将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:高梨由

fddc6f69.jpg

 この演劇を見て、少し気になったのが、大星圭子さんふんする山賊が、その名前がアマゾネスというのでしたが、これだと女性になってしまうのじゃないかなあ。
 アマゾンといいますと、ギリシア古代に出てくるトラキア地方今の黒海北岸にいた女性のみの戦に強い種族といわれます。トロイア戦争でもトロイ側について、ギリシア軍と戦います。
 ペンテシレイアというアマゾンの女王が、アキレウスに討たれています。アキレウスは殺してから、あまりに美しいアマゾンの女王の姿に、後悔したといいます。
 このアマゾン軍はまたヘラクレスともテーセウスとも戦っていますね。
 テーセウスが妻にしたアマゾン族でアンティオペーがいますね。この二人の子どもがヒッポリュトスで、エウリピデスの悲劇の名称になっています。

 だから、劇の途中で、「この山賊は本当は女だ」という話が出てくるのかなんて考えていました。
 またここに出てくる少女をいもむしにしてしまうブルータスという山賊の親分は、なんでブルータスという名前なんだろうなんて考えていました。ブルータスというのは、もちろん私の次女です。
 このブルータスのという名前(ハンドル名かなあ)は、みーねえがつけてくれたものです。これはユリウス・カエサルを殺したブルータスからとったものですが、でもでもこのブルータスも二人の人物がいるのですね。シェークスピアの「ジュリアス・ジーザー」で、カエサル=シーザーが「ブルータスお前もか」というブルータスは、実は、カエサルを殺したブルータスではなく、もう一人のブルータスだと言われています。もう面倒だよね。

続きを読む

2b240329.jpg

 昨日8月15日の「2人の微SHOW」の午後1時からのものを私は見てきました。
 高梨由さんの作・演出のものは以下のように見てきました。

   「夜明けの空に桜舞う」
   TRAPPER第12回公演『マヌカン』

   あ、でも私はこれだけしか見ていないのですね。でも思い出すと、池袋でも見た思い出が甦えるのですが、もうどこに書いてあるのかなあ。
 でも王子に住んでいるといいですね。東京内に出かけるのにとても便利です。ただお台場内のどこかに出かけるのは、少し面倒ですね。
 東京駅にはときどき八重洲ブックセンターへ行きますから、この書店の前を通って行きます。そして富士屋ホテルの先を左折します。
 すぐに「MAKOTOシアター銀座」は判りました。小さな演芸場です。

0908150409081503 今までも高梨由さんの作・演出のものは見てきました。でも私には、その見た作品は、実はよく判りませんでした。演劇の中身が、演劇の内容自体が私の頭では理解できないのでした。
 ただ昨日の作品は、私には一番理解できたように思います。
 とくに第3話の「最後のトモダチ」は私にはとっても好きになれた作品です。

 あ、以下にもらいましたチラシより書き抜きます。

       <プログラム>
   第1話「バースディプレゼント」
       作 さいほぼまさゆき
   第2話「ラストサンドク」
       作 さいほぼまさゆき
   第3話「最後のトモダチ」
       作 高梨由

         <出演>

   大星圭子 高梨由 小林千紗 and more
        <声の出演>
   大星圭子 高梨由 篠原明夫 さいほぼまさゆき

 <STAFF>  チラシデザイン 株式会社520号
         イラスト  田渕周平
         音響オペ  竹之内麻里
         録音    篠原明夫(シノハラステージング)
 <協力>    劇団TRAPPER(だてあずみ 西かおり 鷲田桃子)
         蠕織フイス
         喜田麻耶

 ここの写真は3枚とも会場を撮ったものです。

  このSHOWの案内ももらっていたのでしたが、広報が遅くなりました。昨日も19時から最初のSHOWが始まっていました。
 本日は、13時と18時からあります。

4443c26b.jpg2人の微(ぷっち)SHOW
(予測不能の90分生もの舞台!?)
日時 2009.8.14(金)19時〜
   2009.8.15(土)13時〜・18時〜
劇場 MAKOTOシアター銀座
   TEL03−3548−9007
   (銀座1丁目・京橋駅 徒歩3分)
チケット2,500円

