将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:雛人形

13021913 昨日の2013年2月19日のポメラに次のように書きましたが、

おひな祭りの雛霰をデジカメで撮りました。私はこうしたものは口に入れませんが、持って行きましたらポニョが喜んでくれるでしょう。

また雛祭のお菓子を見ています。どうしても目に入るのですね。

 この雛霰をここに載せました。昨日撮りましたものです。これを今日三匹のところへ持っていきます。ポニョが喜ぶかなあ。もちろん、他のお菓子も持っていきます。これはまだ食べられないのですね(3月3日以降なら食べられます)。
 それでまだ雛人形も出していないから、今日私も手伝って飾ります。それでお菓子もまた別に購入してきます。いつも私の姪のみーねえには買っていたので、またそれらのお店で購入してきます。
 じゅににはどうしようかなあ。それもまた考えよう。

13021817 いつもここで私の身体を診てもらっています。いえほぼ血圧を計ってもらうのと、先生と少しお話するだけです。そしてそのあと黎明薬局で薬をもらいます。
 この画像はその医院の玄関に置いてある雛人形です。
 毎回行きまして、ここに置いてある小さな人形にいつも慰められています。

  二つ言われました。足を少しあげて寝ること。これはやりました。普段も少し足をあげていること。これがどうするか課題ですね。

a12df413.jpg カーテンを引いて、部屋は夜になりました。
  こうして一人部屋もいいものですね。私は220日勾留されていたときの府中刑務所の独房を思い出します。あそこも快適でしたが、ここも快適に思えます。      赤羽のイトーヨーカドーで雛人形を見てきました。やっぱりじゅにに贈ったお雛人形のほうがものすごくいいです。お顔も着ている着物もいいです。
  バスの中で妻に、この雛人形の写真を見せました。やはりデジカメで撮っておいて良かったです。私はそこの一番上司と思える方に、許可を求めて写真を撮ったものでした。

f37fba34.jpg これから東京北社会保険病院です。今まで、長女家族5にんとでした。ブルータスのじゅにちゃんの雛人形を選びました。とってもいい人形です。喜ぶ顔が予想できて嬉しいです。さて、義母の顔に会います。

35c31d05.jpg

 明日は3月3日、桜田門外の変の日です。黒澤忠三郎、佐野竹之助、関鉄之介等の決起した人たちを思い出します。彼らの作った詩も忘れません。私もこの3人の詩は吟えますよ。

2010/03/02 07:22もう明日はひな祭りの日です。長女の家には雛人形が3Fに飾ってあります。義父が私の娘二人に買ってくれたものです。あ、思えば兄の家にも雛人形が飾ってあるのかなあ。男雛と女雛だけなのですが、いい人形です。私がみーねえがまだ小さいときに、銀座の「曙」で雛人形用のお寿司のお菓子を買って行ったら、みーねえが人形に「食べろ、食べろ!」と、そのお口にお菓子を押しつけて、今もお人形のお口がそれで汚れています。そのことを私の二人の娘にも教えたものでした。私の娘たちもうなずいていたものです。私の孫にもそのことを教えよう。
2010/03/02 07:37上のようにひなまつりを思い出したのは、「3月3日はひなまつり」と書いてあるA2版両面カラーの折込チラシが新聞に折り込まれていたからです。
 もうそんな日なんだと、このことを大きく考えたものです。
2010/03/02 08:04いつもこの「周のポメラ」は日付を入れたあと、いつも何を書くものか苦労しています。手ですぐに打てるわけですが、何を書くかは大変なのですね。そのことを真剣に考えて行こうと思います。
2010/03/02 09:50
2010/03/02 10:06上の日付けを入れたところで、義母の「わが家」からの電話がかかっていたものでした。
「ちい散歩」を見ています。いい番組ですね。いい俳優さんですね。そしていい番組です。今昔のヤクザ映画での彼も思い出しました。
2010/03/02 13:38今日本映画専門チャンネルで、原節子の「めし」を少しだけ見ました。相手役が上原謙なのですね。原節子さんはどうされているのかなあ。いつも北鎌倉を歩くと、いつも彼女のことを思い出しています。
2010/03/02 17:59今長女おはぎの家に着きました。歩いて来る途中に、「ちゃんとプロミングできるようにしようかな」なんて真剣に思いました。それと「吉川英治『三国志』」のことで、大事なことを思い浮かべていました。これは両方書かなくちゃいけないなあ。
 でもプログミングはどうやって勉強すればいいのかなあ。私はHTMLはどうやら6割くらいは理解できるのですが、プログラミングは0(ゼロ)ですね。
 いえ先ほど、私のブログのサイドバーのHTMLを変更していまして、でも私はとろいから非常に大変で、時間がかかります。そのときに思ったのです。毎日酒を飲んでいますが、2週間に1日は止めます。その日をきょうにするのなら、そこでHTMLの変更もいいのですが、いっそちゃんとプログラミングをやる最初にしたいなあ、なんて思ったものです。
 いや、三国志のことで、演義を考え、水滸伝を考え、西遊記で中島敦を思いだし、昔朝霞留置場でこの西遊記に関したことを、ある留置人に話したことを思いだし、そして金瓶梅を思い出していました。あれだけは面白くありません。でもそんなときに、「でもおまえはプログラムが書けないじゃないか」なんて思ってしまったのです。
2010/03/02 18:14あれまだポコ汰とポニョが帰って来ないな。
 きょうは寒いです。だから長女が心配です。いや二人の孫は元気ですよ。あ、迎えに行こう。

