将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:長女

11051004 昨日6日に、帰ってきていた長女が「おばあちゃんのところへ行くよ。パパも行こう」といいます。それで二人で兄の家へ行きました。久しぶりの母は割と元気でした。兄嫁と姪の次男のれいちゃんもいました。れいちゃんはまだ4歳で可愛いんです。一緒に遊びます。そして母や兄嫁と、姪のみーねえや、うちの子どもたちの小さいときの話をします。
 みんな、私の父である我孫子おじいちゃんには、とても懐いていたのですが、それぞれの母方のおじいちゃんには、最初の最初はなかなか懐かなくて、泣いたりしていました。それはそれは、それぞれのおじいちゃんには辛かったことだろうと私は思うのです。ただ、うちの次女のブルータスはもうほんの小さいときから、王子のおじいちゃんにも懐いていました。それはブルータスは調子いい孫ですから、なんか必ずいいものを買ってくれるおじいちゃんをだまくらかすのが愉しかったのでしょう。
 私は、「パパも、あんなにみーねえやくにこのように、嫌われたり泣かれるおじいちゃんにはなりたくないな、きっと泣きたくなるし哀しくなるよ」と言っていました。
 あとで、長女のおはぎは、「パパは、まだ私たちが結婚もしていないのに、もう孫がどうなるかばかり考えているんだよ」と、私の妻と次女に呆れて言っていました。
 でもなあ、心配なんだよな。「もし孫に嫌われたらどうしよう」なんて、今から心配している私です

11010807 本日夜、自宅に帰るときに、「なんだパパか」と長女の顔に遭ってしまった。本日朝でかけるときに、普段なら私は我孫子駅まで自転車で行くのだが、長女が偶然出かけるときだったので「おい、不幸にして一緒に行くか」ということで、歩いて北柏まで行きました。いろいろなことを話して、そして愉しかったのです。我が家は、娘二人がいつもいつもいつも外泊ばかりで、我が家は、妻と私と二人で、寂しい限りなのです。
 それで、私は偶然遭った長女と帰る中、当然歌を唄います。娘は「ロイド眼鏡に燕尾服~」と歌い出し、私は当然唄いますが、またまた当然唄います。

  やっぱりさあ、ママは不幸なんだよなあ、『木枯らし寒く、夜は
  更けて月はさゆれど、身は悲し、坊やよい子だ、ねんねこしゃんせ
  ええ~』、これはさあ、いい歌なんだよ。

歩く距離があるから、娘と私は、ただただ歌います。
「しかしよう、やっぱりインターネットをやらなくちゃいけないよ」なんて言っているうちに家に着きます。そこで長女おはぎは、パソコンを開きます。PostPetを開くとそこには6通のメール。「またパパからなの?」「いや俺当人が出してないよ」(周はPetを8匹もっているから、次から次へと娘のところに来ることがあります)。それで、たくさんの昔の友人たちからのメールがあります。実は私が朝、長女の友人に「おはぎがアドレス持ちました。メールください」と、私の知る限りの長女の友人にメールしたら、その返事なのです。そしてみなけっこう長文のメールです。私はまた不満です。「俺には、みんな適当なメールなんだよな」(これはPostPetの話ですよ)、そして、「おい誰々だ?」と聞いても、私もかろうじて知っている大昔の友人たちです。やっぱりすごいですね。すぐに回状がまわるのだ。私も参加させてくれ!
 今も長女はその返事を打っています。「パパにも参加させてくれよ」と言っても、相手にされません。

