将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:HA茶

10100104 10月02日の21:23に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/10/02 【No.2021】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 同居ひと月 経過した 愛犬2匹を 観察する時 

結婚前私の飼っていた犬ダックスがこの家に来てひと月近くなります もともとこの家にいたパピヨンは ちょっとふてくされ気味・・・。『何だこいつ・なれなれしいなぁ・でもちょっと僕より大きいみたい』みたいな感じ・・・。ひとつき経った今ではずいぶん慣れてきたように見えます。一緒に散歩する時は大変行儀良く並んで歩きます。

 ダックスとパピヨンが、何にしても仲良くなるのは(それはそういうフリでも)、いいと思いますよ。仲良くなるふりでも、そのうちに実際に仲良くなることもあるのです。そう思うのですね。

たのしみは 親と子という 関係の 曖昧模糊で 許しあう時

父親は 対人関係ではかなり神経質。悪く言えば協調性に欠けます。わたしは その娘でそういう点は遺伝しています。その協調性に欠ける二人の関係はもう滅茶苦茶です。父 90歳 もうええか!どうでもええわ!って思えてきました。親子の関係を清算することは出来ないのですから・・・・。

 親子は精算はできないのですから、できるだけ仲良くしてください。きっとそういう気持を持っていればいいことばかりになるはずです。

10092007 9月29日の21:10に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/29 【No.2020】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは お香を焚いて 立ち上る 煙の中に 歌作る時

香りというものも何故か落ち着くものです。きょうは「沈香」の香りとやらを試みています。

 香りねえ、お香は昔けっこう聞いていました。もう随分昔のことですね。なんだか懐かしい思いです。

たのしみは 日にち薬の 効いてきて 気持ちの楽に なって行く時

良く知っている方の思いもかけない訃報から6日が経ちました。少し気持ちが楽になってきました。

 もう私も年代がかなりになったものですから、こんな同じようなことがあります。なるべくメールやお手紙で連絡するのですが、返事がないのですね。

10092001 9月27日の20:51に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/27 【No.2019】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 野鳩の声を 聞きながら 伸びた生垣 カットする時

日曜朝の静かなひととき、先月夫がきれいにカットしてくれた生垣が少しずつまた 道路に伸びています。生け花のハサミでチョンチョンとカットすると またきれいになりました。くっくくっくと野鳩が鳴いています。

 いいですね。少し羨ましいです。私なんか、そんなことがないものな。…いやいや思い出した。そんなこともありましたが、私には向いていないのです。

たのしみは 年経る毎に 減っていく 県人会員 親和度増す時

どんな会もそうなのでしょうか。わが遠州鹿児島県人会も 若い人の入会は無く減少傾向です。年に2回集まって飲んだり歌ったりしているだけですから 魅力には欠けるのかもしれません。でも、毎回お出でいただく方たちとの親和度は増して行くようです。 

今年の後期県人会は 11月27日(土)夜浜松市ホテルコンコルドでほっとしたひとときを過ごす予定です。

 思い出せば、前に住んでいた我孫子でも鹿児島の県人会がありましたね。私は、東京巣鴨・秋田・札幌・名古屋・鹿児島・横浜・浦和・沖縄・船橋・早稲田・王子・我孫子と住みましたが、好きなのは、秋田と沖縄かなあ。そういえば、秋田は2ケ所、名古屋は3ケ所、鹿児島は2ケ所、浦和は3ケ所、我孫子は3ケ所、住んだものでした。
 それで生まれた故郷は茨城県です。いつも茨城の話をすると、嬉しくなり、またものすごく恥ずかしくなっています。私には茨城人の不可解な血があるのです。

10091814 9月26日の19:10に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/26 【No.2018】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 先輩の言葉 生き生きと 心に響き 励まされる時

雑草の名前を良く知っている先輩が「破茶さん!知識は人生を楽しくしてくれますよ!」と言うのです。そうですね!人生まだまだ勉強ですね!

「勉強」という言葉だと私はまだ親しめない思いですが、でも「人生まだまだ勉強」という言葉には、もう親しんでいくべきかなあ。

たのしみは この半年を がんばって 勉強重ね 単位取る時

卒業までのラストスパートです。「青年老いてしまい 学 成らず」にならないように 勉強します。

 いやまだまだ、老いないぞという気持です。「朱熹『偶成』」は、私は中二のときに吟ったものでしたが、今も全然気持は変わらないです。

10091812 9月25日の22:02に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/25 【No.2017】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは ふらつきつつも 安全な 日向の道を 犬と行く時

人生に希望が無くなったらしい知り合いが亡くなり こちらも相当ショックを受けてフラフラと犬たちと外を歩きました。道端の雑草の花を愛でつつ 秋の気配の漂う野の道を 犬たちと歩み少しずつ元気を取り戻しました。家の中に閉じこもることは良くないなぁと感じたひと時でした。

 そうです。「家の中に閉じこもる」のは駄目なのです。だから外で元気に歩きましょう。

たのしみは 弁解なんか しなくても 信じてくれる 人のいる時

悪意なんか何も無いのに悪く言われるのは心外です。でも今は私を信じてくれる人が付いています。心強い味方がいるのです

「心強い味方」がいることのほうがいいのです。私の味方も時々私の膝の上に座ってくれています。

10091701 9月21日の19:41に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/21 【No.2016】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 通せんぼの道 諦めて 新たな道に 夢探す時

もう少しこの道を歩みたかったけれど どうにも進めなくなりました 大きな岩が道を塞いでしまって・・・。でも、わき道があってそちらのほうが良く日が当たり心地よさそうです

 うん、わき道があるのなら、そちらを通ればいいのです。ただそれだけなのですが、なかなか選べないのですね。随分それでもがいてきたものでしたが、今は簡単なことだと気がつくことなのですね。

