将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:Gmail

b04dd970.jpg

雑誌名 週刊アスキー通巻650号 2007-08-21-28
発行所 アスキー
定 価 360円
発行日 2007年8月28日発行
読了日 2007年8月7日

 15ページに、「auとグーグルのコラボメールサービス」の記事があります。これで、Gmailを活用したau one メールが9月下旬に登場ということです。ただし、今使っているGamilのアカウントからは乗り換えができないということです。もうこれは非常に残念ですが、もうおそらく、これでメールはきまりだなあという思いです。

fd5b91eb.jpg

 パソコンを使い、インターネットを利用するようになって、情報検索とともに、一番使っているのが、各メールだと思います。ただ今までのPOPメールは今でも使っているとは言っても、もう圧倒的なスパムメールの嵐で、メール管理ソフトで整理しているとはいえ、まさしくもう困ってしまうことのほうが多いです。とはいえ、やめるわけにはいきません。何百通に1通か2通は大事なのがあるからです。
 ウェブメールも最初は使い勝手がよくありませんで、まさしくスパムメールばかりという感じでした。だがもうつい近ごろは、よくスパムメール防止をしてくれていて、例えばヤフーメールも実によく使っています。
 でもとにかく、このグーグルのメールが今の私には、一番使いやすいものです。現在では、私は自分の名刺にもこれを入れており、前のPOPメールのときには「あ、名刺で知れたことでも、こんなにスパムが届くのか」という思いで嫌になっていましたが、このGmail は実によく管理してくれています。

   https://mail.google.com/mail/  Gmail

 そして今、このGmail が一番使いやすいというのは、これがケータイにも対応できていることです。ケータイそのもののメールも実に便利ですが、やはりパソコン上で自在に使いたいものです。Gmail に来たメールをケータイでも見ることができるのは、実に便利です。
 なおかつ、ケータイメールでも、パソコンでも送受信できるわけですが、私はそのときには、もうすべてGmailを介在させています。
 ちょっと長い重要なケータイメールは、Gmailに送り、また加工し、ケータイメール経由で、相手に送るようにしています。なんといいましても、相手はパソコンのそばにいるとは限らないですから。

 今私は、このGmailとケータイメールを一番多用していると言えるかと思っています。

続きを読む

06093004雑誌名 日経パソコン 第514号
発行所 日経BP社
定 価 980円
発行日 2006年9月25日発行
読了日 2006年9月30日

 144ページに書いてありました「Gmailをオンラインストレージとして使う」が大変に興味が持てました。

     http://www.viksoe.dk/gmail/

 それで早速インストール。でも「げッ、英文ばっかりじゃねえか。俺は敵性言語は使えねえんだ」なんていいながらも、普通に追加ドライブができて認識できました。でもでも、オンラインと言っても、他のパソコンでは認識されるのかなあ。だから、これだと認識されないよね。これじゃどこが便利なのだ。これなら、まだUSBメモリをいつも持参していて、あちこちのパソコンで抜き差ししたほうが便利だと思いますよ。いかがかな。
 あ、だから他のパソコンでもインストールすれば、同じストレージとして使えるというわけですね。あとで、他のパソコンでもインストールしてみます。

 でも、「あとで」というのは格好悪いので、実は今私のノートでもインストールして、オンラインストレージを作りました。それであるファイルをここに入れました。「あ、すごいです」。もうオンライン上(といいいましても、要するに自分のデスクトップとノートの両方のパソコン)でそのファイルが見えます。見えるというより、そこでこのファイルが使えます。
 つまりオンラインだけれど、自分のパソコンのドライブとして使えます。2Gなんですから、昔なら大変なパソコンのハードディスクを無料で手に入れたようなものですね。
 これはいいですね。便利ですね。オンラインストレージは持っていますが、無料ですと、制限がありましてね。これならもういろいろと使えます。ITというのは、実に便利に使えますね。
 敵性言語はちゃんと読めないけれど、どうにかなるものだな。あ、日経パソコンを購読してよかったな。

c03b8ecc.jpg

 CIO Onlineこのニュース がありました。

今や、IT業界の新しき旗手としての地位を不動のものにした感があるグーグル。だが、あなたは、なぜこの会社がここまで注目を集めているか、その真の理由を理解しておられるだろうか。グーグルが取り組んでいるのは、アプリケーションのインストールもロールアウトもいらない、画期的なWebコンピューティング環境の実現である。今後、エンタープライズ市場へも本格的に進出するという同社の取り組みが実を結べば、CIOはおそらく、企業ITに対する考え方を根本的に変える必要に迫られることになろう。本稿では、そんなグーグルの戦略を紹介しながら、Webコンピューティングが企業ITにもたらすインパクトについて考察する。

 私はこのGoogleが日本でサービスを始めたときから自分のパソコンのデスクトップからすぐ使えるようにしてきました。そして私の関係する会社や友人たちに教えてきました。誰もが驚きかつ感激してくれていたものです。
 でもそのときから、このグーグルが一体何を目指しているのかはまったく見えてきませんでした。そもそも「この会社は何で収入を得るのかな?」なんて不思儀だったものです。それはその私自身が全然判っていない人間だったということで、今では、「あ、そうか、そういうことだったんだ」と少しは気がついてきたわけです。

 今私はGmailも手にいれて、実のその使い勝手のよさに感激しています。ウェブメールはあとYahooメールとlivedoorを使っていますが、やはり今後メインに使っていくのはGmailになるでしょう。またPOPメールも今後も使っていきますが、まあ、名刺上に入れているだけになるかな。スパンメールの多さで、それを防ぐソフトを入れていまして、スパンかどうか判断着かないものを、私自身が見て判断するようにしていますが、それも実に大変です。
 間違いなく、今後私がメインに使っていくメールは、このGmailとケータイメールになるでしょう。

