2017032820 私はこのUPで、

彼の漢詩も好きで、今まで何度も詠ってきたものです。X12121402

と書いて、私のこのブログ内に私がUPした、乃木希典の漢詩をリンクするつもりでしたが、その時間がないままおはぎの家へ歩いて行きました。
私は乃木さんの詩を思い浮かべて、心の中で暗誦しながら歩いて行ったものです。

乃木希典「旅順をめぐる三つの詩」

でも私が書いていますはずの『乃木希典「詠富嶽」』は私の中で、七言絶句全体が浮かんできません。私はかなり焦りました。「こんなこことで、俺は乃木希典を好きだなんて言えるのか」と、
この「乃木希典『詠富嶽』」については、私は乃木希典「詠富嶽」のことで書いています。
それでここで改めて、乃木希典の四つの詩をここに書きます。

     金州城下作   乃木希典
山川草木轉荒涼  山川草木転(うたた)荒涼
十里風腥新戰場 十里風腥し新戦場
征馬不前人不語 征馬前まず人語らず
金州城外立斜陽 金州城外斜陽に立つ

    爾靈山   乃木希典
  爾靈山嶮豈攀難 爾霊山(にれいざん)は嶮なれども豈(あに)攀難(よじがた)からんや
  男子功名期克艱 男子の功名克艱を期す
  鐵血覆山山形改 鉄血山を覆いて山形改まる
  萬人齊仰爾靈山 万人斉しく仰ぐ爾霊山

凱旋      乃木希典
皇師百萬征強虜 皇師百万強虜を征す
野戰攻城屍作山 野戦攻城屍山を作す
愧我何顔看父老 愧ず我何の顔(かんばせ)ありて父老に看(ま)みえん
凱歌今日幾人還 凱歌今日幾人か還る

詠富嶽     乃木希典
崚曾富嶽聳千秋 崚曾(りょうそう)たる富岳 千秋に聳え
赫灼朝暉照八洲 赫灼(かくしゃく)たる朝暉 八洲を照す
休説區區風物美 説くを休めよ 区区風物の美を
地靈人傑是神州 地霊人傑 是れ神州

「乃木希典『金州城』」については、中国の郭沫若(私は「郭沫若『十批判書』」を書いています)は、「日本人の作った漢詩の中で最高のものである」と言っています。X12121403
   漢詩は韻を踏むということがあり、また平仄には「二四同じからず、二六同じ」という規則があるために、日本人には大変に作詞しがたいものです。夏目漱石の漢詩は中国人の詩のプロから見ても美しいもののようです。この乃木希典もまったく同じなのです。

続きを読む