2e790802.jpg

 私の 私の使っているパソコンはHDは40GBですオノ君(exヤギシタ)のブログiBookを養生す というトラックバックをしてくれました。
 私が書いたことで、彼も

さっそくLaCieの160GBのハードディスクを注文しました

ということのようです。
 私は外付け250GBのハードディスクを手に入れたときから、もうパソコンの本体のHDの容量はまったく気にしなくなりました。それよりメモリを多く積むようにしています。それもパソコン本体のメーカーのではない、もっと価格の安いメモリをです。
 私はいつもノートパソコンを背中に背負っているわけですが、もうときには、この外付けHDだけで出かけることがあります。
 前に、我孫子の自宅に行って、かたづけをやっていたときに、我孫子駅北口のエスパによく行きました。ここには我孫子市役所の分室があります。そこにはパソコンが10台くらいありまして、自在に使えます。そこで私はこの外付けHDをつないで、データを作成していたりしていましたが、そこにいた70台の男性2人が、USBメモリのHDにデータを入力していました。何か趣味の会のデータのようでしたが、たぶん、自宅でやるよりも、ここで入力すれば互いに相談もできるし、いいのでしょうね。私は自分ではたいした入力をしていたわけではありませんが、この光景が目に焼きつきました。
 問題はね、私のFEPはvje で他の人とは違うから、それをどうやって自分の外付HD(USB経由)から起こしたらいいのか判らないことでした。あそこのパソコンはatokですから、それならそのまま使える人が多いのでしょうね。
 私がスカイプも、常時持っています16GBのUSBメモリから起こしますから、どこかのパソコン(インターネットに接続した)につなげば、どこでも電話できます。
 こうなると、重いパソコンを背負う必要もなくなるのですね。
 思えば、今後もっとこうしたパソコンの環境はより使いやすく便利になっていくと思います。どこでもインターネットの常時接続になっていけば、それからスカイプができるわけで、どこでも無料の電話ができることになります。

続きを読む