たのしみは 熟年夫婦の 3組で 年に数回 旅に出る時

誘われてまた 旅に出ようと思っています。3組ともまだまだ元気で楽しいたびになりそうです。

 いいですね。私も旅というほどではないですが、妻と歩きたいなというところがあります。でも私はそれをまだ言い出せないのです。

10091522 9月20日の22:50に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/20 【No.2015】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 休日午後の 長椅子に 憂き世忘れて 転寝(うたたね)する時

どこに行っても付き纏う人間関係に頭痛を覚えつつ マッサージ椅子に座っていたらいつしか夢の世界へ。頭痛は消えてしまいました。

 夢はいつも見ています。でもこの頃見た夢のことを書いていないですね。きょうは40年前の頃の仕事の夢でした。

たのしみは 小さな桔梗(ききょう)の 苗3つ プランターに植え 土を足す時

掛川市の市の花は「桔梗」だそうです。ちなみに市の木は「金木犀」だそうです。
桔梗の花は 何だか着物姿の美女を連想させる花だと私は思うのです。

 桔梗というのは、私には将門様を裏切って、やがて死になってしまった原因の女です。だから、我孫子の日秀(ひびり)では、桔梗はけっして植えませんし、そして事実咲いたことがけっしてありません。

10091515 9月18日の20:14に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/18 【No.2014】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 一期一会の 面接で ただ一心に 話聴く時        

仕事 もうあまり時間がありません。あと何回お話できるかなぁ。でも懸命にその方のお話を伺います。

 話を聞くのは大切なことですね。話を聞いて、その方の多くが判ってくることがいつもあります。

たのしみは 時の流れに 苦も憎も 消え去り今や 空となる時

「色即是空」と言います。いろんな嫌な思いでは 時が解決してくれるものです。「許し」が自分の「楽」につながるようです。

「時が解決してくれるもの」。うん、そうなんだと私は今気が付き、そう思いました。大事なことですね。

10091509 9月16日の22:32に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/16 【No.2013】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

☆たのしみは 同居を始めた 犬2匹 いつしか仲良く なる日来る時
        
私が昔飼っていた犬が、わが家で一緒に暮らすことになりました。すると、もともとの家の犬が拗(す)ねているようです。いつしか慣れてしまう日が来ることと思います。2匹の様子を見ているのも楽しい感じです。

 私は子どものときは秋田犬とずっと一緒にすごしていたのですが、そこに洋犬もいたのです。不思儀に仲良くしていました。大きな秋田犬の背中に小さな洋犬が乗って寝ている姿の写真もありますよ。

たのしみは 季節の変わり目 着る服を どれにしようと 考える時

おしゃれは心躍ります。季節が変わるっていうのは ちょっと新鮮でいいです。

 おしゃれなんて女性の特権かなあ。あんまり考えたことないものなあ。

10091505 9月15日の22:41に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/15 【No.2012】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは イジラレキャラで 叩かれて 角取れ丸くなって行く時
        
漫才の世界は ボケと突っ込みがあり 私はボケ役なのでどうしても突っ込まれる。自分がボケだと気づかなかった時には 何で突込みばっかり受ける?と 泣きたくなったけれど それに気付けて 気楽になりました。

「気楽になりました」という言葉で嬉しいです。いいことですね。

たのしみは 会社帰りの ブティックに 少し奇抜な 服を見る時

比較的奇抜な服が合うようです。電車に乗るまでの中途半端な時間にちょこっと目の保養をするのは楽しいです。買わないけど・・・。イヤ、たまに買うけど・・・。

 いや、こういうふうに服を買われるのはいいですね。私なんか、ほぼ何も感じない世界なのですが。

10091403 9月14日の22:50に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/14 【No.2011】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは ぼんやりしている このわれに 若き助っ人 頼もしい時

もともと「天然」と言われていましたが 最近はそれに拍車がかかり 恥ずかしい限り。でも、職場の人たちに助けてもらって ようやく仕事をしています。ありがたい! 

『もともと「天然」』って、いいじゃないですか。それでずっと今まできたのでしょう。これからも言われていってね。

たのしみは あまたの欠点 ある中に 少しの美点を 見つけ出す時

人が大きく見えて仕方が無いですが 自分の良い所もきっとあるはず ほめていただけるのは 笑顔です。いつも これをこころがけますね。

 笑顔をほめられるなんていいです。そんなこと私も言われてみたいな。いや、そんな自分になりたい。

10090302 9月12日の07:43に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/12 【No.2009】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは やっと取れても すぐできる わが目のうろこ 強きを知る時
     
心の目の濁りがひどく真実が良く見えません。やっと取れた!と喜んでもすぐにまた再生し 見えなくなるのです。よって人の言葉に一々一喜一憂することなく わが道を行くで行きたいものです。

 私は人の言葉にいつも一喜一憂しています。でもそれ以上に勝手なことばかり考えているのですね。

たのしみは 難聴という 賜物を 頂いたと見て 感謝する時

10年以上前から徐々に進む難聴。今はずいぶん聞き取りにくいです でもこれも神さまからの賜物と思えば 気が楽です。手話を真剣に学びなさいってことかもしれないし、第六感が働くように聴覚が衰えたのかもしれないし・・・・。

 私は頭の働きが一番衰えたのかなあ。それを一番感じています。

10090301 9月11日の19:38に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/11 【No.2008】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 1年ぶりに 同居する 愛犬クーの 健やかなる時

父親と暮らしていたクーは 我が家で暮らすことになりました。妹のペット オカメインコとの相性が良くないから・・・・。もともとこの家に住むエランとの暮らし、徐々に慣れていくといいなぁ

