15120510
 いつも思うことですが、NHKテレビではこの「パブリシティ」という広告がされていると思います。
 以下のウィキペディアがこのことを分からせてくれる一番いい内容かと思いました。

  パブリシティ
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3

パブリシティとは企業のPR活動の一つである。
フリーパブリシティは、広告とは異なりマスメディアに対して企業側(スポンサー)が代金を払わない活動であるといった文脈で、広告との対比で語られることが多いが、媒体を利用することが多いという共通点はあるものの、広告とはまったく異なる活動と考えるべきである。広告との本質的な相違は、代金の払う払わないという点よりも、媒体から発せられるメッセージが、企業や組織(広告の場合は広告主)が主体性をもって、その責任の上で発信されるもの(広告)か、媒体(報道機関)の主体性に基づき、その責任において発信されるものか、という点にある。
15120605
15120606
 NHKテレビは朝の番組など全面的にこのパブリシティ広告そのものだと思います。いえ、私が見るかぎりはそう思えるのです。
 まさしくNHKテレビの主体にもとずき私たちは広告を見ている・聴いているのです。そしてそれは私たちは広告とは思えないものになるのです。15120801
 これがNHKテレビを見ている大きな力です。私たちは広告だとは思わないで、でも大きな広告を見ているのです。