将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:電話代

fe6eb4ae.jpg 昨日は夕方から夜孫を預かりました。ひ孫の笑顔を見て、義母も愉しかったはずです。
 私は昨日あるクライアントへ行きまして、スカイプを教えてきました。随分前に教えたのですが、でも使っていませんでした。でも中国や米国との毎日の電話代が実に莫大なもので、大変なので、教えて、私のここの事務所のパソコンとスカイプで実際に話せて、むしろ普通の電話や携帯よりも音質がいいのに驚いたはずです。20万円くらいの電話代が0円になるのですから。さらにテレビ電話になることも、Chatでメールのように使えることも教えなくちゃ。
 写真は30日に歩いた練馬区のある神社です。(05/31)

電話代、払いすぎていませんか? 10年後が見えるケータイ進化論 (アスキー新書)
書 名 電話代、払いすぎていませんか?
    10年後が見えるケータイ進化論
著 者 木暮祐一
発行所 アスキー新書
定 価 700円+税
発行日 2007年3月27日初版発行
読了日 2007年12月8日

 この著者は1967年の生まれです。ということは私が大学1年の年に生まれた方なんですね。
 私が初めて携帯電話を持ったのが1992年の5月最初です。もうそれから何台のケータイを機種変更してきたことでしょうか。
 思い出せば、最初の頃は、「なんて電話代がかるるんだろうな」と思っていたものですが、今は実にその電話代は気になならいようになりました。もうケータイメールでほとんどの用件は済むようになり、音声での通話は実に少なくなりました。無制限にどうでもいいお喋りをしているのは、スカイプだけになりました。その替わりケータイメールはもうもの凄い量を使うようになりました。インターネットのメールも使いますが、ケータイメールだといつでも使えるわけです。電車の中でも送受信できます。
 私は手紙もけっこう書くほうですが、手紙ではURLを記しても、そこをクリックするわけにはいきません。
 もうこれだけ多くの人が使っているのですから、もっと料金が安くならないものでしょうかね。日本は米国の約1,7倍、フランス・ドイツの2,6倍の電話料金になっています。
 もっと料金が安くなれば、もっと使えるものになると思うのですがね。

↑このページのトップヘ