将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:matoya

2017012313

13021205 私の浅田次郎「黒書院の六兵衛」(263)にmatoyaさんから次のコメントがありました。

1. Posted by matoya   2013年02月07日 20:43
  周さんこんばんは、いつも楽しくブログ見てます。淀屋辰五郎(本編の辰平とは別人物)に私は思いがあります、淀屋の話の前に、お稲荷さんの話ですが、我が家からほど近いところに土佐稲荷神社があります、元土佐藩邸で維新後の版籍奉還、藩営事業廃止令によって、岩崎弥太郎が藩営事業を屋敷ごと買い入れ、その後に三菱の創業の地となり、屋敷内の鎮座していたお稲荷さんを神社として建立、現在は三菱グループの守護神社となってます(神社紋はスリーダイヤ)。そこから北へ15分ほど行くと土佐堀川沿いに薩摩藩邸跡があります。坂本龍馬が勝海舟の紹介で、西郷隆盛に初めて会ったといわれてます。その並びにある長州藩邸跡を見ながら15分ほど土佐堀を遡ると淀屋橋のたもとにつきます。淀屋辰五郎が、屋敷と川向の米市場との往来の為寄進したものです、淀屋の初代・常安は大坂の陣で徳川方につき、戦場に棄てられた武具類の回収をして大儲け。その財力で淀川を改修、中之島を開発。2代目の言当はに米市を開く。財を成した淀屋は大名貸付を始め、4代目の重當の時代には貸付額が20億両(現在のお金で120兆円とも200兆円とも)。5代目の淀屋辰五郎の時代、突然米商の免許取消、家財没収、大坂をところ払いに。表向きは、贅沢な生活の幕府よりのお咎め。実は大名の借金を踏み倒し。4代目重當13021206は闕所(けっしょ:財産没収刑)を予想していたのか、現在の鳥取県倉吉に牧田仁右衛門にのれん分け。そこで米屋を開かせた。牧田家はその後、大坂へ淀屋清兵衛という名で店を出し、淀屋橋を買い戻します。そして、幕末突然大坂と倉吉の両方の店を閉鎖売却、全財産を倒幕資金として朝廷に献金、忽然と姿を消す。160年前の淀屋本家の辰五郎の幕府への仇討かと思うのは私だけでしょうか。

  まずこうして、せっかくコメントをいただいたのに、それへのレスがこうして遅くなり、申し訳ありません。
  私は今回義母の一周忌で三ノ宮のお墓へ行っていました。その行くときにIS01でのUPの今はこうして乗っていますと。ものすごくいっぱいのことを思い出しますに

ああそうだ、私のブログで書かれたコメントにレスを書かなくちゃいけないんだ。

と書きましたのは、このコメントへのレスだったのです。
 岩崎弥太郎、坂本龍馬、勝海舟、西郷隆盛と言いますと、幕末明治維新を大きく感じますね。長州藩は木戸孝允しか残らない感じで多くの志士たちが亡くなっていますね。そういうことでは土佐勤皇党も同じです。そして薩摩も、比較的残っていたはずなのですが、西南戦争で多くの志士たちが亡くなりました。
13021207 そして、江戸幕府も実に多くの方が亡くなりました。思えば、維新のときからずっと生きていたのは山縣有朋くらいかな。そんなことを思います(私はこの人物が大嫌いですが)。
 そういう思いの私には、この今の的矢六兵衛にはいささか不思儀な思いになります。そして小説の中の淀屋辰平にも、なんだかいつも「この人物は何を考えているのだろう」という思いを抱いていますが、でもこのmatoyaさんの書かれたコメントを読んで、「え、モデルがいたのか」(多分モデルと言えるのじゃないかな)と思ったものです。
 しかし、武士というのは、どうしても多くの血を流しながらも、ずっと自らの階級を守っていくのですね。フランス革命やドイツ革命等とは大きく違いを感じます。ロシア革命や中国革命とも違います。アメリカ独立革命ともイギリスのいくつもの革命とも違います。
 そこに日本の特殊なことを感じ、でもそれが今思うと、よかったのかなあ。北一輝も懸命にこの日本の違いを考えたことだと思います。銃殺されたときに、何を考えたのかなあといつも思います。おそらく昭和天皇を否定した思いだったでしょうね。彼は「天皇万歳」とは叫ばなかっ13021208たはずです。
 でもこのmatoyaさんのコメントで淀屋本家の辰五郎のことも大きく知りました。ありがとうございます。
 まだまだ知らないことばかりがあるのですね。

