将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:FAX

05c4197a.jpg 昨日は一日ポニョを、この家で看ていました。この家でポニョを看ていると、外出はできませんが、ポニョが眠ったときには、このパソコンに向かうことができます。ポニョの家には、以前にはノートパソコンを持って行っていましたが、今では(今年1月から)ポメラだけです。
 でもきょうは、義母がどうやら風邪でお休みします。昨日の夜にお医者さんに来てもらいました。
 それで妻が義母を看て、私がポニョを看ているつもりでした。それでここを40分に出るつもりでした。自転車ですから、55分には確実に着きます。
 でも30分に電話があり、ポニョのお熱が下がったので、保育園へ行けるようです。これは嬉しいです。昨日は、私と二人で懸命にここで過ごしました。ポニョも、「このじいじじゃしょうがないけれど、いてあげよう」なんて感じで、私に対しています。
 もう私のお弁当も妻は作っていましたが、これで、もう他にやるべきことがありまして、それができますし、お弁当もまた美味しく食べます。
 そういえば、ある事務所からずっと何度も携帯に電話があります。でも一度も会話できません。こちらから事務所に電話すると、留守で、事務所に電話すると「今出たばかり」というのです。私が携帯に電話しても都合のまずいところなのでしょう。出てくれません。これならもうメールしてくれないかなあ。どうみてもこのお相手は30代くらいの方なのですが、電話というのではもう私は無理なのです。私が「あ、この時間なら大丈夫だ」と思っても、そのときには相手の都合が合いません。
 もうメールにしてくれるように、相手の事務所のFAXに入れます。相手の方のメールアドレスは全く判りません。
続きを読む

09062501 デジタルコードレス電話機を買い替えましたimajouの独り言 さんから、次のコメントを頂きなした。

1. Posted by 今城    2009年06月24日 12:27
 ご無沙汰してます。

 私も自分の部屋の子機の具合が悪くなり、困っています。それとは別にFAXを置いていますが、周さんと同じで、使うのは年に一回くらいになりました。契約を解除しようと思いながら、生来無精なのでまだそのままです。勿体無い。

 お元気でお暮らし下さい。

 ありがとうございます。いえ、私は元気なんだと考えているのですが、でも精神的にはあれこれ疲れているかなあ、なんて考えています。昨日は、孫のポニョをずっと見ていました。みている間にポメラを打てるかなあ、なんて考えていましたが、それは甘かったです。風邪をひいているので、ずっとみていたのですが、眠ってくれないと、私の時間は持てません。
 でもどうやら、よくなってくれたように思います。ただし、また今朝の具合を聞かないとなりません。でも眠っている間に、本は2冊読めました。
 前ほどお酒を飲まなくなりました。とくに外で飲む機会は減りましたね。
 それでFAXは年に1回というよりも、もう私は3年に1回ですかね。ほぼFAXもみなメールですむようになりました。ただし、葬儀屋さんがまだFAXですね。
 2年前に、私の友人が家で、FAXを使っているというので、驚愕したことがあります。不動産の仕事で使うらしいです。間違いなく、すべてメールにできるものでした。

 私の家では、新しく私がひいた電話番号が、FAXも兼用にしました。過去の020の無料のFAX番号は使用しないので、止めました。でも前の電話番号は、義母の名義ですが、電話帳に載っているので、実にどうでもいい営業の電話が3日に一度くらいかかってきます。

 この購入しました電話機の支払いで、20日(土)に機械をお店で手にしたときに、「振込先を請求書に今書いてください。支払いはインターネットでしますから」と言ったのですが、相手の経理の女性が、「あ、インターネットの口座なんかありません」というから、「いやだから、インターネットですると言っただけで、口座はお宅の巣鴨なんとかのでいいのです」と言って、書いてもらいました。もちろん、すぐに振り込みました(ただし、相手の口座には、休み明けの22日(月)午前9時に入るわけですが)。こういうところでは、パソコンも売っているのですよ。少し心配です。
 思えば、いろいろと便利になった分、けっこう面倒なことばかりにもなってきたことを感じています。