グーグルは、大規模な宣伝をほとんど行わない。なかには、ベータ版というラベルがつけられたまま何年も放置されているようなサービスもある。だが、デスクトップ検索、地図、電子メールなどのサービスが、世界的に見て最高水準を確保していることもまた事実だ。おそらく、あなたの会社でも、多くの社員がすでにグーグルのサービスを利用しているはずだ。

 これがいつも驚いています。ほったらかしになっているサービスもあるよな、というも不思儀でした。なんだか、いつも試行錯誤しながら、あらゆるサービスを検証しているのかな、なんて思っています。

 いや、この文章は全文実に私には、驚きと感激の連続です。まだまだいくつも引用していきたいところばかりです。
 最後にあるウェスト氏の言葉で、私はまた「そうだよな」と頷いていました。

H&Rブロックのウェスト氏は、グーグルに対して賛辞を惜しまない。

「グーグルの本当の素晴らしさは、コンピューティングに対する新しいアプローチを切り開き、Webサービスと低価格のハードウェアを組み合わせて大規模なシステム環境を作り出したことにある。同社は、テクノロジーに対するユーザーの考え方を変えたと言っても過言ではない」

 今後もグーグルを使い、かつグーグルのやっていく姿勢を私もよくよく真似ていかないといけないよな、なんて思っています。グーグルのやり方は、グーグルをも超えるものが含まれているのだと私には当たり前のことを見ているのです。

続きを読む

641776fe.jpg

 私の グーグル、無料メールで日本本格参入 対ヤフーの切り札目森一喜 さんから、次のコメントをいただきました。

Gmailはずっと使っています。これは他と違ってフォルダを作れないので最初は整理に戸惑いました。で、どうするかというと、ラベルを張っていくのです。必要な時に、あるラベルの記事だけを表示して見て行くわけです。フォルダに放り込んでおくのと同じ事なわけです。
検索機能もですが、こういう使い方も時には利用価値があります。
それから、迷惑メールのフィルタがかなりしっかりしています。ある程度使っていると、迷惑メールはどんどん省いてくれます。
最初は、必要なメールが紛れ込んでいないかと気にしていましたが、一度もそういう事はありませんでした。自動的に迷惑メールをフィルタリングしてくれて、目に触れないですむのはいいです。
大量にメールが来る人は、こうした自動化機能は大きな労力の軽減になると思います。

 そうだね。私は使い始めてまだ3日ですから、まだ使い勝手が充分には判らないのですが、でもなんだか使えそうだなという思いを強く持ちました。もうスパムメールだらけのPOPメールよりは、使えそうだから、これがメインになるかなあ。

 このメールアドレスにしてから、サイドバーに置いている Googleのパーソナライズド ホームGoogleニュース日本版 もすべてアドレスを変更するので、その過程で、すべて内容もかなり変えました。もう驚きましたよ。Googleは実に変化進化していますね。私のGoogleのパーソナラズホームは、かなりな情報が得られるように変化させました。こんなにいろいろな情報がいつでも得られるのですね。しかも、それは私個人向きの私だけの情報です。

 だから、私は私のブログ将門から、こうしたページにすぐ行けるように、すべてサイドバーにリンクしています。Gmailもリンクしましたから、私のページにすぐいけます。もちろん、私のYahooのページもリンクしてありますから、そこへもすぐ行けます。

 私は思うのですが、誰でも、自分の個人的な部屋をブログで持って、こうしてリンクで行けるようにすれば、どこでもそこにあるパソコンから、自分のGoogleのパーソナラズホームへいけるし、自分のGmailを使えますね。ただし、使い終わったときは、パスワードは消す必要があります。

 やっぱりGoogleもYahooも実に使いやすいですね。おそらくYahooもまた変化進化させるだろうな。あとはケータイとの連携ですね。ケータイは、まだ少し使い辛い気が私はしています。これもまた変化進化するでしょうね。

 こうして変化するインターネットも、ケータイのことも実に面白いし、頼りになります。

続きを読む

4023a8f2.jpg

 GIGAZINEこの記事 がありました。

以前に報じられたように、Gmailが各国で順次、招待状なしで利用可能になるわけですが、今日から日本でもGmailが招待状なしで利用可能になりました。

ブラウザ経由でもメールソフト経由でも利用可能で、容量は実に2757MB。今も容量がわずかずつ増え続けています。なお、登録する際に事前に別のメールアドレスなどは不要です。つまり何も持っていない状態で即座に利用可能というわけです。

無料でこれだけのモノが利用できるとは…。フリーメールアドレスのスタンダードになってしまう気がします。

というわけで、早速、登録してみました。(2006.08.23)

 ええっ! というところで私も登録しました。そして私のブログ将門のサイドバーにここへのバナーを置きました。これでもう私も自在に、このメールが使えます。
 ただし、私がいつも使うshomonがアドレスに使えないのですね。誰か使っているんだよなあ。そんなの使うのは私なんですがね。私がじゃましているのかもしれないな。
 でも仕方ないから、違うスペルのアドレスですが、おそらく私が使うメインのアドレスになりますね。いえ、livedoorのも、yahooのメールアドレスも使いますが、これもおおいに使いますね。もうPOPメールではスパンメールが多すぎて困り果てているのです。
 これでケータイメールの次に使うアドレスになるでしょう。

続きを読む

↑このページのトップヘ