 いいですね。これでクーが慣れてくれれば、本当にいいじゃないですか。私は今妻と義母と3人です。いつまでも続けばいいなあ。それにきょうは長女家族5人が来てくれます。

たのしみは 少々暗めの 性格の 良さを伸ばして 元気でいる時

女性の明るすぎる声やキンキンした声、立て続けの議論は苦手です そういう自分に劣等感も感じるけれど こんな自分を嫌になることなく元気に明るく過ごせるといいなぁ。

 HA茶さんは暗くなんか思えないよ。そんなのに憧れてはいけません。いつも明るくいきましょう。

10090127 9月9日の20:34に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/09 【No.2007】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 何てったって 1年前 強力助っ人 現れた時

わが一生のラッキーは 今の夫とのめぐり合いだと思います。

 いいお話です。私も今の妻とは実にいい出会いでした。あ、いや、私の妻には、不幸で悲惨な事態だったかなあ。

たのしみは 18歳の モルツやら 一人ゆっくり 味わうひと時

家人が18年モルツというウイスキーを買ってきました。超高級品らしいです。仕事でちょっと憂いことのあった夜 こんなお酒は心地よいです。

 私は今は妻の買ってきた缶ビールを飲むだけです。いや、私が手に入れるとウォトカのストロバイヤンをかぶ飲みするばかりですから。あれを飲むたびに、ロシアにはアル中が多いだろうと思うばかりです。

10090124 9月8日の20:30に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/08 【No.2006】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは もうこれ以上 落ちる場所 無くて却って 楽になる時
        
思い煩いなんて どうしようもないことが多いのに どん底まで行って 何だか神さまの愛とかぽわーんと思ったりしているうちに「愛」から発している悩みだと思い出して 気が楽になりました。

それにしても こんな私の傍にいる人には だいぶ迷惑をかけています

「愛から発している悩み」っていいですね。私はどんな悩みをかけているのかなあ。

たのしみは 次の旅行の 行く先を どこにしようと 考える時

旅好きなのでまた行こうと思っています。候補を数箇所挙げてみるのも楽しいことです。

 こうして、HA茶さんの歌を詠むのも私には楽しいことかなあ。

10090123 9月6日の21:08に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/06 【No.2005】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 若者カモの 狂ったか 群れで突進 暴れる見る時        

先日忍野八海に行った時のこと。湧水の川になっているところを7〜8羽の若いカモたちがくちばしを広げて あたかも「どけどけー!」と言ってる風に突進し 優雅に泳ぐカモたちは避難し 見ていて楽しくなりました。カモにも青春暴走族がいるようです。

 若いときは、誰でも同じようなのかな。思えば、私にもそんな青春もあったものです。でもそのつけは今も続くのです。別にそれが当たり前のことなのです。

たのしみは 休日の午後 借りてきた DVDを 二人で観る時

去年のアカデミー主演女優賞を獲ったサンドラ・ブロックの出ている「しあわせの隠れ場所」を借りてきて二人で観ました。さわやかな映画でした。

 あ、私もこの映画を見ましょう。借りてくればいいんだ。あ、でもDVDってどうやってみるか判らないのです。どうせ分かるかな。

10090120 9月4日の21:21に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/04 【No.2004】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは ラッキーナンバー 「4」らしい きょうも良い日と 縁起かつぐ時
  
水かめ座のラッキーナンバーが「4」と書いてある本を読みそれから「4」が好きになりました。きょうも2004号の9月4日、良い日です。

 ラッキーナンバーなんて考えたこともありませんでした。日にちはいつも良い日だと思っています。

たのしみは 水族館で 「ハゼ」という ユーモラスなる 魚知る時

きょうは御殿場に近い水族館に行ってきました。忍野八海の帰りです。淡水魚の水族館で サメに良く似た姿の大きな魚がサメとは種類の違うおとなしいチョウザメというのも知りました。

 水族館って、二人の娘と妻と行ったことを覚えています。今度は、孫と一緒に行くのですね。
 昨日の日経新聞に、自分の子どもを可愛がるのはみな同じなのですが、孫を慈しむのは人類だけだそうです。なんか私は嬉しいばかりの思いです。

10090108 9月1日の22:59に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/09/01 【No.2003】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 定年となる 最後の日 満面の笑みで お別れする時

思い通りにならないことの多かった会社生活ですが 明るい笑顔でみんなにお別れしたいものです。

 HA茶さんももうすぐ定年なんですね。もうみんなそんな時がくるのですね。

たのしみは 夫の贔屓の 球団が 延長戦で 本塁打の時

私は野球を良く知りませんでしたが 夫が毎日観ていますのでついつい一緒に応援しています。きょうは 良い日でした。

 私もほぼ野球を全く知らないので、まず見ることはありません。応援もしたいけれど、全く知りませんからね。

10090103 8月31日の23:18に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/31 【No.2002】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 不自由という 賜物に ゆっくり行くしか 無いと知る時

体には自信があった私なのに、難聴が進み 働くのに不自由を覚えるようになりました。伝音難聴ではなく感音難聴なので 補聴器も今一。ゆっくりならば 生きていけます。笑顔を作って行けたらいいなぁ!

