将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:降旗康男

14121335
題名 あ・うん
封切 1989年11月3日
監督 降旗康男
原作 向田邦子
製作会社 東宝
キャスト
 門倉修造  高倉健
水田たみ 富司純子
水田仙吉 板東英二
水田さと子 富田靖子
 まり奴   山口美江
門倉君子 宮本信子
石川義彦 真木蔵人
旅館の番頭 大滝秀治
見知らぬ男 三木のり平

 私はこの映画を最初どこで見たのかなあ、と思い出そうとしましたが、どうにも無理でした。テレビで見たのかもしれないなあ。14121338
 この映画で板東英二は第13回日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞、ブルーリボン賞で助演男優賞を受賞しました。ただ俳優としては私はそんなに好きになれない人です。
 以下少し「あらすじ」を書きましょう。時は昭和12年の春です。門倉修造は水田仙吉の親友と言っていい存在です。でも娘さと子は「だって、門倉さんはお母さんのこと好きだから」といいます。母たみはそれを否定しますが、実はそれを嬉しいとも思う気持をどうしようかと思うところなのです
 さと子は君子の紹介で帝大生・石川義彦と見合いをするが、断ります。だが石川は堀口大学訳「ヴエルレエヌ詩集」を渡します。いい詩集ですね。私も高校三年の4月に読んでいます。
 でもさと子は石川と付き合います。そして「修善寺」とメモを残していなくなります。そこへ仙吉とたみが出かけていくのです。
 ここの最初のポスターがこの修善寺温泉です。ここで三人が写っている橋が修善寺に架かっている橋です。私は何度かこの橋を渡りました。最後に行きました時は娘おはぎとブルータスとばあばでこの橋の上で写真を撮ったものです。「岡本綺堂『修善寺物語』」も思い出していました。
14121339
 門倉が嫌われるために、わざと仙吉に喧嘩を売りその時には嫌になるくらい私のほおにも涙があふれました。
 さと子は「みんな本当のことを言わないで生きている」「巷に雨の降るごとく」というと門倉は「わが心にも涙ふる」(みなヴエルレエヌの詩です)と答えます。
 仙吉がジャワ支店長として転勤することになり、門倉は最後の別れを言いに水田家を訪れます。仙吉は「入れるな」というのですが、このときはたみが中に入れます。この時だけはどうしてたみはあんなに積極的になれたのだろうか。何かを感じられたのだろうな。 そこに石川義彦が来ます。門倉はさと子に雪の中を去る義彦を追わせます。14121345
 でもいい映画です。私はいつものことですが、涙ばかりになりながら実にいっぱいのことを思い出していました。私はこれで富田靖子が大好きな女優になりました。
 そしてもちろん高倉健と富司純子のことが任侠映画を見ていた頃より好きになったのは、いうまでもありません。
14121342
この最後の画像ですが、実に富司純子さんが可愛くてとってもいいわけなのですが、インターネット上でいくら探しても、画像はこれしか手にはいらなかったのです。


12112312  私は映画を見るときは、いつもプログラムも手に入れるようにしています。これは45歳くらいの時からです。そしてそのプログラムを読みながら、この「周の映画演劇館」に私の見た感想を書くようにしています。
 私はこれを書き終わったときに、始めてその映画を見たと言えると思っています。これは本を読んだときに私は「雑読」と称して、もう随分多く書いているのですが、それよりもこの映画のほうが多く感じるものです。
 ただこの映画は、王子シネマで、このプログラムを求めたときに、「もうすべて売れきれました」と言われてものすごく落ち込んだものでした。
 だから、これは、私がインターネットの情報を見て私の記憶を思い出しながら書いたものなのです。

12112311題名  あなたへ
封切 2012年10月5日
監督 降旗康男
配給会社 東宝
上映時間 111分
キャスト
 倉島英二  高倉 健
 倉島洋子  田中裕子
 南原慎一  佐藤浩市
 田宮裕司  草  剛
 濱崎多恵子 余貴美子
 濱崎奈緒子 綾瀬はるか
 大浦卓也  三浦貴大
 大浦吾郎  大滝秀治
 塚本和夫  長塚京三
 塚本久美子 原田美枝子
 杉野輝夫  ビートたけし
       浅野忠信
       岡村隆史

