde Knabe brach
ス レースライン アウフ デァ ハイデン
's Roslein auf der Heiden.
レースライン ヴェィールテ ズィヒ ウント シュタッハ
Roslein wehrte sich und stach,
ハルフ イーン ドホー カイン ヴェィ ウント アッハ
half ihn doch kein Weh und Ach,
ムゥスト エス エィーベン ライデン
must' es eben leiden.
レースライン レースライン レースライン ロート
Roslein, Roslein, Roslein rot,
レースライン アウフ デァ ハイデン
Roslein auf der Heiden.

 これを訳されたものが以下です。

    野ばら
少年が小さなばらを見つけた
野に咲く小さなばら
みずみずしく さわやかで美しかった
間近で見ようと駆け寄って
嬉しさいっぱいで見とれた
小さなバラ 小さなバラ 小さな赤いバラ
野に咲く小さなバラ

少年は言った 「お前を折るよ、
野に咲く小さなバラよ」
小さなバラは言った 「私はあなたを刺します
あなたが私のことをいつまでも忘れぬように
そして私は傷ついたりしないつもり」
小さなバラ 小さなバラ 小さな赤いバラ
野に咲く小さなバラ

それなのに乱暴な少年は折ってしまった、
野に咲く小さなバラ
小さなバラは自ら防ぎ、刺した
苦痛や嘆きも彼には通じず
それは折られてしまうとは
小さなバラ 小さなバラ 小さな赤いバラ
野に咲く小さなバラ

 以上は、
  http://homepage2.nifty.com/densho3362/music/nobarawerner.htm
   野ばら−ウェルナー

から引用したものです。
 私は以下に書いているのですが、

  ゲーテについてのある推理(1998.06.17)

13053104 この野ばら言われる女性は、フリーデリケ・ブリオンだと思っています。彼女は「ファウスト」でのフェウストが恋するグレートヒュンのことだと思っています(グレートヒュンとはゲーテの初恋の女性ですが、この「フェウスト」では本当はフリーデリケのことだと私は思います)。
 この野ばらの近藤朔風の訳詩のようにではなく、ゲーテは本当に、このフリーデリケを傷つけてしまったのです。だから彼はこのフリ−デリケに贖罪しているのがこの詩だと思うのですね。

13053006 この日はおはぎの家へ行ってから、私がばあばに言われたジュースを持ってくるのを忘れていたのに気がつかされて、また近くの販売機に買いに行きました。

2013/05/31 17:46今はおはぎの家にいます。もう3人の孫が面白いです。ポコ汰は一人で本を開いています。
 今教育テレビで「野ばら」の歌を聞いています。この詩は(作詞は)ゲーテとウェルナーの二つがあるのですね。あとで、調べてちゃんとUPします。
2013/05/31 17:59思えばもう18時なのですね。
2013/05/31 18:28今はガラパゴスのゲームをポコ汰がやっています。

 私が持つガラパゴスのゲームを私はまともに分かりません。私はゲームがさっぱり分からないのです。
 あ、やはり「野ばら」の詩はゲーテが書いたものです。作曲がシューベルトとウェルナーや他の人のがあるのでした。またこの詩も書いてみます。

11021406 この小川未明を思い出したときに、私には「人魚と赤い蝋燭」という言葉が浮かびました。でも私の記憶には何も浮かんできません。私が中2で文庫本で読んだものでした。でもやっぱりどうみても暗いお話ですね。なんでこんな暗い話が童話なのかなあ。(この話は正確には『赤い蝋燭と人魚』というお話です)。
 小川未明は1882年4月7日~1961年5月11日の生涯でした。ああ、私が生きていた時代にもご存命だったのだなあ、と思ったものです。
 この小川未明の何の童話を紹介しようかと思いました。どうにも私には暗い哀しい童話ばかりで嫌になってしまうのです。 その中でこの童話を思い出しました。

 大きな国と小さな国があり、その国境で大きな国の老兵と小さな国の青年の兵士がやがて仲良くなります。だがこの二つの国は戦争を始めてしまいます。小さな国の青年も戦争に参加するために行ってしまいました。残った大きな国の老兵はさびしい日々になってしまいます。
 こんな童話が大正12年に書かれているのに、なんであの戦争になってしまったのでしょうか。この小さな国は、わが日本であり、大きな国は中国かアメリカかもしれません。
 この二人のそばには野ばらが咲いているのです。でもでも最後に、この二人の国が戦争をしたのも、みな夢だったことが判るのです。
 ただし、日本が戦争をしてしまったのは、けっして夢ではありませんでした。(2010.02.10)

↑このページのトップヘ