 そうなのでしたね。でもHA茶さんは、それを少しも感じさせない方ですよ。

たのしみは 夫と二人 ふるさとの 山と川とを 訪ねてみる時

鹿児島を離れて40年。ゆっくり行くチャンスがありませんでした。仕事を辞めたら一緒に行ってみたいものです。

 鹿児島は私も住んでいました。思えば、私は鶴丸高校に通ったのは原良町に下宿していたのでしたね。もう遠い世界ですが、懐かしく感じます。

10083002 8月30日の23:15に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/30 【No.2001】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 仕事で出会う その人を 一期一会と 大事にする時

今は異動で新職場に来た方たちと面談をする時期です。きょうは4人の方とお話ししました。慣れない職場と慣れない仕事・・、張り切りすぎて体をこわさぬようにとお話ししました。

 大事な時で、大事な方たちなのですね。私なんか、自分の働いた職場でそんな扱いは一度もなかったなあ。いやいつも新しい職場ばかりでしたね。

たのしみは 昼の暑さが 残りいる 夕べ虫の音 聞こえくる時

秋が入ってきているようです。残暑なのでしょうね。お彼岸までは暑くても仕方ないでも、虫の声は涼を感じさせます。

 虫の音はまだ聞こえません。そうですね、もう秋なんだ。少しは涼しさのかけらみたいなものは感じています。

10082902 8月29日の21:14に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/29 【No.2000】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 絶え絶えなれど 独楽吟 作り続けて 今日となる時

このところ、メルマガ2000号を意識していましたが ようやくきょう出すことが出来そうで うれしい限りです。それがどうした?の世界なのですが やはり続けてきた喜びが本人にのみあるのですね。

  メルマガの2000号、おめでとうございます。いいですね。こうして続けていくことが素敵なことです。それにしても2000号とは尊敬してしまいます。

たのしみは 孫のようなる ショウちゃんに 新幹線の パンツ探す時

夫の甥っ子の子供さん。2歳になるショウちゃん。トレーニングパンツで 新幹線の柄を探していると聞き われら夫婦も探し・・・・見つけました!お店には無かったけれど ネットで・・。早速サイズを確かめ 注文。何だかうれしいなぁ! 

 なんだか、その嬉しさが分かります。もうい小さな男の子は可愛いですよね。いやもちろん女の子も可愛いのですが、男の子の可愛さと言ったら、もうすごいです。そう男の子はこういうものが好きになって、それは説明できないのです。でもでも可愛いです。いや女の子も可愛いのですが、ときどきお兄ちゃんと喧嘩していて、お兄ちゃんの方が理不尽なのです。ポニョはお兄ちゃんに殴られても泣かないです。お兄ちゃんが私たちに怒られて泣いています。なんだか、男の子はいつも怒られます。

10082901 8月29日の20:54に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/29 【No.1999】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 日曜ごとの 礼拝で 素直な心を 取り戻す時

去年の6月から日曜礼拝を復活させた私です。礼拝に行くと 何だか神様の前で素直な私になれるのです。

  私も29日の午前12時10分前に、王子教会へ行きました。義母の献金をするためです。何かみなさんで記念撮影をして私も入るように誘われましたが、私は「信仰心がないですから」と断りました。もう少し誘われたら、私は「私は社会主義者です。『国家改造法案』を信仰する純正社会主義者です。ヤソなんか嫌いです」と言ったのになあ。

たのしみは 夜になったら 眠くなり 夫より先に 床に就く時

夫は夜に強い人で私は先に眠くなります。薩摩の女としては夫より先に床に就くなんてちょっと違反なのですが・、眠気には勝てません。

 私は朝は恐ろしいほど早いのですが、夜も恐ろしいほど早く眠ります。

10082705 8月29日の20:30に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/29 【No.1998】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 戦うことに 無縁なる われに力の 出るを知る時

今までの人生、逃げの一手オンリーだった私ですが ちょっとした喧嘩をしました。そして たぶん勝ちました。

 でもそれは良かったですね。私なんか、ずっと争ってばかり来た感じです。50歳をすぎて、それがなくなりました。

たのしみは 晴れて退職 出来る日に 夫と二人で 乾杯する時

良くがんばったと思います。障害物長距離走のようでした。最後は夫と二人三脚でニコニコゴールインかな?

 大変だったのでしょうが、でも良かったではないですか。私もとっても嬉しいです。

10082002 8月26日の22:26に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/26 【No.1997】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 枯れかかっていた 「われもこう」 養生してやり 生き返る時

鉢植えの「われもこう」、水遣りが行き届かなくて 枯れかかってしまいました。急いで水遣りをし様子を見ていましたら また緑の葉が復活し ホッとしました。

 私は植物なんか、さっぱり分からないのです。路を歩いていて、お花を見るのは好きなのですが、でも何も知らないのです。

たのしみは 人が来るから 掃除して ちょっとすっきり きれいになる時

なかなか掃除が行き届かず 二人で居ると便利なように物が広がっていますが 来客があるとお掃除をするから暫しきれいになります。

 来客があっても私の部屋ではなく、リビングでお話しますから、私の部屋が限りなく訳が分かりません。仕方ないよな。私の部屋に入ってくるのは孫くらいです。

10081807 8月26日の11:03に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/26 【No.1996】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 「勝手にせい!」は 要注意 夫と仲良く 暮らし行く時

昨年9月半ばに結婚し かれこれ1年になりますが たまにこういうことが あります。理由は私の暴走にあります。二人三脚を忘れるべからず です。

「二人三脚を忘れるべからず」って、その通りです。このことを私が一番心に置きましょう。

たのしみは 因果応報 原因は 自分にあると 納得する時

いろんな思い通りにいかないことは その原因を突き詰めていくとすべて自分にあったなぁと思い知りました。誰も責められません。

 自分にそうした原因があることをちゃんと自分が判らないとなりません。

10081805 8月25日の22:13に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/25 【No.1995】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 何やらがさごそ 準備して 釣りに行く夫  嬉しげなる時

行動派の夫は 良く釣りに出かけます。収穫や如何に? 

