将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:Kototoi

13042316  もういっぱいのことが分からなくなっています。

2013/04/24 06:12なかなかちゃんとやり切れていない自分を感じています。昨日「Kototoi」(第1号第2号)の定期購読をしたくて、でもそのやり方がわからなくてメールしましたが、昨日その返事がありません。今もありません。
 今日9時過ぎたら電話しようかなあ。もう私はよく分からないのですね。口座番号が分かれば、インターネットで振り込むのですがね。これは実に簡単です

 あ、今日郵便局で聞きましょう。

12092907 がっちりマンデーを見ていて、頭を切り替えないといけないなあと思いました。

2012/09/30 07:31「がっちりマンデー」を見始めました。井村屋のことをやっていました。
 私はあずきは食べることは皆無です。府中刑務所でおしる粉を食べることをしないで、残飯ですべて出したら懲役の方に怒られたことがあります。でも仕方ないんだよなあ。
 思えば私は現在64歳です。間違いなく私は58年くらい口に入れていません。でも今度口に入れてみようかなあ。私も変わらないとね。
2012/09/30 08:00あ、そうじゃない。たしか大学5年のときにアルバイトで左官屋の手元をやっていたときに、食べさせられたこともあったな。私は死ぬ思いでやっと一個食べたものです。ひどい嫌な思い出だなあ。
2012/09/30 11:47今「Kototoi」第三号を申し込みました。パソコンの前だと簡単なのですが、テレビの前だと少し面倒(本当に少しですが、要するにパソコンの前にいけばいいのだ)です。ケータイメールで一旦自分のGメールアドレスに送ります。それでやるのです。
 考えてみれば直接私のケータイからGメールで送ればいいんだな。
 ああ、まだ12時になっていないんだと今気がつきました。馬鹿だねえ。
120929082012/09/30 12:0412時からのフジテレビ「ウチ来る?」が三遊亭好楽が谷中を歩くのです。私はもう長年谷中でずっと飲んで歩いていますね。それで今出かけます。

 今日このあと、妻からの電話でサミットストアに出かけました。

12080119 先ほど郵便受けに入っていました。
 まだ「吉本隆明『固有値としての自分のために』第二回」を読んでいませんが、また読みましたら、何かを書きます。
 この雑誌を正面から撮りました。あまりうまくないのですが、なんせ私は素人ですから。

12072607 単語登録は大事だなあ、と思っています。ただ、ポメラでkototoiを単語登録するのは大変でした。

2012/07/26 06:16このポメラでもけっこう単語登録しています。kototoiもtwilogも登録しました。
 今日は夕方長女おはぎの家へお菓子を持っていきます。それを忘れないためにここに書いておきます。まず忘れることはないと思いますが。
2012/07/26 12:41こうして今リビングへ来ました。どんなに暑くても自分でしっかりしていかなくてはいけないと思うばかりです。

 ああ、今気がつきました。「kototoi」にメールで注文しなくちゃいけないのだ。それで振り込みましょう。でもこの振込みが郵便局で振替だから、これが面倒です。ここの画面でやれれば面倒でないのですが。

 日経が入ってきて、真っ先に「黒書院の六兵衛」を読んで、それで少し落ち着きます。

12072601120726022012/07/26 04:45「黒書院の六兵衛」を真っ先に読みました。思えばこの今、隼人、八十吉、六兵衛がいるところなど、我々が入れることなどは永遠にないのだろうな。
 彰義隊に身を投じた忌部新八郎の話が明日あるようです。まあ、私は今は彰義隊には興味がないのですが、六兵衛がこの八十吉の話の中でどのような変化を見せるのかは知りたいです。
 昨日「kototoi」の第二号のDMが来まして、考え込むところでした。でも今日振り込もうかな。あ、まずメールするんだ。
120725042012/07/26 05:10今ツイッターの「twilog」の画面を開いているのですが、このごろ書かない日もありますね。なるべく多くの単語を登録しています。

 単語登録は、パソコン(今はマイクロソフトのIME)と、IS01とポメラで三通り登録しています。これが面倒です。これが一度にならないかなあ。

12022308 今「Kototoi」の画像を撮りました。私の膝に乗せて、このIS01で撮りましたものです。でも私の文章とは別に撮りました。あとで合体させます。
 けっこう忘れてしまうのですね。 これは、「菊谷文庫」という出版社です。吉本(吉本隆明)さんの文は、第一回となっていますから、今後も続くのでしょう。
 でもその出版社あてのアンケートハガキが入っていたのでしたが、もってくるのを忘れていました。もうダメだなあ。
  家へ帰ってから、この吉本さんの文章について書きます。
  もうすぐじゅにの医院です。さて、じいじはじゅにと会うぞ。


  今は帰りのバスに乗りました。じゅにはとても可愛いのですが、今日はもういっぱいじいじはじゅにと会うぞだけに甘えていました。

97e2e259.jpg   もうすぐ京葉線の快速電車で新木場です。

   今日ゴミを出しに行きまして、郵便受けを見ましたら、宅急便で「Kototoi」が着いていました。吉本(吉本隆明)さんの文章が載っているということで注文したものです。
  すぐ読みまして、また京浜東北線の中で読みました。私は、今はもう電車の中では本を読まない(その替わり、こうしてIS01で書いています)のですが、今日だけは、この雑誌を手にしました。
  やはり吉本さんはいいですね。この吉本さんの「固有値としての自分のために」という文章を読みました。
   私のはこの雑誌の「第一号第二版」ということです。また、この吉本さんの文章のことをここで書きます。

  画像は、今私の膝の上を撮りました。

↑このページのトップヘ