出演:大星圭子 高梨由
脚本・構成:高梨由
脚本:さいくほまさあき
制作:劇団TRAPPER
お問い合せ:メールinfo@y-trapper.com  http://www.trap-per.com

 今回はぜひとも見に行きたいのですが、どうしても今は都合が判りません。なかなか時間をとるのが難しいのですね。

 この演劇の案内をもらっていたのでしたが、広報が遅くなりました。昨日の19時から最初の演劇が始まっていました。
 本日は、13時〜と18時からあります。

穴ぼこ
日時 2009.7.31(金)19時〜
   2009.8. 1(土)13時〜・18時〜
劇場 MAKOTOシアター銀座
   TEL03−3548−9007
   (銀座1丁目・京橋駅 徒歩3分)
チケット2,800円

2bfd858b.jpg出演:小堀裕之(2丁拳銃)
   あれきさんだーおりょう
   コッセこういち
作・演出:高梨由(TRAPPER)
協力:(株)よしもとスタッフ・マネジメント
   (株)よしもとクリエイテイブ・エージェンシー
   (株)ワタナベエンターテインメント
お問い合せ:ぴあ0570−02−9999
     (株)よしもとスタッフ・マネジメント03−3209−8051
     メールinfo@y-trapper.com  http://www.trap-per.com

337cb62f.jpg 26日には夕方5時前に出かけました。午後7時からある TRAPPER第12回公演『マヌカン』 には、少し早すぎるけれど、このイベントで、久しぶりに会う友人と、その娘さん(彼女がこのイベントで、制作演出しています)に、駒込の『パティスリー・トロンコーニ』で、ケーキとまた別なお菓子を購入していけばいいと思っていました。そして、そのあと駒込を元気に散歩しようと考えて09032603いたのです。
 いつもの通り、柳田公園を通りました。「あと少しで桜が咲くな」なんていう思いでした。でもでも、駒込から歩いていきましたら、この写真の通り定休日だったのです。あれ、これは大変なことです。どうしようかと実に焦りました。それで、駒込のもう一つの出口にある「アルプス」にも歩いたのですが、何故か私には見つからないのです。
 それで、これはもう赤坂の「しろたえ」で購入していこうと決めました。そのときには、それしか思いつきませんでした。
 09032604それで南北線で、永田町から赤坂見付まで歩きます。でもけっこう距離があります。でも、「これは周の散歩でもあるんだからいいや」という思いでしたが、でもやっぱり時間がかかります。

 実はこの「しろたえ」も少し探してしまいました。ということは前に購入したのは、数年前なのですね。ただし、やっぱりこのお店もたくさんのケーキを購入するお客さ09032605んでいっぱいでした。それで待ちまして、ケーキと私の友人用のお菓子を買いました。
 そして6時40分に丸の内線に乗りました。そして必死に会場に向かいます。新宿3丁目を降りて、会場の住所に行きます。でも、会場がない、判らないのです。それで焦ります。
 そのときに、私のケータイがなります。友人からのケ09032606ータイです。思えば、昨日は銀座で私は同じことをやっていたのですね。

 それでどうやら、会場のビルで並んでいる友人と会うことができました。そしてやがて、時間がかかりましたが、無事会場に入れました。

 また、この舞台での演劇については、また別に書いてまいります。

 

d851aaba.jpg

 私が「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」で、この公演に関してUPしましたが、このときに次の公演のチラシをもらいました。それがここの掲げた画像です。
 このチラシによりますと、以下の通りです。

BLUE SKY GRACE 蒼バァに冥福を・・・

07092702日程 2007年10月17日(水)19:00〜
          18日(木)19:00〜
          19日(金)19:00〜
          20日(土)14:00〜 19:00〜
          21日(日)17:00〜

会場 プーク人形劇場にて
   151-0053 渋谷区代々木2-12-3
        03-3379-0234 (新宿駅南口より徒歩5分)