 いいですね。釣りなんていい趣味です。私なんかまったく判らないものです。

たのしみは 相手の心の 状態を 察知可能な われとなる時

若い頃は相手の心をあまり読めない私でしたが 色々経験したためかかなり判るようになったような気がします。危険予知能力が開発された感じです。まだまだですけど・・・。

 私は相手の心なんて、少しも読めません。私の二人の娘もいつもそう思っているでしょう。

10081501 8月24日の21:27に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/24 【No.1994】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは あぁ絶望と とぼとぼと 出社し状況 好転する時

心ならずも大失敗。こんなことになろうとは・・・・。あぁ、きょうは辛い一日になるぞ!と思いつつもともかく出社。はてさて 一日が終わってみたらば・・・。私に好意的な風がそよそよと??なんでだろう?ともかく良かった!

 それは良かったですね。読んでいて、私も嬉しい思いです。

たのしみは 久方ぶりの 巡回日 人に出会って 元気になる時

人と話をすることは好きなようです。職場巡回に行ける明日が楽しみです。

 それはいいことですね。私も多くの人とお話すべきですね。そんな思いをいつも持っていましょう。

10081308 8月22日の22:24に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/22 【No.1993】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 月に一度の 学習会 出てみて何かの 成果得る時

熟年出逢い塾っていうものに出席しています。市民活動を応援する半行政の学習会です。転居してきて1年。少しずつ知り合いが出来てきました。

 こうしたところの知り合いは私はいませんね。反省すべきだなあ。

たのしみは 歩こう会に 参加して 先輩女性と 語り合う時

仕事仕事で生きてきましたので 世間に疎いです。お姉さまたちに見習ってこれから強く生きていかねば!

 もっと私も強く生きなくちゃと思いました。思えば、私もHA茶さんと知り合ったのも不思儀な縁と言えるのかもしれないなあ。

10081306 8月21日の08:43に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/21 【No.1992】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 大事な人の 誕生日 遺影の前に 手を合わす時

きのうは亡き母ともうひとり大事な人のお誕生日でした。遺影に向かい感謝の気持ちをお伝えしました。

「感謝の気持」はいつも足りない思いですね。私もいつも母には自分の思いを伝えるようにしています。

たのしみは 久方ぶりの 休日に 溜まった物を 洗濯する時

旅行から帰ってきた 犬のクッションなども洗って日に干そうっと!

 そうですね。いつも洗濯はしているのですが、私はそのあとの干し方がまずいようです。いつも次女ブルータスに注意されていたことを思い出しています。

10081304 8月20日の21:32に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/20 【No.1991】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 大きな山を 一つ越え この緑陰に 転寝する時

モラルハラスメントというものを知らず知らず受けていて大変苦しかったここ2−3年。
その前に30年近く続いていたモラルハラスメントから脱却したばかりだったのに・・・。どうも それを受けてしまう性格らしい。自分をしっかり持っていないことがそういうゲームに入ってしまう原因のようだ。しっかりしなくちゃ! 

 うーん、驚いてしまいました。前には大変なことだったのにねえ。あのね、私は思うのですが、そんな性格というのはないよ。私はそう思うのです。だから、今後も元気にやっていきましょう。こうして元気に独楽吟を続けているじゃないですか。元気なHA茶さんだからできるのです。私はこれから、次女に手紙を書きます。それをきょう長女に持って行ってもらうのです。「またパパはどうでもいいことを書いてきた」と思うでしょう。それでいいんです。あ、孫(まだ字読めませんが)には絵葉書を書こう。ブルータスの彼のご両親にも書きましょう。

たのしみは 勉強の本 読み進め 解ったような 気のしてくる時

勉強の本は 難解で・・・。解ったような気がしたり覚えたような錯覚に陥る時はちょっとうれしい。時間が経ってまた本を開くと解ってなかったり覚えてなかったりする現実に唖然。  

 勉強の本って、何なのかなあ。思えば、小中学で学んだことは、無駄だったように思えて、でも今も覚えているのですね。高校はずっと授業中本を読んでいたばかりですからね。大学は、もう学生運動ばかりでした。

10081102 8月18日の20:40に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/18 【No.1990】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 輝いている 美しい ものにうっとり ぼーっとする時

旅行中 ある道の駅で休憩していたら ハーレーダビッドソンが一台 ダダダっとやってきて ヘルメットを取ったその人を見るとロングヘアーの超美人。ハーレーも光っていて うっとりしてしまった。彼女人柄も良さそうで 「乗ってみてもいいですよ。」などと言う。ちょっとうれしいひと時でした。

 嬉しいひと時ですね。道路を走るのはまったく私にはないことでした。いつか孫に笑われちゃうな。

たのしみは 悩み苦しみ 究極は 解決するのは 自分と知る時

窮状を人に訴えたところで 所詮他人事なのです。全く解決に向かわないと 悟りました。自分で困難に立ち向かっていくしかないのです。それが解った。 

 この頃、前にはあんなに焦っていた気持がすっかりなくなりました。いいことだなあ、と思っています。

10081101 8月17日の21:50に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/17 【No.1989】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 夫が帰って 来たことで 家の灯りの 輝き増す時

やはり家族が揃うって嬉しいですね。無事の帰宅にまず安心。

「家族」っていいものですよ。その家族が広がる親族っていいですね。でも私はこのごろ、自分の姻族もしきりに考えます。天皇家やイエス・キリストでは自分の上やあるいは下に継る親族を考えますが、自分の横につながる姻族はいわば無限なのです。それをつくづく感じています。

たのしみは 相談できる 友のいる 幸せつくづく 感じられる時

夏目漱石の「草枕」の中の一文ではないけれど「とかくこの世は住みにくい」。今 働いている中での「苦」は 働かなくなったら無くなるという保障は無くて 私はいつも苦しみを抱きかかえて生きていくのかもしれないと思うときもあります。

でも、それを相談する友達がいるって 本当にありがたい!

