将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:10円まんじゅう

7d5fb532.jpg

 ちびたいやき「シーブリーズ」に、煉瓦さんから、以下のコメントをいただきました。

1. Posted by 煉瓦    2007年10月21日 18:14
 このブログへの投稿は初めてです。
スカイプで 時々 間違って発信してしまうそそっかし迷惑 おばさんです。(ここで、お詫び)
美味しそうな鯛焼きですね!!
わたしは きょう日曜日秋空に誘われて隣町までドライブしてきました。
初めて高速道路を一人で運転!すばらしい!自分に拍手です。
周さんご一家 お風邪を召しませんように!

2. Posted by 煉瓦    2007年10月21日 18:15
 なんでかなぁ?
書いた文章が反映されないなぁ?
お体に気をつけて!

 ありがとうございます。なかなかこうしてコメントを公開するのに時間がかかってごめんなさいね。
 実は、私のブログは、ものすごい数のスパムトラックバックが付くのです(スパムコメントもあります)。かなりな数が付きます。だから、私はすぐに公開しないで、以下のようにしています。

トラックバック受信後、いったん保存します。 管理ページにログインして切り替え操作をするとブログに反映されます。いたずらや連続投稿防止に役立つ機能です。

 だから、いつも少し時間がかかります。でもこうしないと大変なことになるのです。もう日々、毎日毎時間大変な闘いが続いています。こんなひどい奴ために、せっかく煉瓦さんのように書いてくれる方には、何の責任もないのですが、仕方ないです。無限に黙って続けるしかないのです。
 このたい焼きはね、一つ40円です。私はここに紹介したものでは「10円まんじゅう」もありますよ。ただし、まだ私はどれも食べていません。煉瓦さんが知っているように、私はただの酒飲みなのです。でも私は、もっと圧倒的に飲んでいるときにも、いろいろな女性に花を贈ったり、ケーキをお土産にしたりしていたものなのです。
 煉瓦さん、今度はいつ東京なのかなあ? またお会いして飲みましょうね(あ、煉瓦さんは飲まないけれど、そして私も、もうたいして飲めないけれど)。今度は、何か面白いものをもっていきますよ。私はあちこちで、いろんなものを手にいれて、いつも誰かにあげています。愉しいですよ。
 それとときどき、スカイプでありがとうございます。スカイプはもっと多くの方にやってほしいのですが、なんだか駄目ですね。アメリカ人や中国人は、もっと積極的に使っていますよ。電話代に莫大なお金を払うなんておかしいです。
 私の従兄で、娘が二人、北イタリアとオーストリアへお嫁に行った人がいるのですが、「電話代がかかって仕方ない」と言っていました。私はすぐに、「スカイプなら無料だよ」と教えましたが、でもね、そのことをちゃんと教えるのには、彼の自宅へ行って実際に教えないと、無理じゃないですか。それで、躊躇しますよ。彼の自宅は遠いですもの。
 でもやらないと駄目かなあ。私の昔の赤軍派関係の友人は、私と同じ59歳ですが、アルプスの山の上から、スカイプで電話してきます。「これはええね。何時間でもただやもんね」と言うのですが、誰も判って使ってほしいものですよね。
 あのね、スカイプは映像も見られるから、簡単なカメラ(5千円くらいかなあ)があると、便利ですよ。私の孫のあちらのおばあちゃん(私より1歳下かなあ)が、「あ、ポコちゃんの足が見える」なんて言っていますよ。
 どうもコメントしてもらってありがとう。あと30分くらいで、私のメルマガが配信されます。このごろ、ずっと毎月曜日の午前0時台の配信です。

続きを読む

e53ba29b.jpg

 11日に妻が帰宅すると、写真のまんじゅうをお土産に持ってきてくれて、長女宅へ届けました。これは1個10円だというのですね。
 妻は、会社で、Fさんからもらったのです。20個もらってきたのでした。

  http://www.10yen-manju.com/  元祖10円まんじゅう-和ふ庵(わふあん)、招福饅頭

 Fさんは、この日仕事で我孫子に行きまして、これを手に入れたようです。インターネットで見ますと、たしかに我孫子の手賀沼のそばに今年5月にオープンしたようです。

  http://www.10yen-manju.com/store/abiko.html    和ふ庵我孫子店

 これはいいですね。私は甘いものは、まだ食べられないのですが、とっても美味しいということでした。

 あ、それからFさんは、自宅は埼玉県の北部です。それで妻とは同じ会社ではありません。務めているところが私の柏にある妻の会社と同じビル内にあるのです。だから彼女は、毎日埼玉から柏まで通っているのです。これも愉しいお話です。

↑このページのトップヘ