49df082f.jpg

 結局このポメラはどこでも書けるからいいのですね。

2010/01/29 07:17蜘蛛業に毎朝UPしている(実際には主宰の目森一喜さんにメールします)のですが、いつもこの時間には終わっています。
2010/01/29 08:18「ウェルかめ」を見始めました。この主人公の書いた手紙が今読まれています。私もよく手紙を出しますが(昨日も出したものです)、こうして読んでいただいているのかなあ。手紙はメールとは大きく違います。いやメールほど便利ではないです。文面にURLやメールアドレスを書いてもそれをクリックしてもなにもなりません。文の内容で勝負しなければならないのです。
 このことは大事ですね。
2010/01/29 10:34今地下鉄に乗りました。新江古田までです。いえ、蜘蛛業にUPすることで、三国志のことを書いたのでしたが、UPする寸前に止めました。
 うーん、いろいろと思うことがあるのですね。考えちゃうな。最初は私は、張合邦(合におおざとへんの一字で、ちょうこう)のことを書くつもりでした。そして、司馬懿仲達のことも。でも何故か、諸葛孔明のことと曹操のことを少し書けただけです。いやいや、三国志に関わるいくつものことも書きたい思いでした。
 だから、これできょうはUPして、(家に帰ってから)そのあとまた書き続けます。「その2」「その3」と続けようかなあ。
2010/01/29 14:19今浜松町です。いえ、大江戸線で都庁前で乗り換えるのを忘れました。「グーグルの全貌」を読んでいたからです。困ったものですね。とにかく、急いで帰ります。いえ、いろいろなことがありますね。でも私には「グーグルの全貌」はよく内容が理解できたとはいえないのですね。グーグルって、私にとっては親しい存在のはずでしたが、今の私ではもうついていけないですね。自分にいささか呆れてしまいます。
 これから帰ってちゃんと反省しよう。
2010/01/29 14:30でもなあ、あんまり信用できない能力しか私にはないですからね。
 王子駅から、歩いて帰ってそれで考えましょう。
 明後日はブルータスに会えることが嬉しいです。ポコ汰のこととポニョのことをいっぱい喋ります。さてやっと王子に着きます。              
2010/01/29 17:53長女の家に来ました。でも今長女から電話があって、きょうはミツ君の実家に行くので、ここのは帰ってこないといいます。そうすると、私は何でここにいるのだ。だから帰ろう。
2010/01/29 19:16家でビール飲んでいます。孫に会えなくてつまらなかったのです。明日なら会えるかな。これで、食事が終わったらUPします。
 もっとなんとか、このポメラをもっとうまく使いたいなあ。手紙もけっこうこれで書いているから、これでいいのかなあ。ただし、今はやることが多くなった気がするなあ。

 きょうは新江古田へ行きました。そこでいろいろと打ち合わせました。

続きを読む

79288937.

 長女から、「くまさんほっとケーキ」を食べようとしているポコ汰の画像のケータイメールがきました。このケーキはミツパパが作ってくれたものです。
 だから私はすぐに、ここにあげた画像を送りました。
 でも私は最初のケータイメールは、画像を添付していませんでした。だからまたすぐに送りました。もうしょっちゅうこういうミスをやっています。

 この画像は、昨日来てくれたポコ汰がここのテレビを見るときに押すものにいっぱい付けてしまいました。それでまた喜んでいるじいじの私です。

4a68052e.jpg 朝やはり二人の孫の熱が下がりませんので、長女が二人を我が家に連れてきました。ポコ汰はどうしても、ママとは別れたくないのですが、仕方ありません。
 義母を午前10時に送り出してから、私の妻もいてくれて4人で過ごしました。
 でもそれから、5時30分に長女が来てくれるまででしたから、けっこう長時間大変でした。実は前日には、私が午前11時に保育園に迎えに行きました。このことは、2009年7月14日のポメラ に書いています。

 それで午後6時30分頃、長女と孫二人が帰るときに、私も自転車で送りました。私も持っていくものがあったのです。
 サミットストアの100円ショップで、バットとボールと、ボール3個を買っていました。それを長女宅の3Fへ持って行きました。3Fでポコ汰と一緒に居ると、もうたくさんのおもちゃがあります。
 私が、「じゃ、王子ばあばが一人で可哀想だから、じいじは帰るよ」というと、「じいじはずっといなさい」といいます。「だって、ばあばが可哀想でしょう!」なんて言っても、「ばあばはいいの!」なんて言っています。でもそのうちに、ポニョもおはぎも3Fにあがってきて、楽しく過ごします。
 でもそのうちやっと私は帰りました。「ポコ汰に、『じいじはずっといなさい』なんて言われた」なんていう言い訳を妻にはしていました。
 とにかく、二人の孫は可愛いばかりです。

続きを読む

e6797650.jpg

 よっしー は次のUP がありました。

5月15日金曜日の明け方午前2時30分の月。寒い。きのうまで暖かく動くと少し汗ばんだ。夕方にはにわか雨があり、雷鳴も轟いた。それから空気が入れ代わったように気温が下がった。午前2時過ぎに目覚め、天空を見上げると月は真南にあり、東に金星が光っていた。明日は天気が下り坂。

