2011年7月25日IS01ブログに 藤田典さんから、再び次のコメントをいただきました。

周さんの自己貫徹精神は、大いに見習うべきだと感じているものですが、世の中の変わりようは実に素早く、特にIT機器の変容には着いていけないものがあります。
周さんには、二人の優秀な娘さんがおられるのですから、適時アドバイスを頂かれるのが良いと思います。

11072601 実は、これは前にコメントをいただいて、私がそのレスを書きましたら、すぐにまたもらっていたものでした。私もまたすぐにレスしようと思っていたのですが、今頃になってしまいました。いや、すぐに読んではいたのでしたが、そのあと食事になり、またいくつかのことをしているうちに、さらに翌日になったものでした。
 あのですね。私の二人の娘より、私のほうがITには詳しいですよ。「適時アドバイスを頂かれる」なんてことは、少しも考えていません。でも、というのは、私の思いだけで、二人は全然考えていないかもしれません。
 何しろ、私は古い歌、軍歌と詩吟が好きなだけで、二人の話なんかまったく聞かないからね。
 昨日ポコ汰と電話で話して、そのあと妻と変わったら、そのうち、「はい、じいじの好きなポニョちゃんですよ」というので、また話しました。私はもう二人とお話するのが大好きなのです。ただポニョはまだ2歳(もうすぐ3歳になります)で、ポコ汰のほうがお喋りはできるようですね。ポコ汰はもう4歳と6カ月を過ぎていますから。
 思えば、私はパソコン自作をやり、インターネットに触れるのも早かったのですが、本来は向いていないのかもしれません。まあ、仕方ないよね。できるだけ、こうしてブログをやり、インターネットの世界に、大きく触れていくことがいいのかもしれないですね。 私の同級生で、「インターネットって、何もないのね」という感想を言っているご夫婦がいるのですが、私はもうあきれ果てるばかりです。
 司馬遷が、あの時代にちゃんと歴史を書いていったことが、少しも分からないのですね。司馬遷は、たくさんある歴史のうち、実にまともだと思えるものだけを残して行ったのです。そのことの大きな意味が分かるのでしょうか。
 いや、中国の歴史だけではなく、今この日本も世界も大事な歴史を思うものです。