201801220211032009 随分前になりますが、唐牛健太郎さんのお墓の除幕式に出席するために北海道函館へ行きました。津軽海峡が美しく見える高台にそのお墓はあり、奥さんの真喜子さんが、「放浪を続けてきた人の安息の場所がやっと出来ました」とおっしゃっていました。
その次の日、私は函館の友人の車でまたこのお墓に来て、ひとりで詩吟詠いました。西郷南州作「弔亡友月照」。唐牛さんの優しい笑顔思い出しました。60年安保全学連委員長の唐牛健太郎のことは、私は小学生でしたから知りません。私の知っているのは優しい笑顔の健太郎さんです。
前々日から飲み続けでしたが、その日も飲んで、真喜子さんたちと一緒の飛行機で帰ってきました。その晩は疲れていたので早く寝ました。夜中私は恐ろしい夢でうなされました。女房におこされて、でも恐ろしい夢の内容は黙っていました。
私が見たのは、二人の男が血だらけになり目から涙とも血ともいえるようなものを出しながら、相手の脳を食い合っている夢だったのです。……そうです、あれが日本の革命とやらの姿、ブンド(共産主義者同盟)と革共同(革命的共産主義者同盟)の姿なのです。
この日本の革命のことは、戦前のことも、そして戦後のことも検討総括しなければならないと思っています。とくに私自身もその中にいた戦後の60、70年代はいつかまともに総括しなければならないでしょう。
まずは私自身は小学6年生でしたから、テレビでくらいしか知らなかった60年安保とその中の何人かの当事者を、またその当事者が描いた本を紹介しましょう。

書 名 60年安保 センチメンタル・ジャーニー
著 者 西部邁
発行所 文藝春秋

私はこの著者と直接話したことあります。埼玉大学の先輩である小野田襄二のイベントで小野田さんの対談者として招かれ、そのあと一緒に飲みました。私は西部が、なにか自分のことを保守派のブレーンのことのようにいうが、それは西部の自民党への片思いであり、西部自身はやはり60年の左翼の最良の部分をひきづっているひとだと思っていました。この本がそうですからね。
ところが、まず私の前で他の評論家が「吉本なんて、あれはもう駄目だよ」なんていったのにうなずいているのです。私は当然「どうしてなんだ」とつめよります。私はしつこいんですね。いくらきいてもうまく答えてくれません。まあそのうちその場は収まったのですが、今度は私の方から挑発的に彼が東大を辞職した件で、中沢なんかの悪口を言い始めました。なんで西部が中沢なんかいいというのだ、と。西部怒って店飛び出して、二度と帰ってこなかった。 実はイベントのときも小野田との対話で急におこって会場でていってしまったのだけど、また戻ってきてくれました。だけど今度は駄目でしたね。なんだかそれだけの人なのかなという思いが残りました。

ともあれ、この本は彼の著作の中で一番いい作品だと思います。少なくとも私は、読んでて著者の視線に好意をもつことができます。
この本の中で大きな章で扱われているのは、唐牛健太郎、篠田邦雄、東原吉伸、島成郎、森田実、長崎浩の6人です。私は唐牛さんと島さんにはお会いしました。多分今後篠田さんと、長崎さんにもお会いする機会があるでしょう。森田さんはもう政治評論家だから、テレビの画像でしか見れないのかもしれない。でもみんな魅力にあふれた方たちですね。
若き彼らが、全学連主流派ならびにブント(共産主義者同盟)を率いてあれだけの闘いを展開できたことはまったく驚くべきことです。いうまでもなく、60年安保闘争は、民主主義擁護の闘いでも、反米の闘いでもありません。勿論社共や知識人はそうとらえていたようですが。

また、当時も現在もかわらないわたしの基本的なかんがえでは、
改定安保条約は、日本国家=憲法の対米従属の表現ではなくて、
戦後日本資本主義の安定膨張と強化に伴い、米国と対等の位置を
占めようとする日本国家
資本主義の米国との相対的な連衡の意志を象徴する法的な表現で
あった。…………。それゆえ、昭和三十五年六月十五日に最大の
表現を見出した一連の行動は、岸政権によって保持されている憲
法=法国家を本質的に対象とする思想の表現であり、これを媒介
とせずしてはどのようなたたかいも維持されないという理念にも
とづいていた。
(吉本隆明「思想的弁護論−六・一五事件公判について」)

