将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:鍼灸

14052101
 今も雨の音が聞こえています。昨日はばあばは毎週行っている鍼灸を休みました(もちろん早く連絡しましたが)。前日(6日)からの熱が収まらなかったからです。

2014/06/08 02:03もう1時30分に起きました。それからいくつかのことをやっていました。
2014/06/08 02:13こうして今東京テレビを見ています。もちろん消音です。隣の部屋ではばあばが眠っているのです。思えば私は昨日は20時30分に眠ってしまいました。
 ここに載せた画像ですが、これは柴崎コウさんです。「日経インテレッセ2014年6月号No.218」です。この女優さんは大好きです。木村拓也と競演したテレビ番組が良かったなあ。
 劇団ひとりが監督(彼は出演もしています)をやった『晴天の霹靂』の話がいいです。
2014/06/08 02:52どうしてもテレビを見て、その内容(今はNHKテレビで勝新太郎のことをやっています)に集中してしまいます。
 でもテレビも聴くということは大事なのですね。ほぼ聴くだけで画面はみません。でもときどき画面に目をやります。それは番組の内容で見るというよりもときどき画面を見ることをやるものなのですね。


 今は自分の部屋でツインバードで音を鳴らしています。少し前にゴミと資源を出しに行きました。

 またまた会社で徹夜の仕事です。今月は一体何回目かな。それでときどき仕事に飽きて、インターネットをのぞきます。

 昨日(27日)発売の

 雑誌名 男の隠れ家 1999年3月号
 発行  あいであ・らいふ
 1999年3月1日発行(1999年1月27日発売)
 定価  680円

に、私たち神田会の仲間が紹介されています。78、79ページです。石岩(しい・えん、私たちは「せきがん」と読んで、せき先生と呼んでいます)という鍼灸の先生です。「日中康復治療院」という治療院を、私の会社のすぐそばで開院しています。なかなか男前の素敵な先生です。そしてよく私たちと仲良く飲む友人でもあります。
11091104 年に2回くらい、料理のパーティを開きます。これが愉しいのですが、実は大変です。何しろ準備が半端じゃありません。大量に幾種類も作るのです。私はなるべく乾杯の少し前に行って、「俺も手伝ったよ」というふりをしようとするずるい考えなのですが、なにしろみな熱心に作っていて、いつもその乾杯が遅くなります。みな6時間くらい作っているんじゃないかな。そしてみんなで飲み食べるときは実に愉しいのです。毎回神田会の仲間やそのほかいろいろな人がきて、がやがやとやっています。
 しかし、なんといっても、やはりこの先生に治療してもらうと感動しますね。なんと私は花粉症が治ってしまったのですよ。そういえば、この「男の隠れ家」には同じ神田会の仲間が鍼を打たれている姿が写っています。「周の掲示板」にときどき書き込んでくれています「ぱらむさん」(佐々木雅治さん、「ぱらむ・ぱらむ・ぱらむ」というホームページをやっています)です。彼は痔が治ったと言います。
 でもとにかく石先生、今度の神田会でだけじゃなく、またべつにも飲みましょうよ。なんかゆっくり飲みたいな。(99/01/29 1:00:54)