 漱石先生は、なんでそんなふうに言い切ってしまったのかなあ。いや私は漱石の本当の思いは違うようにあったと思ってきているこの頃です。

10080822 8月16日の22:26に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/16 【No.1988】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

朝夕に吹く風は 秋風が入ってきましたね。今夜は虫の音も聞こえましたよ。

たのしみは 色々経験 したせいか いざとなったら 強さ出る時

私は弱弱しい人間だと 自分では思っていたのですが 最近なにくそ負けるもんか!みたいなパワーが内から湧いてくるようになりました。四捨五入すると還暦ですものね、強くなっちゃいました。

 私はもう62歳です。早いものですね。私も強くなるべきだなあ。

たのしみは 明日には夫の 帰り来て また賑やかさ 戻り来る時

私より10日ほど遅れて 夫が旅から帰ってきます。犬のエランも帰ってくるので やはりうれしい。

 これで家族がそろうのですね。いいことです。私の家族はペットを飼ったことがないので、可愛いのだろうなと想像するだけです。

10080819 8月15日の21:14に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/15 【No.1987】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

良いお天気でした。きょうは久しぶりに静岡の教会に行き 帰りは友達とランチを楽しみました。

たのしみは ドロドロとした この世にて さらっと生きる 人となる時

人間関係の煩わしさから逃れられたらどんなに幸せでしょう。超越して生きていくことへの 良い機会なのかもしれない。神様から試練を頂いているのかも知れません。  

 私は「聖書」はときどき読んでいます。でもきょうは、またその聖書のマタイ伝の一部を名古屋弁で変えたりして面白がっていました。こんな馬鹿な私です。教会に頼まれた文章も原稿提出から半年も経っていて、まだ完成しません。この今の時代にですよ。

たのしみは 同郷の友に 長電話 苦境を話し すっとする時

苦しくて電話相談室に電話すれど、ずっと話中。こうなったらと、同郷人で中学高校一緒の親も知っているエリコさんに電話。一緒になって聞いてくれる。ほっとしてすっとする。

 私もときどき携帯電話で話をしています。1カ月2万〜3万円分話していますが、無料になります。でもどの電話会社もやっていますね。

10080817 8月14日の21:17に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/14 【No.1986】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

きょうは早起きして畑の草を引き 父の住む土地へ車で30分ぐらいで行ってきました。午前中いて帰ってきました。

たのしみは 売られた喧嘩 買おうかと 思案しながら 買ってみる時

喧嘩はしないほうが良いに決まっています。でも、薩摩おごじょ、この喧嘩 買った!やろうじゃないの!ただし、頭でね。力は無いからね。

 もう誰とも喧嘩はしなくなった私です。私のブログにも、ここ一年は変な喧嘩を売るコメントを書いてくる人もいなくなりました。

たのしみは 早起きのせい? 夜9時に 眠くなっては 床に就く時

夜9時台に眠くなるなんて、大人じゃないね!この年になって喧嘩するくらいだから大人じゃないなぁ。喧嘩してあとすっきりするのかなぁ?ただ、うじうじしてるより良いかなと?よくわかりません。

 夜9時台に眠くなり、実際に眠ることは多々ありますよ。早寝して早起きしています。

10080813 8月13日の21:23に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/13 【No.1985】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

先ほどの号 曜日を間違えました。おわび申し上げます。

たのしみは 明日の朝も 早起きし 庭の畑の 手入れする時

畑の雑草は、2週間で勢い良く伸びました。このところ雨が降って作業が出来なかったから 明日は 草取りをしたいものです。

 私はこうしてマンション生活で本当に良かったと思っています。前に比較的大きな庭のある家に住んだとき、もうその大変さにうんざりしました。雑草取りは大変でした。それになにしろ、…ああ、思い出すのも嫌です。

たのしみは 羅臼のホッケ 送りくれし 夫にお礼の メールする時

羅臼って一体 どこに?そのくらい地理に疎いのです。早速 地図を広げ知床岬を見つけ 羅臼岳・羅臼の村を見つけました。明日は食べてみようっと!

 羅臼なんて、なぜだかよく知っている地名ですね。北海道は何故か親しい思いを感ずるところです。

10080812 8月13日の21:36に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/13 【No.1984】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

きょうはお友達のウン十歳の誕生日を祝い お豆腐料理を頂いてきました。ヘルシーで良かったです。

たのしみは 書かないことには 始まらない 今日も1首を 作ってみる時

きょうは歌がうまく浮かばないなぁ。そんな時でも作らないことには 2000号に近づけないのできょうも作っています。

 私は短歌って、作れないから、いつもただ感心ししているだけです。

たのしみは 2000号まで 行った日に 美味しいケーキを 買ってくる時

お菓子は好きですねぇ。和菓子も洋菓子も・・・。ただ若い頃と違い 量は食べれらないので おいしいものを少しですが・・・・。 

 お菓子は、全然好きになれないけれど、この頃少しは好きになれたかなあ。どうかなあ。これは自信がありません。

10080809 8月12日の22:29に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/12 【No.1983】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

きょうはお友達のウン十歳の誕生日を祝い お豆腐料理を頂いてきました。ヘルシーで良かったです。

たのしみは 世話をせずとも 生きていく サボテンの棘 触れてみる時

緑は 癒しです。薄ぼんやりの私には なかなか生きていくことはしんどいことも多くて・・・。

 サボテンの刺を触ったことがあったかなあ。もう20以上前に触れたことがありましたね。硬くてきつくて、やっぱり「刺」でした。この刺で、やはり思い出しました。「島尾敏雄『死の棘』」です。私の以下には、私が昔ある女性に送ったこの小説のことが書いてあります。私はいつも余計なことばかり思い出すのです。

 http://shomon.livedoor.biz/shomon/books/simao1.htm#simao

たのしみは 退職までの 数ヶ月 ある目標を 成し遂げる時

一つ心に決めたことがあって 私は それをやり遂げようと思っています。大変だけどやり遂げたらうれしいだろうなぁ!