 それでこのあと歩いて迎に行きました。保育園の少し前の路で自転車に乗った3人に会いました。そのあとの、私のばあばからのパンを食べるので、一騒動がありました。
 上の原節子の『めし』のあと、高峰秀子の『浮雲』がありました。これまた私の大好きな女優さんです。

31918c52.jpg 今(6時20分)に外へ出たら、大変に空気が冷たいです。でもお天気はよくなりそうですね。でももうあちこちでは梅が咲いています。どこかへ見に行きたいなあという思いになります。
 写真は雛人形のお菓子のケースです。(02/21)

6a0e6f1c.jpg この3月で、我孫子の自宅をこちらに全面的に引越します。それでちょくちょく我孫子へ行くことになります。きょうもこれから行ってきます。
 写真は、3月1日午後5時30分頃の我孫子駅北口の「盛」という飲み屋にあった雛人形です。(03/03)

もりのひなまつり (こどものとも傑作集)
 この絵本については、ナミちゃん絵本「もりのひなまつり」 で知りました。

書 名 もりのひなまつり
著 者 こいでやすこ
発行所 福音館書店
定価  800円+税
発行日 1992年3月1日こどものとも発行
読了日 2008年2月27日

 私の家は男の子3人の兄弟でしたから、ひなまつりには縁がありませんでした。5月5日の人形は、何かがあって飾っていたのが子どものときの秋田でやっていたような記憶がかすかにありますが、もうその人形がその後どこに行ってしまったのかも覚えていません。
 でも私の兄には娘が生まれました。そして弟にも女の子、そして私にも女の子、全部で私の親族はみな女の子ばかり5人です。これが私にはとっても可愛いのです。
 私は姪のみーねえがもうちっちゃいときから、いつも銀座あけぼのへ行って、いくつかの雛人形のお菓子(これがお寿司だったり、お蕎麦だったりする素敵なお菓子です)を買って持って行っていました。みーねえはそれをお雛様が本当に食べるものだと思っていました。でも見ていても食べないので、ママが「見ていると食べないのよ」といいましたが、次の日も食べた様子がありません。
 ある日に行くと、男雛の口もとが少し汚れています。母に聞くと、「みーちゃんが、お雛様が食べていないからと、『食べなさい、食べなさい』と口に押し込んだ」というのです。私は、「みーちゃん、お雛様はお腹いっぱいのときのほうが多いんだよ。無理に『食べろ』って口に押し込んじゃいけないよ」と言ったものでした。
 それからも私は毎年あけぼののお菓子をいくつも買ってきました。私のところも娘でしたが、小さなお雛様のケースを置いて、これにもあけぼののお菓子を買ってきたものでした。でもそのうち、また違うところの雛人形のお菓子も手に入れて、それも雛人形の前に置くようにしていました。
 でももう何年雛人形も出していないことでしょうか。私の二人の娘もお嫁に行きましたし、第一雛人形がどこにあるのかなあ。我孫子の家のどこかで眠っているのだろうな。

 この絵本のお話は、お雛様人形たちが、その家の娘さんたちに開けられ飾られる前に、もりののねずみのこどもかいのためにもりのひなまつりに参加するお話です。でも、家の娘さんたちが人形を開けて並べる前に急いで帰って、汚れた着物や顔を直して、そして飾られるときには、もう綺麗なすまし顔になっています。

 きっと小さいときのみーねえも私の娘たちもしほちゃんとかなちゃんも、きっとこんなに活躍してしまっているお雛様たちを夢見ていたことでしょう。そしてそれは本当の出来事だったのかもしれません。

↑このページのトップヘ