 私は今は東京北区に住んでいるので、少し違うかなあ。この15日には、昨日は保育園のお祭り でした。
 そして16日の朝には徳島から、義弟がやってきてくれました。
 きょうの朝は、長女が彼と二人の孫を連れてきてくれます。

続きを読む

68b88536.jpg この日の最終カウントは10,832歩でした。夕方から少し雨が振っていました。
 もうポコ汰の家に何を持っていこうかなあ、と思っていたら、家の外(私のいる部屋は外の声が聞こえます)で、ポコ汰の声がします。すぐに開けると、長女とポコ汰と長女の背にはポニョがいます。
 それから私は夕食の買物に王子駅前の東武へ行きました。それで帰ってくるときに、自転車に乗って急いでいる長女おはぎを見ました。後の荷台には、ポコ汰が乗っています。「あれっ、どこへ行くの?」といいますと、「またすぐに帰ってくる!」といいます。
 家に帰ると、ポニョが居ますが、どうしてもママとお兄ちゃんがいないので、二人を探します。それで、とうとう私が抱いて、外に出ますと、長女おはぎとポコ汰が帰ってきました。ポニョも大喜びです。
 あとで、3人が帰るときに、私も送りました。私はおはぎの荷物を持ちます。でもおはぎの後を走っていたのですが、ポコ汰が、「じいじはどうしたかな。大丈夫かなあ?」と心配したようです。もうそんな時になってしまったのですね。
続きを読む

cb9184b1.jpg 先月27日より義母は今月の6日までお泊まりしてもらいました。ただ帰ってきた日が、妻がいなかったので、少し混乱しましたが、私の長女も来てくれて、それがものすごく良かったでした。
 写真は5月3日に撮りました。この日妻の入院に持ってくれた方のお花を私が持って帰りまして、玄関に飾りました。妻が帰宅しから、もっと家のあちこちに、もっと綺麗に飾ってくれました。(05/08)

f56cb112.jpg 相変わらず義母は自分の父母も夫の死も判らないようで、昨日もその死のことに驚いていました。
 昨日、長女がこの連絡帳を見て、また同じ感想を言っています。「パパはいつも関係ないことばっかり書いているじゃないか」。だってね、そんなことしか私には書くことがないのですもの。
 写真は昨日ミツ君が買って来てくれたケーキです。ポコ汰も食べていました。私はまだこういうものが食べられません。これは赤羽のお菓子屋さんがたくさん並んでいるところにある店ですね。私はあそこへ行って、お菓子に集団で攻められる感じで気持悪くなった思いがあります。私はお菓子好きになりましたが(でもまだ口に入れられないけれど)、たくさんあるのには、駄目なのですね。(03/02)

fbb5ae9e.jpg 昨日義母がそちらでお風呂に入ったのですね。嬉しいです。
 写真は1月の私の妻の誕生日に、長女がくれた自作のカードです。これを開けると、長女の言葉と二人の孫の写真が写っています。「ええ、じいじのときはないのかなあ?」なんて思っている私です。この模様はポコ汰が描いたようです。(02/11)

f3bc6548.jpg

 わが家のおかあさん2008.09.30ナミちゃんから以下のコメントがありました。

1. Posted by なみんと    2008年09月30日 14:29
周さん〜お久しぶり。。
お義母様のことを皆さんで見守っていらっしゃるのですね。お義母様は御自分の家族のことをいつも思っているのですね。お優しい方だとおもいます。
周さんが・・みんなで助け合いましょうよ。。とおっしゃった様に私も同じように思います。

 いつもどうもありがとう。昨日は、9月8日に依頼していましたものが出来たという連絡が先週土曜日にありましたので、夕方池袋まで行ってきました。その帰りに、「千駄木『浅野』」で飲んできました。昨日の夕方は、妻が義母を迎えるので、私も自由になれるのです。
 なんだか、池袋もたくさんの人がいて、谷中もたくさんの人でした。
 義母はたしかに、自分の父、母、夫をいつも探しています。父と母はいつも夢に出てきているのでしょう。ただ現実に探されて、それを聞かれても困り果てます。28日には、自分の息子が、王子病院に入院していると思い込み、そこへ探しに行きまして、大変なことになりました。でもそんなとき、自分の存在の無力さを知らされるわけですが、それでもなんとか役にたてるのではないかと、必死になっている思いです。
 きょうは、妻がお休みしまして、義母を病院に連れていきます。なんだか、耳が聞こえづらくなっているので、それを直すのです(いえ、もう何度も行っているのです)。