09040801 今このことを、この本の発行元のパロル舎へ、指摘するために、ここの画像の文書をFAXしました。FAXするしか、私にはやりようがないのです。
 今後はどの本にも、発行元のURLとメールアドレスを記してほしいものです。

 
 周の詩歌の館「井伏鱒二『寒夜母を思ふ』」の5 へ

 1月27日(金)の午後8時近く、北社会保険事務所より電話がありました。もうその時間は、私はお酒を飲んでいますから、誰から電話があったのかをメモするのを忘れていました。それで、私のほうで調べておいて、今週の3月2日(月)の夜8時前に再び電話をくれるということでした。
 それで、私はこの内容が具体的に何だったか、判らなくなっていました。それで、でも私は出した手紙は、みな簡易書留を使っていますが、私が大学の在籍期間を証明する書類を送るのは、北社会保険事務所の返信用封筒で、そのままポストに入れており、妻の書類は、手で持参したものでした。
 そうするとこの二つは、もはや証拠がないわけです。
 それで今朝8時40分に電話しまして(相手の名前が判らないから、そこでは用がたりません)、9時2分に電話をもらいました。
 それで、用は、私の在学証明がまだ来ていないということでした(私はこの大学との文書も書留を使っています)。だから、私はちゃんと送付してあるという以下の文書の控えをFAXしました。09030207

 

 そしてこの文書の前にFAXした文書がの1月31日の手紙です。

09030206

 

 私の妻がいうのには、会社から出す文書は、みな書留にしているということです。もはや、返信用封筒があっても、私もそれ自体を書留にすべきですね。

 それで、私は私的は手紙もたくさん出しています。思い出しました。昨年私が、2月19日に静岡県に出した手紙が2月25日に戻ってきました。でも何も間違えていないので、また郵便局に持っていきましたが、そのまま相手に届きました。
37916acb.jpg そして昨年12月にも、また私のところに、私の出した手紙が届きました。これは、以下の画像の、1のサイコロの欄ではなく、2のほうすなわち、私の住所氏名欄に届けたようです。
 これは、また郵便局に行きまして、「この郵便の書き方では駄目なのか?」と聞いたのですが、「これでいいです」ということでした。郵便局のミスなようです。(あ、この画像は例ですから、上のあて名のように本当は「御中」ではありません。静岡の素敵な女性です)。

 でも私的な手紙まで、書留にするわけにはいかないですから、これまでどおりやりますが、大変に不安になりました。

 あと、役所や会社等には、すべて書留にします。あとは、宅急便も確実ですね。でもあの郵便物は一体どこへ行ってしまったのでしょうか。

49299bb4.jpg

 私は、この王子に家に私専用の電話を入れました。それで電話機もヨドバシカメラで手に入れました。それにはFAXつきの電話機です。ところが、まずFAXというのは使いませんね。私の妻が一度会社にFAXを送っただけです。紙はサービスでもう一本つきましたが、こんなもんを使うことがあるのかなあ。
 この電話が使いますが、FAXはまず使いませんね。前々から、FAXは送るのはパソコンでやっていました。受けるのは、できるだけメールで送ってもらうようにしていましたが、ちょうど2年11カ月前に、義父の診断書を送ってもらうのに、当時使っていましたFAX専用の電話(当時無料でした)に送ってもらって、画面で見ましたら、ものすごく細かい手書き文字でしたので、プリントしました。
 そのあとは、役所から、「FAXに送りたいが」というのを3度ほど受けたことがあります(約3年に3度)、だからそれは上の電話で受けたものです。あとどうでもいいFAXもこの電話に送られてきたことがあります。その他、ある業者さんが、どうしてもFAXを送りたいというので、上の電話で受けて、パソコン画面で見たら、どうでもいいDMでした。
 だから、そうなると、このFAX機能も使わないのかなあ。たとえ送られても、SDで受けますから、必要な場合はプリントできます。
 ただ、昨日「日経PC」1月号の見出しをどこかで見たら(電車の中だったかな)、「FAXのやりとりをPCで」というのが書いてあり(これは日経新聞の今朝の朝刊の広告面で見ています)、先日読んだ「野口悠紀雄『超「超」整理法』」で言われていることは、このことなのかと思ったものです。

