将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:FEP

453b09f0.jpg

 次のように書いていましたが、

(ただし、この教会のせっきょう風信は、これは口語訳で書いてあります。それから「畏」は違う「おそれる」の字ですが、私はそれをどうやってここに出したらいいのか判りません)

インターネット上で、探し出しました。もう単語登録しました。ここの部分は以下です。

曾て汝らに言ひ給ひしが如し」』 女たち甚(いた)く驚きをののき、墓より逃げ出(い)でしが、たれば一言も人に語らざりき。(マルコ傳福音書一六章一〜八節)

でも前にUPしたのは訂正しません。
 要するに、私がもうFEPの使い方も忘れているのです。情けないなあ。

 それから、聖書の文語訳は、インターネット上にありました。だから、そこからコピーすればいいんですね(もう当然著作権なんか切れているはずですから)。ただし、みなPDF版になっているんですね。私は、PDFってよく判らないのですね。
 もうパソコンもちゃんと使えなくなってきている私です。情けないなあ。

 教会へ行きましたが へ

続きを読む

ede5006d.jpg

 たった今、私に次のケータイメールがありました。

メールの時、ハイフンを上の位置につける事はありますか。その場合キーボードのどこを叩くのですか、教えて

 それで私が以下のようにケータイメールしました。

これは面倒な問題です
でも上のハイフンは「~」はチルダといいますが、半角ではまっすぐなハイフンは存在しません。それで私は全角ですが「 ̄」を「お」と登録しています。それで、私はFEPがVJEなので、そちらのが判らないのですが、以下のようにあります。「ただ全角で良いのでしたら『きごう』と入力して変換してみてください。そのなかにオーバーラインという『 ̄』があるのでそれを使うと良いでしょう」。

 以上のように応えましたが、これでいいのかなあ。私はずっとVJEを使っているので、「きごう」と入れてみても、まったく違うのが出てきます。いや、実はたった今、他のFEP(ええとワープロはwordとかで使うもの)がどうやって使ったらいいのか、皆目判らないのです。
 私はいわば、パソコンでは、もう古い人なのかなあ。

 でもこの上のハイホンの問題は、日本のパソコンのキーボードの大欠陥な気がするなあ。

続きを読む

7bdaf975.jpg 私はパソコンを使い出した頃から、FEPには、VJEを使ってきていました。DOSからWindows になってもそれは変わりませんでした。
 もちろん、それ以外のFEPも、どれも使っては見たのですが、どれもこれも私には気にいらなくて、結局このバックスのVJEのみを使ってきていました。
 そして漢字辞書はもう圧倒的に登録をしてきまして、もう自分でも驚くばかりです。だから数々の古典の漢文を私はそのまま自在に打っていくことができるのです。
 例えば、私は諸葛孔明の「出師表」をパソコンでそのままどんどん打っていきますが、それが画面上に出てくるのが私は嬉しいのです。だがこれはVJEのおかげなのです(と私は思っています)。
 でもバックスでは、もうこのVJEの販売は1年前に終了しました。そしてもう他に替えないとならないようですね。
 でも私なんかどうしたらいいのでしょう。もう今の私はどうしたらいいのか、とても悩んでいます。困っています。
 本当にどうしようかなあ。
続きを読む

↑このページのトップヘ