   そして長女と二人の孫が来てくれます。そのことが、今ももう待ち遠しいです。

続きを読む

a6d20622.jpg 昨日朝からいくつものことをやっていました。買い物にも行きまして、また図書館にも行き、郵便局にも行きました。王子登記所である会社の謄本をとって、急いで帰るときに、「あ、パパだ」なんていう声がして、長女とポコ汰に会いました。二人は東十条の保健所に予防接種に行くということです。長女もポコ汰も大きな帽子をかぶっていました。でもベビカーに乗っていたポコ汰は私のことがすぐ判らなかったのかもしれません。まあ、突然路で出会ってもね、しかも自転車に乗っているじいじだかからね。私はそこでコンビニで用がありました。
 東十条までの長い道のりを歩いている長女おはぎの姿の頭だけが、路に並んでいる短い街路樹の上に見えているのをずっと見ていました。
 ポコ汰が笑顔を見せてくれなくて、ちょっぴり寂しかったじいじでした。
続きを読む

d6d5b5ec.jpg きのう義母のお休みの日、長女が孫をつれてきてくれていました。もうポコ汰はずっしりと重くなりました。だからもう義母は抱けません。でも義母の顔を見ると、すぐに寄って行ってしまいます。もう可愛いばかりです。
 写真は、今朝撮りましたこのマンションから見える光景です。いつも空の色が違っています。(01/31)

c6729101.jpg

 私が昨日「やっぱりパパは関係ないことばっかり書いている」と言う長女に、「でも『いつも写真つきのコメントありがとうございます』って書いてくれているでしょう」と私は得意になるのですが、全然娘は認めてくれません。
 写真は28日の王子区役所そばの通りの橋の上から撮りました音無川公園です。小さな公園ですが、私が昔から好きだったところです。(12/02)

176c1724.jpg 一昨日の日曜日午前中、妻が「教会に行く」と行って出かけました。父が所属していた王子教会です。でもそこからは1時間ほどで帰ってくると思っていたのですが、なかなか帰ってきません。長女がポコちゃんと一緒に来てくれたいたのですが、あまりにばばが帰ってこないので、長女とポコちゃんは家に帰りました。あまりに時間がかかるので、私はてっきり我孫子の自宅へ行ったのだと思いました。この日は前日に続いて我孫子の自宅へ行くと言っていたからです。
 でも何の連絡もなしに、行くなんて変だなと思っていました。それでもうてっきり我孫子へ行ったものだと思い込んでいましたら、午後3時半頃帰ってきました。赤羽に買い物に行っていたそうです。
 でも王子教会に行きまして、義父のことを思い出して、それでとても哀しくなって涙が出てきたので、家に帰るわけには行かなくなったようです。
 たしかに王子教会へ行くと、義父のことを思い出します。牧師さんとお話すればなおさらでしょう。もっと私が早くに気がついて、できたら一緒に歩いていけばよかったなあ、と思っています。そういうことが、すぐに気がつかない私なんですね。
 義父は信仰心のことは判りませんが、王子教会を大事にしていました。とても大事に思っていました。私なんか、信仰心なんて、少しもありませんから、その義父の気持の中身は理解できませんが、王子教会を大事に思っていた義父の気持を感じることができます。
 もっといっぱい話しておけばよかったなあ、という悔恨ばかりです。
続きを読む

c1d32c0b.jpg 昨日私の古い友人の会社へ仕事で行きまして、彼と彼のお母さんのことや奥さん、妹のことや、私の義母の話をしました。それで彼との話で、義母には手紙を送るのがいいのじゃないかと気がつきました。ただ私のようにパソコンで打つのでは、義母は親しみを覚えないでしょう。それで、私の長女と次女に「おばあちゃんに葉書を書いてみてよ」と頼もうと思いました。
 早速帰宅してから、長女には頼みに行きました。次女には、きょうその頼みをメールします。何にしても、義母に楽しい瞬間を味わってほしいのです。
 あ、彼のお母さんや妹さん、奥さんにも今度ぜひ会いにいきます。彼とは、69年1月に東大闘争安田講堂で戦い逮捕起訴されたときからの長いつき合いです。母親兄妹もみな親しくつき合ってきたものです。(10/16)
続きを読む