 ただ私がやっていなかったといえば、PDFの活用です。いやどこかで検索してその内容をコピーしたときに、私はそれを私の外付けHDD内に入れて置きます。これをもっとGメールを活用したほうがいいのかもしれません。ただ、私はそのコピーするときに、ただコピーするだけで、PDFでは保存していないのですね。私は別に印刷する必要は少しも考えていないので、それは面倒なのです。でもこれで、もう少しPDFを使うことも考えて行こうと思い出しました。

 私はPDFなんて面倒だったのですが、要するに、PDFページをわざわざ開くのが面倒でした。でも、「PDFならメールで送れる」というのは、便利なことかもしれません。

続きを読む

0a1a9359.jpg

 周の『独楽吟のススメ』の46破茶さんから、次のコメントをいただきました。

1. Posted by 破茶    2008年03月12日 18:26
 頭が下がります。周さん、感想文を本当に有難うございます。
「本当の恋」…私にもかなり遠いのです。ただフィクションですから、何でも書けるだけで…。日常の普通の生活が一番なのですが、今の私は それから少し離れていてまだ居心地悪いのです。これで満足すれば良いのかもしれませんが…。破茶

「恋」なんて、思えば忘れることのできない思い出はいくつもありますが、でもねえ、もう遠い遠い思い出になりました。
 もうずっと忙しくやっています。そして孫と長女が風邪をひいて、大変です。朝早くから孫を見に行きまして、泣いてぐずる孫をあやして、どうやらいろいろと抱いて部屋の中を歩き回っていまして、テレビも見ました。
 それであわてて帰ってきまして、それから仕事にかかると、電話があります。あ、エクセルである事業計画書を作成(相手のを少し直すだけ)するのですが、でもサ、私はエクセルなんて1年に1回しか使わないしねえ。それと、FAXが不便なんですよ。FAXって、今は2年に3度くらいしか使わないしねえ。こちらから送るのでFAXソフトは使うし、FAXをメールで受信もできるのですが、FAX機械はないのですよ。もうそのためにFAX機械を買うかなあ。
 こういうことで、イライラしまして、肝心の仕事は遅れます。

 それから、今朝は「周の『独楽吟のススメ』の47」をUPするのが遅くなりました。いえね、孫を抱いて歩いて、テレビで「お母さんと一緒」を見ていたのよ。少し笑顔も見られたから良かったです。
 さて、あわててさらに確実に仕事を処理します。

続きを読む

c113a96d.jpg 私がFAXは、前回書いた FAXというのは不便ですね に書きました。
 受信にはD−FAXがあればいいし、送信にはStarFaxがあればいいのです。だが困った事態がありました。義母の介護のことで、相手の文書に手書きで書いて、それをFAXしなければならないという事態です。
 D−FAXなら、相手の手書きの文書でも受け取ることができますが、こちらが手書きしたものは、送ることはできません。いや普通こちらから送るときは、パソコンで打ってしまうわけですが、こういう相手の書類に手書きするものをFAXするという事態には対処ができません。こういうときには、昔通りのFAXがいりますね。
 実際には、届ける相手が、この王子の家のすぐ近くでしたから歩いて届けることができました。
 こういう事態には、昔通りのFAXが必要なのですね。いやはや、考え込んでしまいましたよ。どんなに速達で送っても、その瞬間には相手に届きませんね。ただし、こうしたことは1年に一度くらいのことでしょうか。
続きを読む

↑このページのトップヘ