11012806 先週ある方へのメールで書きました内容をここで披露しましょう。

 鍼灸って、競合が多すぎて大変だと思うのですね。どういう専門学校か判らないのですが、たぶん、鍼灸も整体のコースもあると思うのです。それで開業の場合は、整体とか柔道整復師は、お客は今の保険制度が使えますが、鍼灸院は使えませんよ。だからその分は鍼灸医は大変です。でも整体士だって大変ですよ。もう随分前から資格を取る人が多すぎて飽和状態なのだと思います。
 あの、ご自分の家の周りを見られるといいと思うんです。どんな街でも、魚屋でも肉屋でも、みな一つの地域には一軒だけというような仁義がありました。でも、この整体士とか鍼灸院とかついでに美容院というのは、そうした仁義がありません。平気で、やっている院のそばに新しい院ができてきます。
 私は前に書きましたように鍼灸の先生では二人の方と親しいのですが、柔道整復師の方とは3人の院のコンサルをしたことがあります。1つだけは、ものすごく繁盛しました。あと二つはまったく駄目でした。とくにその駄目な一軒は、「なぜこんなところに開店したの?」ということでした。地図を開いていけば、もうその院の周りにはいくつもの整骨院や鍼灸院がたくさんあるのです。基本的なマーケティングを何もしないで開業してしまったのです。こういう人の多いこと。
 大繁盛している院は、その院長が実は私より2歳下でしたが、赤軍派草創の頃の活動家で、その後広告代理店でサラリーマンもやっていまいして、実にお喋りなのです。昔赤軍だったことなんか、少しも隠しません。酒のみだし、いろんなことが話せるのです。みな保険が使えるので、どの医院に言っても同じみたいなものですが、彼のところは院長の話が面白いのです。もう医院は、おばあちゃんたちの笑い声が堪えません。若い女性も男性の院長の前で肌をさらすわけですが、この院長だと、もう安心してしまうのです。もちろん、おじいちゃんや若い男性にも、この院長は人気ものでした。
 もっと詳しく話せればいいのですが、要するに、いろいろと大事なことがあるんですよ。(メールの内容は以上です)

 私が通勤するときにも、このことを感じています。驚くことに、美容院や鍼灸院や整骨院は、同じ職種で、すぐそばに開業しているなんてのをよく見かけます。「さて、どのくらい保つかな」なんて思っていますが、早いところは1年でなくなってしまいます。この職種は飲み屋とは違うんです。少ない客をわざわざ分け合うのですから、当然経営的に苦しくなるのは当りまえなのです。
 とにかく最初の最初に必ずマーケット調査をするのは当りまえなのですが、そんなことは考えない人が多いことと、そうした指導をする人もいないようです。(2002.01.21)

51983157.JPG

 テレビで手賀沼を見ました。もう懐かしくてたまりませんでした。

2010/06/12 07:36今NHKで我孫子の手賀沼をやっています。手賀沼は実にいい湖です。思えば、私の次女ブルータスは我孫子生まれの子なのですね。
 我孫子はもう私の故郷です。
2010/06/12 11:26今薬局です。もう冷房が必要ですね。でも私の部屋は水が漏れるんだよなあ。さきほど少し掃除したところです。
 そういえば、私の妻はどこへ行ったのかなあ。もういつも判らないばかりです。

 妻は鍼灸に行っていました。夕方は長女の家に急いで行きまして、そこから義母の家族懇親会に急ぎました。あ、富田京子さんのところへも寄ったよ。でも彼女は留守でした。だから手紙を置いてきました。

09032909 今私の妻が花粉症の治療と足の治療で、それぞれ鍼灸と接骨院へ行っています。私は薬を飲んでいます。年齢を重ねるとどんどんいろいろなことがおきてしまいますね。
 写真は3月29日に長女宅で撮りました。4月から保育園に行くポニョのリックサックです。もちろん、こんなに大きいのは背負えませんが、これにいろんなものを入れるようです。あと上履き入れとかいくつもありました。もちろんポコ汰のも別にあります。(03/31)

4b400db4.JPGもう夏の暑さですね。いつも通る柳田公園の緑も、「夏だ!」と感じるようになりました。

   そういえば、午前中ある相談があったのですが、私は鍼灸の治療で返事が遅くなりましたが、ケータイと、このメールでどうやら良かったかな。

    今はこのインターネットの世界でも、そしてその中のブログの世界でも、人間が普通生活する約束ごとというのは、変化していないと思うのですね。インターネットだからと、別な人間のつきあい方や法律ができたわけではありません。礼儀はどこの世界でも大事なことです。このことはいつでも変わらないことです。そんなことを強く感じています。

↑このページのトップヘ