 やり遂げる「目標」を設定することはいいですね。ただ今の私には、それはあるのかなあ。

10080826 8月9日の20:50に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/09 【No.1982】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

南のほうに台風が来ている影響か 静岡も雨です。庭仕事の楽しみが・・・、晴耕雨読でまいりますか!

たのしみは 夫の記す 旅日記 地図を広げて 読んでいく時

地理が不得手で 地名を聞いても『そりゃ どこだぁ?』です。インターネットの検索機能と本の地図を見比べながら納得。またそれも楽しからずや!

  私は子どもの時から地図を見るのは好きでした。引越しばかりしてきたからかなあ。それに今はインターネットという実に便利なものがあります。

たのしみは ある材料で 工夫して きれいな花を 咲かせてみる時

旅の最中 いろんな工夫で可愛らしい花を咲かせているのを目にしました。あ、これ いいなぁ! と思ったものを私もやってみようと思っています。

 花はどこでも見るのは好きです。私の孫たちも好きになってくれるかなあ。

10080124 8月8日の23:28に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/08 【No.1981】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

こんばんは。先ほど自宅に戻ってまいりました。明日からまた仕事です。がんばらなくっちゃ。

たのしみは 亭主元気で 留守の日に こちらも元気に することある時

相棒殿は旅を続けていますので 暫くは わが家は私の天国。北海道で手に入れた「紫詰め草」とか 良く解らないけどきれいな花たちの種を撒いてみようっと。もちろん 直植えじゃなくて 小さいプランターにね。たのしみだぁ!

 私は植物はよく判らないけれど、見ているのは好きです。そしていつもデジカメで撮ります。そのときに、さらによく見ていますね。

たのしみは やることだらけの わが家で 主留守でも 退屈せぬ時

回覧板も来ているし、あれもしなきゃこれもやらなきゃと家事がいっぱい。あっという間に時が過ぎそうです。

 そうですね。いつも「あっという間に時が過ぎそう」ということを感じます。

10080122 8月7日の21:30に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/07 【No.1980】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

暑中お見舞い申し上げます。
今いる北海道も 日中は30度、暑いですね。
久方ぶりに 独楽吟を作ります。

たのしみは 仕事を離れ 一週間 北海道を 満喫する時

今回は北海道 夏のドライブツアー。信号の無い道路をスイスイ走りました。私はスピードが怖いので制限速度をしっかり守っての運転です。草木、昆虫に興味関心があって 大変おもしろい旅でした。 

 北海道旅行を楽しまれたのですね。私は小学校入学が札幌なのですが、そこで家族全員で父が連れて行ったところはそんなに覚えていないな。遠いところでは帯広に行きましたね。

たのしみは 美瑛(びえい)の丘の 樹を眺め 熱い珈琲 君と飲む時

私は世事に疎くて 「ケン・メリの樹」とか「セブンスターの樹」とかよく知らなかったのですが、案内されて行って見ると 大型バスが何台か駐まっていて 台地の中の一本の木を皆が愛でているのです

北海道の風景の一つ、メルヘンのような景色でした。湯を沸かし珈琲を飲みました。

 私はもともと植物をよく知らないので、仕方ないのです。ちゃんと知って孫と話せるようになりたいな。

10080102 8月1日の10:59に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/01 【No.1979】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

暑い日が続きます。きょうから私は相棒と1週間 旅に出ます。一家三人(正確には2人と1匹)のカーツアー。サバイバル・シンプルライフを楽しみたいです。

たのしみは 良い年になり 生活の 修飾漸次 外し行く時

何が大事かと自分に問いつつ シンプルライフを目指そうと心がけています。それもなかなか実践が難しいのですが・・・。

 たしかに暑いです。そんな旅に出られるのはいいですね。私も昨日は家族9人で一緒のときが過ごせて、また11月には10人の家族になるのです。もう嬉しいばかりです。

たのしみは 2学期こそは 一踏ん張り 目標めざし 励んでみる時

八方美人で誰からも愛されたい私は ただそれだけで終わってしまう放送大学も7年と1学期が終わり、卒業が延び延びになっています2学期は 八方美人をやめて ちょっとがんばろうと思います。

皆様も 暑い中 体調管理に気をつけて ゆっくりのんびりを心がけてくださいね。

「ゆっくりのんびり」をこころがけたいですが、でもなんとなくいつも焦っている私です。よくないなあ。

10072511 7月27日の20:39に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/07/27 【No.1978】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 一歩一歩の 積み重ね これ2000号を 発刊する時

きょうの配信は 1978号です。切り番っていうのはちょっとワクワクします。出せると良いですね。

 すごいですね。橘曙覧もこんなにたくさん出していないですよね。時代がもちろん違いますし、でも今の時代のほうがすごいのだと思いますよ。

たのしみは 虫から鳥から 緑から 傷む心の 癒される時

夏はいろんな虫たちの活躍時期です。わが家の庭でも毎夜せみたちが土から出てきて羽化します。せみが飛び鳥たちも飛んで 空は真っ青。私の育てている植物たちも私を大いに癒します。

 空が真っ青なのはいつも感じています。いいですね。でもいつも私自身がいいことになりません。でもとにかく、やり続けましょう。

10072403 7月24日の16:51に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/07/24 【No.1977】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 慣れ親しんだ 仕事場を 離れ夫と 暮らしいく時