作・演出:高梨由

 またこのときにも、私は行くつもりでおります。また近くなりましたら、キャスト等をUPいたします。そのチラシをスキャンして、ここに掲げました。07092407 

それからあと二つの画像は、先日24日の公演のときの最終のとき撮りました写真です。

07092408

681a0615.gif

 私はこの演劇の方たちを観劇したのは、これで2回目です。この前には今年の春の3月16日に「夜明けの空に桜舞う」を観ていました。
 そのときには、女性たちだけでなく、男性の出演者もいました。それで内容は、幕末の横浜での出来事だったのですが、フィクションとは言っても、江戸幕府の15代将軍になった慶喜が、まだ「水戸藩」と言われる側に居るというようなことで、展開されていました(慶喜は、たしかに水戸藩の出身だが、一橋家にいる時期じゃないかなあ)。でも、私から見ていると、「どうも幕末の歴史が判っていないんじゃないか、いや誤解しているなあ」ということが感じられ、私はそもそも水戸の天狗党派なのだと思っているところがあるために、フィクションにしても、水戸への誤解としてしか思えない内容には、実に不快でした。

 でも今回は、女性だけでの演劇です。でもやはり内容がどうしても解せなくて、なんとなく「面白くないなあ、それに長いよなあ」という思いが強かったのですが、私なんかは、もうすぐに出演者に情が移りますから、最後の頃は、演じている人たちになんだか涙が溢れそうになるくらいな思いになっていました。単純で、阿呆な私です。

 写真は、「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」に載せたパンフレットの裏面です。

 話は21世紀すぐ未来です。たしかあと10年か20年くらい先かな。人間は家庭で使えるいろいろなロボットを使っています。でもそのロボットは、すぐに新しい製品が登場するために、廃棄処分になります。その廃棄されたロボットたちが、自分たちで、その廃棄された場所(これは池袋のこの演劇の場のようです)で、自分たちで生活をしています。そこには、人間の少年がいます。彼を中心に、何人ものロボットは動いているのです。ただし、この少年も、自分をロボットだと思い込んでいます。だから、彼は眠るし、日の光を浴びることも必要です。彼はそうしたことがロボットたることだと思っています。
 でも彼の周りにいるロボットたちは、眠らないし、食事は必要ないのです。
 このロボットたちが住んでいる場所があらたに、新しい施設として改造されようとして、役所の人間たちがきます。それで、だんだんと真相が判ってきます。少年は、なかなか自分だけが人間であるということが理解できませんが、やがて、みんなロボットが眠るときが迫ります。
 そして、そのロボットたちがみな眠り、少年がここを出ていくとき、少年はまだ16歳ですが、やがて、この眠ってしまったロボットたちを、近い未来に眠りからさまそうと考えているというあたりで、この物語は終わります。

07092409 出演している女性たちは、とっても綺麗で、スタイルがよくて、でもそうしたそうした美形でない方(ごめん、言い方が悪くて)もよく演じていました。前回私が観劇した「夜明けの空に桜舞う」よりも、私には数倍良かったです。07092406
 このお芝居の最後のところで写真撮影が許可されました。だから、こうして載せました。

「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」へ

83d60d3b.jpg

 昨日、「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」を見に行きました。最終日でしたが、私はこの日しかいけなかったのです。
 我孫子の自宅を整理しに行きまして、そのあと、この池袋へ急ぎました。ただ、我孫子駅北口の「我孫子の和菓子福一」 で、和菓子をお土産に持っていきました。この福一の前にある 欧風菓子「メヌエット」 我孫子店 のケーキでもいいのですが、時間の関係でそんなに長い間私が持っているわけにはいきません。福一の和菓子も長く日持ちはしませんが、メヌエットよりは、時間は大丈夫です。ちょうど3人分持っていきました。

