11121601 昨日は、ちょうど午後2時頃に私の事務所に戻ろうとしていましたら、私の事務所にあるビルのすぐそばの「ジロー」の前で、「キツネ目の男」の宮崎学さんが、立って携帯電話をかけています。彼は私を見て、手をあげてくれます。私がそばへ行くと、携帯をはずして「少し待ってて」と言われました。
 思えば、「こんなことが前にもあったな」と思い出しました。
 たしか今年2月のことだと思いましたが、私は谷中の「浅野」というお店で飲んでいました。したたか飲んで、「さて帰るか」ということで、夜店通りを歩いて谷中銀座に入って、それで日暮里駅に向かいます。私はこの道を歩くのが好きなのです。それと、すぐ帰るわけではなく、「初音通り」でもう1軒飲む気でした。
 谷中銀座から日暮里駅へ向かう途中の階段をあがって歩いてすぐに、何故か私の耳に、宮崎さんの声が聞こえます。

  なんで、こんなところで宮崎さんの声が聞こえるんだ。酔って
  いるからかな?

なんて、思いながら、声の方に顔を向けると、あるビルの階段のところで、宮崎さんが携帯で話しながら、私に手をあげています。携帯をはずして、

  おーッ、ひさしぶり、飲んでいきなよ!

と声をかけてくれます。あ、そういえば、ここには「キツネ組」の基地ともいうべき飲み屋「檸檬」のところじゃないか。私もときどきは入るのですが、ちょっと広いお店で、一人で入る雰囲気ではないのです。だから、あんまりいかないので、存在も忘れて歩いていたわけです。
 宮崎さんは、「ハイ、お一人お客さんだよ!」とドアを開けて,また携帯に戻ります。
 入ると、あら不思儀、広い店内は、キツネ組関係者でいっぱいです。そこで飲み始めると、私のことをホームページで知った人が何人か挨拶してくれます。
 実は実は、この店に入って30分くらいで、もう記憶がありません。詩吟をやったかな(やったろうな)、軍歌も唄ったろうな。
 でもとにかく、宮崎さんとは、なんだかこんな出会いがあるのです。彼はいつも携帯電話をかけていて、私と目が会うと、右手をあげて笑顔で挨拶してくれます。
 それで昨日は、何をやっていたかといいますと、

  石原が石原新党を作るぜ。舛添、柿沢浩二、鳩山(弟)を入れ
  てやるぞ

ということで、それでの会合を、このジローで開いていたようです。ちょうど私のビルに事務所を持っているSさんとの関係で、ここでやったようです。
 そういえば、Sさんは素敵な女性ですね。前にはテレビでみるだけの方だったのですが、今はときどき挨拶する方になりました。ただ、いまけっこう石原慎太郎の「三国人発言」で微妙なところだから、Sというイニシャルのみで書きます。
 それにしても、石原慎太郎は、やはり国政がやりたいんだ。憲法改正がやりたいんだ。そしてやはり自民党のことも憎いのだろうな。だけど、結局は、都民を踏み台にしたのですね。私は宮崎さんに言いました。

  そもそも、銀行への外形標準課税のときにこそ反対するべきだっ
  たんですよ。

 5月3日の松戸自主夜間中学校の「憲法記念日の集い」でも、石原慎太郎への憎悪感をあらわにする発言が多かったのですが、同時に、「このままいくと、国会内での改憲勢力が3分の2を超えるから」「次回の選挙では、絶対護憲勢力に投票することが大切」というような発言が多く出てきました。
 まったく反吐がでます。石原慎太郎にも反吐が、同じく、「選挙へ行って」結果として「社民党や日共に投票して」という大馬鹿にも、もっと反吐がでます。銀行に対して石原のやったときには、拍手喝采したくせに、今度は日共に入れろというのかね。日共も社民もみな石原新税に賛成だったじゃないか。
 前に掲示板に書きましたが、また以下に引用します。

 「ナチが共産主義者を襲ったとき、自分はやや不安になった。け
  れども結局自分は共産主義者ではなかったので何もしなかった。
  それからナチは社会主義者を攻撃した。自分の不安はやや増大し
  た。けれども依然として自分は社会主義者ではなかった。そこで
  やはり何もしなかった。それから学校が、新聞が、ユダヤ人が、
  というふうに次々と攻撃の手が加わり、そのたびに自分の不安は
  増したが、なおも何事も行わなかった。さてそれからナチは教会
  を攻撃した。そうして自分はまさに教会の人間であった。そこで
  自分は何事かをした。しかしそのときにはすでに手遅れであった」
       (ナチスに対して果敢に抵抗したとされるルター教会牧師
        マルチン・ニメラーの戦後における告白。丸山真男「現代
        政治の思想と行動」より引用)

 このマルテン・ニメラーが収容所から出たときの、この告白をよくよく私たちは読み返す必要があると思います。
「都民の7割が支持」している? どうでもいいよ。国会内が改憲勢力ばかりになる? どうでもいいよ。ナチスだって、選挙で政権にちかずいたのじゃないか。大政翼賛会は90%の投票率を誇ったことがあるじゃないか。
 マルチン・ニメラーは、最初の最初、「共産主義者」や「ユダヤ人」が攻撃されるときに、「我々教会人が弾圧される勢力と連帯できていれば」という痛い程の反省なのです。 宮崎さんと会って、そんなことを思いました。