13012203 浅田次郎「黒書院の六兵衛」(245)へmatoyaさんから、以下のコメントがありました。

1. Posted by matoya   2013年01月20日 18:40
  コン!…….
間違えました。こんばんわ周さん、御無沙汰です。
狐説のmatoyaです。

新六兵衛の徳川慶喜説がでましたか。
海舟なら、旧幕の徹底抗戦派に慶喜が見つけ出されず、担ぎ出されることなく、どこかで静かに隠れてもらいたいでしょう、新六兵衛のように、城の真ん中で目立っていては、具合悪いと思うのです、といって、切腹でもされたら、仇打派が奮い立ち 反維新政府勢力が増幅しますので、慶喜には、どかでひっそりと 生き恥をさらして、人々から忘れ去られるまで、延命してもらいたいとでも、私が海舟なら、考えます。慶喜と入れ替わるなら内藤筑前あたりが、適役かと、そして直心影流の達人の新六兵衛が警護役兼目くらまし(注目)役。しばらく江戸城で幽閉し、筑前を水戸へ、世の中が平定すれば、入れ替え直す。そう考えると、新旧六兵衛の話は、隼人たちの関心を六兵衛に引きつけておく為すべて作り話か、なら海舟以下の旧幕のキャストたちは、相当な役者ぞろいだな、海舟は脚本賞、特に子役の泣きの演技はオスカー賞もの。でも、化かしの名人の狐が六兵衛なら、辻つまが合うのですがねえ。え?、やけに狐にこだわるなあと、それは、秘密です。それでは、しっぽ掴まれぬうちに、ドロン!

 私は前にも書いたのですが、私の今住む東京北区王子は狐がものすごく縁のあるところです。王子装束稲荷の小さな境内で、まだ小さかったポコ汰を写真で撮ったことがあります。王子の飛鳥山公園の南側の都電を見下ろせるあたりでは、江戸時代には瓦を投げる遊び(瓦といっても小さくしたものでしょうが)、その先には田圃ではなく、ただの荒地だったのでしょうね。
13012204 この時代にはたくさん狐もいられたものなのでしょう。でもこの小説の時代ではねえ、もう狐もどうしようもない、活躍はできないと思うのです。狸は今でも、住宅地でも庭などに穴を掘って生きているようですが(事実私の以前住んでいた千葉県我孫子市では聞いていました)、でも「高畑勲『平成狸合戦ぽんぽこ』」でも登場した狐が言っていましたが、今は狸とは違って、狐の方が住みにくいのです。狐のほうが純情なのですね。
 これはこの「黒書院の六兵衛」のときも同じだと思うのですね。私の家のすぐそばにも小さな稲荷神社があります。もう狐もああいうところで治まってしまったのでしょう。
 そういえば、私には登場人物の勝海舟も格好悪い人物です。書きのこしている漢詩は一つもよくないし、そういえば米国へ行ったときも、彼は咸臨丸の中で船酔いで船室でずっと寝ていたようです。何も役に立たない人だったようです。江戸城を開城するときの西郷南洲との会談のときだけがいいのじゃないかな。
 そういえば、我孫子の布施(あ違った。柏の布施だ)に、ある古い家で(私は写真撮影の仕事で行ったものです。数奇屋造りの家を撮影しました)、海舟と西郷従道の書いた書を見ました。二人(鴨猟に来ているのです。もちろん、お供は何人もいたでしょうが)で、書いているのですが、はっきり言いいまして、少しもいいとは思えないものでした(従道のほうが良かった)。
 まあ、家に本妻と妾を同時に置いたという世界でも珍しい人物ですからね(狭い家にこんなことをやったのは世界の歴史の中で勝だけです)。奥さんが、「今度生まれて来ることがあったら、絶対にこの勝13012205には会いませんように」と願ったのは(願をかけたようです)、よくよく分かります。
 なんといいますか、私はこの『浅田次郎「黒書院の六兵衛」』の的矢六兵衛が狐であるというお話には、少しも興味を持てないものです。もっとそうではないことを、浅田次郎さんは描いていると思うのですね。