a94a5b14.jpg この一つ前の写真は、昨日夕方撮りました王子の家の玄関です。それで実は、この写真の花瓶の後ろに、小さな人形が並んでいます。これを大きくとりましたのが、ここの写真です。
 実はきのうの夕方6時すぎに帰ってくるときに、長女と会いました。長女も近くに買い物に行っていたところでした。それで、もう妻が帰っていることをいうと、7階まで上がってきました。
 それでしばらくして、帰るときに、ポコちゃんはいつもおはぎに抱かれています。それがこの玄関で、この小さな人形を手にとろうとするのです。これは大変なことです。今ポコちゃんは、6カ月と少しで、歯がはえるところです。それでなんだか、口がむずかゆいのかもしれません。とにかく、なんでも口に入れてしまいます。この小さな人形たちなんか、すぐに手にとって口にいれちゃいそうです。これは怖いことです。
 それで、私はポコちゃんの手が届かないように、ここの写真のように花瓶の後ろに、この子たちに移動してもらったのです。ここなら手が届きません。
 この小さな人形たちも、ポコちゃんは実に大きな生き物です。「前に出ると、あの子に食べられちゃうよ」と言って、後ろにいてもらっています。

f6d5b512.jpg 娘二人に手紙を書いていますが、今は長女に書きました。次女は我孫子の自宅から転送されてくる手紙を送るので、それに私がどうでもいいことを書いています。おそらく私が手紙を入れた翌々日にはついているでしょう。
 長女のほうは同じマンションですから、その郵便ポストに直接入れます。
 母にも手紙を書いていますが、もう母は読めないのだろうなと思っています。でも私はただ、手紙を書くしかないのです。
 私は今、孫が少し大きくなったら、手紙を書こうと思っています。でも字が読めるようになるのには、あと6年くらいかかるのかなあ。
続きを読む

c16395dd.jpg 昨日長女が「パパはいつも関係ないことばっかり書いているじゃないか。これはわが家の人も困っているよ」と言われました。たしかに私に関心のあることばかりを書いていて申し訳ありません。きょうは、7月並の暑さだということです。これからもっと暑くなってくるでしょうね。暑さにも苦手な義母が少し心配です。(6/16)
続きを読む

7b3f85ca.jpg 昨日の休みの日に私の長女が孫が部屋に連れてきていました。義母もとっても可愛いと思ったんじゃないかな。長女はmixiをやっていて、そこにこの孫のことを書いています。それを読むと、じじとしての私はもういつも涙を浮かべています。こうして記録が残っていくのはいいですね。(5/17)
続きを読む

11eadb1b.jpg もう義母はかなり記憶があいまいすぎるくらいになっています。でも仕方ないですね。私の初孫を抱いている長女を見ると、こんないい子にしてくれたのは義母と私の母だと思っています。
 それとでも、ちょっと私の長女も次女も私を注意したり、怒ったりしすぎですよ。でも長女が言っていました。「もし、ああ、もうパパには何を言っても駄目な人だとなったほうが嫌でしょう。まだ今のほうがましなのよ」。ああ、そうなのかなあ。(4/10)
続きを読む

f91f94e5.jpg 7日は初孫のお食い初めでした。その孫の母親、私の長女のお食い初めを思い出していました。何もかも時間が経ちましたが、そのときへの思いはいつまでも忘れないですね。(4/09)
続きを読む

2f699040.jpg きのう長女おはぎに怒られました。私は勝手にポコちゃんの写真をここに載せるのはいけないことだと気がつきました。
 私の孫ではあるわけですが、でもポコちゃんは、ちゃんとして一個の人間としてちゃんと存在しているのですから、私が勝手にやってはいけないことです。いや、私の孫であるからこそ、そうしたことをちゃんと厳格にやるべきです。
 思えば、私の孫の写真を見て喜ぶのは、私が自分で一人でやるべきで、こうしてインターネットという場でやるべきことではありませんでした。
 私はポコちゃんのじじとしておおいに反省します。申し訳ありませんでした。
続きを読む