 池袋行きまして、会場の豊島区民センター文化ホールへ行きますと、制作演出の高梨由さんに会えました。
 そしてすぐに、友人の高梨けいさんご夫婦ともお会いできました。こうして会えるのは、前に「夜明けの空に桜舞う」のときにお会いして以来でした。
 会場に入ると、しばらくして目森一喜さんが来ました。

 それでお芝居の開始です。

 24日の「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」へ

 私の友人から、以下のイベントの知らせがありました。

「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」
 〜人間ってなんですか??〜 

07092301近い未来・・・人間よりも人間らしく生きたロボットたちと孤独な宙の物語。
家族とは、愛とは、そして人間とは・・。昨年大好評の同作が更にスケールアップ。
華やかにパワフルにそして切なく、多彩なエンターテイメント空間をお届けします。

会場:イーストステージ:いけぶくろ
    (豊島区民センター文化ホール)

 日程:9/22(土)〜24(月・祝)
 時間:22日、23日
    13:30開場14:00開演
    18:30開場19:00開演
    24日
    16:30開場17:00開演

作・演出:高梨由

 出演:MARU 斉藤啓子 保母かおり 鷲田桃子 桜花由美 中嶋藍子 大星圭子 小林千紗 都電三人娘(荒木智子・だてあずみ・西かおり) 野中美智子 森島里沙 斉藤由香子  工藤史子  救世忍者乱丸 ほか

 制作:吉本興業(株)
 料金:前売り 2500円 当日 2800円 問合せ:03-5217-6090

 このイベントの告知は、以下にあります。

 http://beauty.geocities.jp/trapper2007_girl/ TRAPPER HP

 この公園を作り、演出しているのが、高梨由さんです。

 私は、昨日は、この家の下水管工事がありまして、本日もどうしても無理なので、明日いくつもりでおります。

 昨日の「SO・LALALA〜僕の空には虹がある〜」 へ

c3b6b931.jpg

07031310

 

 

 

 

 

    この一つ前のUPに、パンフレットの写真も載せようと思っていましたが、画像を2つUPしたあと、どういうふうにさらに二つの画像をUPして、それを並べようかということが今の私にはできなくなりまして(前には簡単だったはずなんですが)、それで、ここでUPします。
 これはスキャナで撮りました。でもスキャナだとせっかくのパンフレットがあまり綺麗ではなくて残念です。

a6930e34.jpg

 さきほど私の友人から宅急便が届きました。「あ、ひさしぶりだなあ」と思いました。実はそのとき私はお風呂に入っていました。私は風呂に入る時間は実にまちまちです。
 そしてお米は、長女のところにも持っていきました。なにか用があると、私は孫のポコちゃんに会えます。
 その中にその友人の娘さんのやっています演劇にパンフが入っていました。前々からぜひ見に行きたいなと思っていましたので、今回は必ず行きます。
 3月14日から16日なので、16日なら、私は必ず行けます。時間は午後7時から。会場は京成線及び都電の町屋駅そばの、ムーブ町屋です。

 彼は私が大学5年のときに1年生で入学してきた大学の後輩です。以下に少し彼のことが書いてあります。

   高梨けいの作品

 思えば、彼の川越の御自宅にいきましたのが、私が35歳くらいのときかなあ。むつめ祭で飲んでいたら、な07031302ぜか彼の自宅へ行くことになりました。
 二日酔いの朝、まだ小さい娘さんが、私を起こして、「ちょっと上に冒険に行こうか?」と言って、私と手を繋いで、2階の部屋に昇りました。二人で「あ、不思儀だね。面白いね」なんて言っていたのを思い出します。
 その彼女が、今では、こうして高梨由として、演劇を仕切っているようです(あ、パンフには「作と演出」と名前がありました)。

 http://www.geocities.jp/trapper2006_com/  吉本興業ガールズユニット TRAPPER HP

 ファンサイトのshomon.net/は以下です。

 http://silver.dialog.jp/trapper/  虎と河童〜TRAPPER FAN SITE〜

 それにしても、こうしてお米をもらうのは嬉しいな。

「夜明けの空に桜舞う」の2 へ

続きを読む

↑このページのトップヘ