どうかしら?これからのこと頭で考えても妙案は浮かびません。しばらくのんびりしてゆっくり生き方を考えていけばいいのかもしれません。異動と考えたら気が楽です。

 これからのことなんて、おそらく誰もわからないと思いますよ。仕方ないのよ。でもそれで焦らないことだと思っています。

たのしみは 睡眠薬の 代わりかも 眠り誘う 聖書読む時

まだまだ聖書のことは良く解っていません。受洗していますのに・・・。

 私はいつも聖書のマタイ傅を読んでいます。この頃はマルコ傅も読むようになりました。それでそれを私は今茨城弁にしたりして、まったくまともな信心の心はありません。

10071901 7月20日の23:52に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/07/20 【No.1976】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 梅雨明けの声 聞いてより 浴衣暮らしに 切り替える時

今は亡き女優の沢村貞子さんはエッセイで夫婦二人暮らしでいつも年相応に美しくいることを心がけているって書いていました。私の尊敬する女性の一人です。よって真似て ゆとりのある時は好きな浴衣を着て過ごします。

 私も沢村貞子さんは好きでした。でもでもいつもなんだか私は何故か怒られているような思いでした。私なんかはいつも心にゆとりがありません。

たのしみは 明日の朝には 咲くかしら 朝顔2つ 蕾ある時

朝顔の苗を4本買って来て植えたのはもう一月前。なかなかつるも伸びてこないし花も・・・・。コツがあるのかしら?朝顔一つうまく育てられません。

 私は朝顔の花も満足に育てたことがありません。いつも家の近くでその花を見てデジカメを向けるだけです。

10071703 7月19日の18:49に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/07/19 【No.1975】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 日々草に 水遣れば シャワーに虹の できる見る時

よく解らないけど シャワーに虹ができるときがあるんです。きれいですね。

 あ、この感じがよくわかります。でも思い出せば、もうずっうっとそんな体験をしていないのですね。

たのしみは 自分本位を 貫いて 今の幸せ 噛み締める時

ここ数年 自分本位を頑なに貫いてきました。人のせいにしたくなかったからです。それで今たいへん幸せです。

「今たいへん幸せ」というのがいいです。それがものすごく嬉しいものです。

10071702 7月18日の21:05に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/07/18 【No.1974】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 光るガラスの 水槽に メダカの稚魚ら 大きくなる時

稚魚の一匹一匹が私のたからもの、毎日眺めて喜んでいます。

 17日に根津のふれあい館でやっていたイベントでミツ君のすくった金魚が何匹もおはぎの家の水槽で泳いでいます。さきほども見てきました。お昼寝から起きたポニョも一緒に見ていました。

たのしみは YouTube開き 新しい 歌を覚えて 歌ってみる時

ユーチューブではいろんな歌を教えてもらいます。新しいといっても自分にとって新しいだけで 古い歌が多いのですが。歌手の正しい歌い方を覚えて歌ってみる。若い頃と違って覚えが悪いんだなぁ、これが。

 YouTubeって、私はビデオだと思っていました。歌も覚えられるんだ。私は軍歌がちゃんとあれば、それでいいなあ。

10071604 7月17日の15:19に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/07/17 【No.1973】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 暖簾を買いに 行こうかと 休日の昼 夫と出る時

部屋のインテリアは 二人で相談しながら決めています。時々は 独断で模様替えなんかして 反応を見たりもしますがそれも楽しいものです。

 そんなのはいいですね。そんな体験は私にはありえないから、少し羨ましいです。

たのしみは 行きたい場所の あまたあり 今度どこにと 迷いいる時

今までは良く一人旅に出ていましたが、今はやはり二人で行きたい。北海道も九州も四国も行って見たい。欲張りかな? 

 私も二人で歩いてみたいところがあります。遠くでなく、ごく近くを歩きたいです。

10071601 7月17日の01:16に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/07/16 【No.1972】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 漱石の歌 思い出し そのユーモアに 脱帽する時

昔 ラジオを聴いていたら「叩かれて 昼の蚊を吐く 木魚かな」(夏目漱石)という歌を教えてもらいました。その5・7・5の中のユーモアに思わず拍手をしたくなったことを思い出しました。

 私はいつも漱石には脱帽です。いつも漱石の漢詩を読んで、すごい人だなあ、とばかり思っているものです。そしていつも、実は鏡子夫人は実は悪妻ではなく、いい人なのではないかなあ、とばかり思います。また修善寺を歩いて、漱石への思いにひたりたいです。

たのしみは セミの鳴く声 聞きながら 時の短さ 思い知る時

還暦も近くなりました。蝉の一生は土の中のほうがはるかに長いとか この世に生を受けた有難さに感謝し 時間を大事にせねばと思った次第です。

 時間を大切に…ですね。でもまた酒くらっている私になってしまうのですね。

10071503 7月16日の00:25に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/07/15 【No.1971】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 「もう梅雨明けも 近いぞ」の 卒寿の声に 張りのある時

父は今年90歳。一人暮らしでがんばっています。時折電話をしますが 声が非常に元気で安心します。

 90歳というとお元気ですね。大正9年生まれになるのかしら。私の父母も、義理の父母もみな大正生まれです。あの戦争の思い出が一番強い年代かなあと私は思っています。でもでも、その中でも元気に生きてくれていました。
 お父様がお元気で実にいいですね。私も嬉しいです。

たのしみは 週1回は 連れだって 近所のカラオケ 喫茶で飲む時

カラオケは夫婦二人の共通の趣味なので 週に1回は行っているような気がします。私は民謡の勉強も止めてしまっているせいか 声が出なくなっています。

 カラオケというと、どうも苦手なのですね。いえ、マイクが駄目なのかな。私はマイクを握るとどうしても60年代後半と70年代最初の頃のアジテーションを思い出すのです。歌のほうは、すぐ詩吟なので、これまた私はマイクはいらないのです。思い出せば、私はヘルメット姿でもアジテーションと詩吟をやったことがあるなあ。

↑このページのトップヘ