2016113020
2016113003

13010801 私は周の漢詩入門「元田東野『芳山楠帯刀歌』」に以下のように書いています。

  私はこの作者の元田永孚(ながざね、東野は号)はあまり好きになれません。いくつも詩を作っているのですが、さすが朱子学者だけあって、真面目で正当な内容の詩ばかりで、私のような極端を好む過激派にはどうにも相容れないものを感じてしまいます。
例えば、元田東野には「中庸」という詩があり、男子は極端に走るのではなく、須らく中庸を択ぶべしという内容です。

その元田東野(もとだとうや)の『中庸』を以下紹介します。

中庸      元田東野
勇力男児斃勇力 勇力の男児は勇力に斃(たお)れ
文明才子酔文明 文明の才子は文明に酔う
勘君須択中庸去 君に勧む須らく中庸を択び去くべし
天下萬機歸一誠 天下の万機は一誠に帰す

腕力をほこるものは腕力によって身を亡ぼしてしまうものであり
文明にあこがれる才子は、文明に心酔するだけである
君にぜひ勧めたいことは、常に「中庸」を選んでほしい
天下のあらゆることはすべてただ一つの誠によるものである13010802

私はこの詩は大嫌いでした。「勧む須らく中庸を択び去くべし」という転句は声に出せなかったようです。
私のもともとの宗家荒國誠先生に私がこの詩を習ったのは、私が20歳の時でしょうか。東大闘争で保釈になり、次に芝浦工大事件で逮捕される間のことでした。おそらく荒先生はわざわざこの詩を詠うことを、私に言ってくれたのだと思います。
それから40数年が経ち、やっと荒國誠先生の気持が分かりました。
今荒先生の笑顔が見える気持です。

私はこの「中庸」ということを思い出したのは、ITスペシャリストが語る芸術釈迦、イエス、孔子、アリストテレス、古事記は皆、中庸を説くを読んだからです。

13010711
  お釈迦様もイエス・キリストも、誰にでも役に立つ簡単なことを教えたのに、学者や聖職者が、それを難しい上に、歪んだものにしたようである。2人が教えたことは同じで、それは中庸(仏教では中道)である。孔子やアリストテレスも、目指したのは中庸である。

私は今までこのことがただの少しも分かりませんでした。常に「中庸なんて格好悪いこと言えるかよ」なんていう思いでした。
今やっと分かった気持です。

続きを読む