将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:Wiki将門

07041703 周の雑読備忘録「羽切徳行『世界一わかりやすいWebマーケティングの本』」目森一喜さんより、コメントをいただきました。

1. Posted by 目森一喜    2007年04月17日 01:48
 周さん、CMSって、wikiがそれですよ。
 wikiの後ろで動いているのがCMSです。それから、SNSも、同じようなものが後ろで動いてます。
 SNSで使われているopenPNEはmysqlと、Drupalとでは使われているPHPやmysqlは同じです。
 CMSは、周さんがすでにお使いになっているはずのものですよ。

 えっ!と驚きです。いわば、Wiki将門 がCMSなんですね。そうすると、本を読みながら、かつその後私が書いたあと、訪れてみたいくつものサイトは同じことをやっているわけだ。それでなんだかすべてが氷解しました。
 ただ、私はまだちゃんと判っていないし、ちゃんと出来ていませんが、Wiki将門 は少しはその簡単さ、使いやすいことは、判っていました。
 私はインターネット上に、ホームページとして将門Webがありまして、それを愉快堂というところにサーバーを借りていましたが、その会社が昨年12月前にサービスを止めてしまい、別な会社になりました。ただし、その愉快堂経由で、私の将門Webのドメインはまた別な会社が管理してくれています。そこの契約がたしかあと4年くらいあります。
 それで、私はこのブログをlivedoorに置いていまして、有料ビジネス契約にしました。だから、サーバーもかなりな大きさのものが使えます。ところが、ドメインの管理をどうしたらいいか判りません。というか、もう管理して処理できないのですね。どんどん、頭が馬鹿になりつつあります。
 それなのに、ブログ将門を将門Webの名称に変更してしまったから(いえ、すぐに自分で整理整頓できると思い込んでいたのです)、その後、どうにもできないので、困り果てています。

 思えば、Wiki将門もあるのだから、前の将門Webは、すべてそこに移動してしまえばいいのですね。それで前の将門Webのサーバーをやめて、このブログを中心の将門Webにすればいいのですね。

 とは言っても今の私にはやりきれるのかな。

続きを読む

73978ef6.jpg

 私の「Wiki将門」についてimajou さんから、次のコメントをいただきました。

1. Posted by imajou    2007年01月17日 15:41
Wikiとはどういうものかピンと来なかったのですが、実例を示して頂いたお陰で、何となく判った気になりました。これを使えばサイトをすっきりと構成出来そうですね。待ち望んだものだと感じました。さすが周さん、早いですね。事例提示に感謝します。

 こうして言われますと、「嬉しい」という気持ばかりですが、でもでも私は駄目なんですよ。実はよくWikiが判っていないのです。私の友人が協力して強烈にやってくれるわけで、私はこれからよく学んでいかないとならないのです。
 とにかく、このブログ将門を将門Webの名称にしまして、URLもhttp://shomon.net/にしまして、もともとの将門Webのホームページは、http://shomon.net/index2.htmのページを入口にしてと考えているのですが、でもでもまだ全然やりきれていません。
 大きくは、ドメインの問題がありまして、それを決着つけないとならないのですが、ちょうど私のサーバーを借りていて、かつドメインの管理もしてくれている愉快堂が、サーバーもドメインの管理も、他の会社に移行したところなので、もうどうしたらいいのか困っているところです。
 今は、もうなんでも電話で、「これをこういうふうにしたいのだが、どうすればいいの?」と簡単に聞けないじゃないですか。すべてをメールで問い合わせしていきますと、その返事も時間がかかりまして、もう簡単にできないのです。

 そして、このことばかりに関わっていられないじゃないですか。仕事でもいくつもの問題がありましてね、もう一つ一つ答えていくのに、くたびれ果てているところです。
 私と家族や友人とは、ケータイメールですべてうまく応答できています。応答が即決できるように素速いですからね。でも、いくつものインターネット関連のところは、なんであんなにメールの応答が遅いのでしょうか。だからこれなら、電話ですぐに聞きたいよ、という気持になります。

 インターネットの関連でも、丁寧に電話で教えてくれるところもあります。私はただただ、いつも丁寧に応対してくれるその姿勢に、感謝感心しています。もちろん、私はそこの製品を誰にも、どこの会社にも推薦しているところです。

続きを読む

 このWiki将門のバナーも作りました。
 今後もっとちゃんとやっていかないとなりません。ただ、なんとなく覇気の無くなっている私です。孫の顔を見ると、「あ、もっとがんばらなくちゃなあ」と思う私なのですが(思えば孫の顔、孫の泣き声、おっぱいを懸命に吸っている姿というのは、私に勇気を与えてくれるんだなあ)、つい一人でいると元気な気持がなくなってしまいます。

wiki とにかく、Wiki将門のバナーです。今後またがんばってやり続けますよ。

wikis

 

 

wikiss

 私のサイドバーから行けるのですが(サイドバーの「将門Webの各ページ」の上から3番目のバナーです)、

   http://wiki.livedoor.jp/shomon/  Wiki将門

があります。Wiki将門は「ウィキしょうもん」と読みます。

wikimasa 今回の将門Webの大改造で、ここでもホームページを展開したいと考えました。
 ただし、まだ私はこのウィキについては、よく理解できていません。

 でもこうしてそのWiki将門のトップ画像も作成しました。

↑このページのトップヘ