 私はなんと言いましても、高倉健さんの映画はたくさん見てきました。健さんが、佐々木小次郎をやった「内田吐夢『宮本武蔵巌流島の決斗』」を見たのが最初で、そののちいくつの映画も見てきました。ついこのごろでは、「降旗康男『鉄道員(ぽっぽや)』」を見て、私はこの原作の「浅田次郎『鉄道員(ぽっぽや)』」もいいのですが、その原作にはない「故江利チエミ『テネシーワルツ』」の音楽が流れるところなんか、原作の浅田次郎さんも感激したのではと思いました。映画って、もっと総合芸術といってもいいようなものなのです。
12112308 その『鉄道員(ぽっぽや)』の時と同じ降旗康男が監督したのがこの作品なのです。

 この作品で出演する草剛、いいですね。彼が「演じられたのは健さんのおかげ」と感謝したのですが、それがよく分かります。この草剛が演ずる田宮裕司と一緒に車で旅をしている南原慎一ですが、これまた良かったです。彼の秘密は田宮裕司には分かっていないですが、倉島英二にはしっかり分かっていて、それを父親の大浦吾郎には言葉ではなく伝えるのです。
 その大浦吾郎の息子大浦卓也はもうすぐ濱崎奈緒子と結婚するのです。その奈緒子の母親が濱崎多恵子なのですが、その夫はもう海で漁のうちに亡くなったといわれ、もう多恵子も娘も娘のその通り思っているのですが、なにしろ遺体があがらないわけで、多恵子はまだ「ひょっとしたら」という思いもあります。
 倉島英二は富山刑務所の刑務官でした。そこで刑務所に慰問に訪れ歌を唄う洋子と知り合い結婚するのです。でも洋子は、そもそも慰問に訪れているのでなく、その刑務所にいる自分の恋人に会いに来ていたのです。
12112307 その恋人が亡くなって、そののち倉島英二は洋子と結婚します。そのあとこの二人が飲み屋で会話しているところなど、ただ私は見ていて嬉しかったものです。
 その洋子が亡くなったときに、遺言で英二は聞くのです。遺言信託というサービスからで、自分の遺骨を「故郷の海に散骨してください」ということとあともう一通は洋子の生まれ故郷の長崎県平戸市の郵便局にあと10日以内留め置きになっていというのです。
 それで、英二は、本当なら洋子と一緒に乗るはずだったダイニング付きワゴン車で長崎まで移動するのです。その移動の途中で杉野輝夫という元国語教師にも会います。彼は俳人種田山頭火が好きなのですが、どうしてか警察に捕まってしまうような詐欺師なのです。
 でも私は今でも、この杉野輝夫が悪いことをしようとしていたなんて少しも信じられないのです。

 やがて洋子の指定した故郷の平戸の海に着きます。だが最初は海が荒れています。漁師の大浦吾郎もいい顔をしません。南原慎一が薦めてくれたのです。
 でもやがて英二は分かるのです。この大浦吾郎の娘濱崎多恵子は、南原慎一の元の妻なのです。南原慎一の死を信じたくない多恵子は届けを出していないのです。
12112305 平戸で古い閉じた写真館に飾られた洋子の古い写真です。若いときの写真を見つめる英二に私はまた涙していました。英二は妻の散骨を済ませ、富山に戻ろうとします。
 でももう一度、英二は平12112306戸へ戻ろうとします。結婚するだろう濱崎奈緒子に父親南原慎一からの写真を届けるのです。