5d275d7d.JPG私は何もできません。長女が食事も食べられないから、私が食べました。

 これは美味しいお食事です。いい産院です。

29b65016.jpg

 私の事務所の年賀状を置いてあります。ずっとパソコンで作ってきたのですが、ここの最初のページには現在に近い3年分を掲載しております。
 このページには、毎年元旦から15日までトップページからリンクしています。
 過去篇には1992年からすべて置いてあります。   (2005.01.01)

   http://shomon.net/work/snen.htm  駿河台経営研究所年賀状

 今は、ホームページのTOPページとブログ将門のサイドバーのTOPからリンクしています。
 ただ出す枚数は少なくなりました。もう年賀状をのものを出さないという会社や個人もありますね。思えば、もうみなメールでいいのかもしれません。
 ただ今年の干支の猪のカットは、私の長女が紙粘土で作ったものを撮影したものです。今後はいろいろなときに、こうして長女に作ってもらおうと思っています。いや、本日他の猪の置物を購入したのですが、長女の作った猪のほうが私には可愛いのですね。こんな感じの干支を作ってもらえばそれが12揃ったらうれしいことだと思っているのです。

続きを読む

f2a7729f.jpg 長女が書いてくれた義母の一族の家系図を見て何度も私が説明しています。でもまた忘れてしまうのは仕方ないのかな。いつも私のパソコンがつけっぱなしだと指摘されています。そのたびに説明しているのですがなかなか覚えてくれません。でもこのインターネット接続はスカイプも使っているから、常時接続しているのが大事なことなのです。(12/12)
続きを読む

f73e6340.jpg さきほど電話をもらいましたのは、義母を送ったあとでした。家に帰ると電話がなるので、出ましたら、私のケータイが通じないことを言っていただきました。ありがとうございます。でも私はエレベーターの中で、ずっと義母のことを考えてきました。
 私はいつも義母に手を振って送ります。車が角で曲がっていくところまで、ずっと手を振っています。それからいつもあわてて駆けて家まで戻ります。ときには、それから鞄を持って出かけることも多いからです。
 私はずっと、長女の作った一族の系図のことを考えていました。あれをもっと義母に判ってもらうのには、どうしたらいいのかなあ、というようなことをしきりに考えていました。(12/11)
続きを読む

f1a4aa3b.jpg きのうも長女が夜来てくれた。でも長女は私とはあまり話もしないで帰ってしまう。私は、「いいサ、お前が生む子はおじいちゃんに懐きすぎて、お前が焦るぞ」と思っている。そういえば、長女も私の母と義母にも懐いたが、一番おじいちゃんと接していたのではないかな。そんな時がもうすぐ来るのだ。早く名前を考えないかな。私の案はもうとっくの昔にあるのですが。
続きを読む

71593468.jpg

 きのう水曜日はお休みで、妻と私が一週間交替で家に一緒にいます。ずっと午前中から自分の母親のことを何度も聞いてきたのですが、午後5時をすぎると、自分の娘が帰ってこないと、そればかりを繰り返しています。そして玄関のドアを何度も開けて「何で帰ってこないんだ、またどこかへ行ったのか」と怒っています。それが午後6時ちょうどのころ、私が自分のクライアントのやっかいな問題で電話しているときで、もう義母が実に大変なときに、長女が来てくれました。長女は産休になったばかりなのです。

「おばあちゃん、ママはね……」という長女の声で、どうやら義母は落ち着きました。私では、もうどうにもならない事態でした。こうして、娘がそばにいてくれるのは、とても助かります。私もこの娘のお腹にいる私の孫のいいおじいちゃんいなります。(11/16)

続きを読む

06110901 そちらで元気な様子が判りまして嬉しいです。こちらの家ではどうしても眠ってすごしがちです。でも昨夜長女が来て(長女はお腹が大きい)、義母は長女を「大きくなったね」といい、長女は義母を「小さくなっちゃったね」と言って、二人で抱き合っていました。その二人をそばで見ている私こそ幸せです。(11/09)
続きを読む

0786214e.jpg 本日は、私も妻も大事な用がありまして、出かけます。それで、夕方5時には間に合わないかもしれませんので、私の長女が待っています。長女のお腹には私の孫がいます。義母はひいおばあちゃんになるわけです。(11/04)
続きを読む

03ae4f29.jpg これから暑くなりますね。義母はこれからつらい季節になります。でもまずは梅雨の季節ですね。
 同じマンションに、私たちの長女がいてくれますので、それがとても頼りです。「おばあちゃん!」と来てくれるとき、義母の笑顔が見られて、そのそばにいる私たちには嬉しいことです。(5/30)
続きを読む

↑このページのトップヘ