この基本的認識の中でブントとはいったい何だったのか。

ブントが独得なのはトロツキー教条主義とはまったく一線を画
していたという点である。ブントはトロツキーを好いたが、信じ
はしなかった。旧左翼のスターリニズムを払拭するためにトロツ
キズムを利用したのだといっても過言ではない。ではレーニンを
信じたのであるか。レーニンによる組織化の戦略・戦術は、ブン
ドが行動を決意するときにはおおいに参照されたが、その行手に
組織の官僚化がまちかまえていることも明確に気づかれていた。
初期マルクスにみられたヒューマニズムについてはどうか。スター
リニズムのもたらす抑圧を批判するときには、それが美しい人間
性の物語を奏でてくれると知っていたが、同時に、反権力の闘争
が抑圧なしにすむと考えるほどブントは愚かでなかった。
いったいブントはなにを信じていたのか。ほとんどなにも信じ
ていないという点で、ブントほど愚かしくも傲慢な組織は他に例
がない。彼らにも理論や思想のかけらはあったし、それを体系化
しようという努力もなくはなかったのだが、要するに信じるに価
するものを獲得していなかったので ある。
たとえば、新安保条約についていうと、それが日本の力が向上
したことの印なのだとわかっており、それならば、新条約を阻止
することによって強化されようとしている日本帝国主義に、痛打
を与えよというのがブントの構えであった。明晰な理解であり、
明瞭な姿勢ではある。しかし、帝国主義とやらの現段階、それに
代わるべき体制、そこで生きる人間の生活など、要するにあらゆ
る根本問題にブントは蒙昧であった。マルクス主義の文献から自
分の情念に都合のよいところを抜き出してきて継ぎ合せるのがブ
ント流なのであった。

このブントが、革共同、関西革共同、構改派を抑え、全学連の主流派に踊り出る。その優れたブント主義、即ち「革命のための組織」「暴力主義」によって、60年安保を闘いぬく。「ブンドがつぶれるか、安保がつぶれるか」とまでの闘争。当然ブントがつぶれる。

ブントが進歩的文化人にとって代わる認識をつくりだしていた
というのではない。民主主義に代って自由主義の認識が考察され
たというのではない。ありていにいって、ブンドにまともな認識
などなかったのである。人材もいなかったし余裕もなかった。要
するに、馬鹿な若者の集まりにすぎなかったのだ。しかし、その
馬鹿さ加減のうちに、開かれた認識へといたる可能性がいくばく
か看取できたのである。マルクス主義も共産主義も糞くらえ、と
いってのける人間を少なからず含んでいたのが共産主義者同盟、
つまりブントである。そんな自由な組織は、そもそも組織といえ
るほどのものでないのであって、空中分解して当然である。

思えば、これでブントがつぶれてこれきりになればまだよかった。だが、しつこい活動家はまた、革共同へ、そして社青同へなだれ込む。そして、彼らが革共同の革共同主義「組織のための運動」に堪えられなくなったとき、革共同の第3次分裂で中核派と革マル派が生まれる。中核派はブントと革共同の混血児というよりは、やはりブントの暴力主義の子のひとりが、どうしてか革共同の名を名のってしまったという悲劇(いや喜劇かな)とだろう。社青同でもまた結局社会党に介入することなんかできず、解放派(現在の革労協)がうまれることとなる。そしていよいよ私たちの登場。
私は今のいわゆる「内ゲバ」、革共同中核派+革労協(社青同解放派)と革共同革マル派との戦争は、結局この60年ブントのブント主義と闘わぬ革共同主義の争いの流れだと思えるのです。まだまだ永遠に食い合っていくのだろう。私は唐牛さんのあの笑顔の中にこのことの苦しみが含まれているような気がします。

しかしこのながれの最初ブントの結成から60年安保闘争までの活動家の姿、その後の姿をこの著作はいい視線で描いていると思います。西部は最後にこう語ります。

人生の折返し点をすぎ、各人各様に死の影を背負うようになっ
たればこそ可能になるような、活力ある生というものもあるでは
ないか。もっとも困難なことについてもっとも関心をもつことが
過激性だとするならば、私の最後に発したいメッセージは、「お
のおの方、今度こそ本当に過激に生きようではないか」というこ
とに尽きる。

いいことばですね。結局これで西部は何とか保守派のブレーンになることが彼の過激性なのでしょうね。この著書が過去の自分への別れのつもりなのでしょうか。まあ頑張ってくださいとでもいうしかありません。

しかし私は、彼の最近の言動をみると首を傾げたくなることあります。私の住む我孫子市民会館へ、「俺は暴走族が嫌いだ」といって、暴走族ではない人に鉄パイプで殴りかかり、逆に反撃され亡くなった毎日新聞記者のことで講演にきました。暴走族は許せないということだったと思います。じつにあの事件は彼がかなりなキャンペーンはっていたようです。しかし、はたしてあの事件はそうなのですか。あの傷害致死に問われた被告は、元暴走族というだけで、あの事件のときも無関係なのにからまれちゃったのですよ。暴走族は私も嫌いですが、元というだけで罪にとらわれ、キャンペーン張られるなんて、そんなことありますか。いったいナチスやスターリンのやったことと同じじゃないですか。これが西部のいう「本当に過激にいきよう」ということなのですか。
西部がこの著書で60年安保およびブントにこれでおさらばするように、私も西部邁にこの本でさようならをいいたいと思います。(1990.11.01)

続きを読む