 なおこの映画作品を最後として、大滝秀治さんは亡くなられました。私の好きな俳優さんでした。合掌します。

12101706  私は見落としたテレビを見るにはで次のように書きました。

 やはり映画は本とは大きく異なります。テレビの番組の映像でも同じでしょう。

 このことを、『鉄道員(ぽっぽや)』で大きく感ずることができます。私はこの『鉄道員』を原作の小説では、

   浅田次郎『鉄道員(ぽっぽや)』

で書いています。以下のように書きました。

 電車の中で読んでいました。もう「鉄道員」に中の言葉に、どうても涙が出てきます

 映画は以下に書いています。

   降旗康男『鉄道員(ぽっぽや)』

 淋しく悲しい映画でした。原作を読むときと同じで、ただただ涙ばかりになります。12101707

 同じく涙を流すのですが、でも映画では原作の『鉄道員(ぽっぽや)』では存在しない江利チエミさんのことが見ている私たちにも伝わってきて、それがまた私たちの涙になるのです。

12071702 この映画はいつ見たのだろうと思い出そうとするのですが、皆目分からないのです。私のこのブログで見ますと、2001年の3月に本の『鉄道員(ぽっぽや)』を読んでいますね。読みながらどこでも涙を流していたものでした。そしてその自分の涙を流した顔をごまかずのにものすごく大変でした。その後はこの作家の本は人前では決して読まないようにしてきました。
 でもその本の『鉄道員(ぽっぽや)』を読んだあとに、この映画を見たものでした。もう映画でも私は涙ばかりになっていたものでした。
 今その映画のいくつものシーンが甦ります。12071701

題名  鉄道員(ぽっぽや)
封切 1999年6月5日
監督 降旗康男
原作 浅田次郎
音楽  国吉良一
配給会社 東映
キャスト
 佐藤乙松  高倉健
 佐藤静枝  大竹しのぶ
 佐藤雪子  広末涼子
 杉浦仙次  小林稔侍
 吉岡敏行  安藤政信
 杉浦秀男  吉岡秀隆
 加藤ムネ  奈良岡朋子
 吉岡肇   志村けん
 杉浦明子  田中好子
 川口    平田満
 集配人   板東英二

12071714 佐藤乙松は北海道の廃止寸前のローカル線「幌舞線」の終着駅の幌舞駅の駅長です。彼はもう妻静枝に二年前に先立たれて、でももっと前に娘の雪子のことも病気で失っています。もうこのことが分かると、もう見ている私たちは涙になるしかないのです。 彼は孤独な生活を送る中、ただこの駅に勤めるしかないのです。それがたくさんの雪の中でただただ厳しい雪と彼の孤独を感じます。もうこの終着駅もこの路線も廃止されるだけなのでしょう。
12071809 でも乙松が一人で幌舞駅の雪かきをしているときに、「忘れ物をした」という少女が現れます。それがこの物語の奇蹟の始まりだったのです。

 もう乙松には、妻も娘も失っているわけですから、もうこの駅とこのローカル線をただ守るしかないのです。だって彼は妻と娘の死にも立ち会わず、この駅のプラットホームにたち続けただけなのですから。きっと乙松はそんな自分に罰を与えるかのように、極寒のホームに立ち続けるだけなのです。 そこを訪れた少女は「今度一年生になるの!」という少女は時代遅れの人形を抱いています。「この町の子ではないな」と思うだけの乙松です。
12071715 この娘が乙松の亡くなった娘雪子なのです。そしてその雪子が乙松の前でだんだん大きく成長していきます。これは奇蹟の話なのですが、もう乙松も娘や妻のところに行く寸前なのでしょう。

1207171612071717 この映画の中で何度も「テネシーワルツ」が流れます。これは故江利チエミ(高倉健の元の夫人です)の代表曲です。この曲が流れるたびに、私たちは江利チエミを思い出しています。これは浅田次郎の原作にはない物語です。でも見ている私たちにはそれが充分に分かっています。「ああ、健さんも江利チエミを思い出すのだろうな」。乙松も亡き妻静枝を思い出しているのでしょう。
 そして乙松はまた亡くなった娘雪子を思い出すのですが、その雪子が目の前で次第に成長していくのです。
 そんなことはありえないのですが、これは奇蹟の話なのです。そして乙松は最後雪の中で亡くなっていくのです。

 淋しく悲しい映画でした。原作を読むときと同じで、ただただ涙ばかりになります。
 もうまたこの映画も見ることはあるのかな。当然またあるでしょうね。

↑このページのトップヘ