12101313 matoyaさん、ありがとうございます。私の「黒書院の六兵衛」(146)に寄せられたコメントは以下の通りです。あのそれで昨日は私はどうしてか疲れていましたもので、これを読むのも今朝(しかも8時代)になりました。
 それと「matoya」さんは漢字で書きますと、どうなるのですか。興味があります。

1. Posted by matoya   2012年10月13日 23:32
  周さんこんばんわ。黒書院の六兵衛はますます目が離せません、いろんな人に六兵衛を語らせながら、その実、語り手本人の人間性や生き様を描写しているとこが、実におもしろいです。あと、本人に語ってほしい人は、同心の尾関孫右衛門の下女おふじ、与力の忌部新八郎の叔父、金貸し淀屋辰平、御書院番の御番頭、出雲之守、的矢家の新助以外の三人の奴、若い女中おまつと古い女中のおかね、郎党の的矢欣次郎、もとの奥様が連れてきて暇を出された女中頭、大御番士の兄、御隠居様と大奥様、元の的矢六兵衛とその妻、新六兵衛と妻。
私はまだまだ。新六兵衛の正体の狐説を捨てません。なんと146話で御書院番八番組の御頭、秋山伊左衛門が狐につままれたようなと、いってましたから。
最終回あたりでこの秋山と上司の御書院番の御番頭、淀屋辰平の三人のつかまされた小判が木の葉に変身してたら、愉快でしょうね。これも願望ですが、元の的矢一家は、実家の大御番士の兄の家で身を寄せていてほしいです。
以上勝手な妄想ですみません。

12101314 前に書きましたように、私が今住む王子には狐の関係のものはいくつもあるのです。私が以前に「狸屋」さんの歳のいった方に「王子は狐ばかりのところなのに、このお店はどうして狸なのですか?」と尋ねたのですが、そのおばあさんは、「分からない、もう昔から狸だったのです」という話で、でもそれより私の下駄が珍しい(前に鎌倉で買いました下駄でした)と言ったものでした。
 それで王子の狐に関したものはいくつも見てきました。12月31日夜の王子の狐の、行列には参加してきました。王子装束稲荷から王子稲荷までの行進です。王子稲荷は大きな神社ですが、装束稲荷は実に小さな神社です。

  http://shomon.livedoor.biz/archives/50816544.html
    王子・狐の行列

 私は孫のポコ汰をここの神社の前で写真を撮ったことがありますよ。まだ小さかったポコ汰でした。
 今は12月31日に人間が大勢歩くのですが、昔(江戸時代の頃までかな?)、本物の狐が大勢集まって歩いたそうです。
 あのジブリの映画の「平成狸合戦ぽんぽこ」も好きな映画です。あの映画でも言っていましたが、狸のほうが狐よりも現代は生きやすいようです。私のマンションのすぐそばにも、稲荷神社はあるのですが、もう狸とは違って狐(実際の獣の狸と狐)には住みにくい今の日本、東京なのでしょうね。
 狸は、私が長く住んでいた我孫子でも、「家の庭に狸が穴を掘った」なんて話を今も聞くのですよ。でも狐はないのですね。

 この「黒書院の六兵衛」は江戸時代の話(ただし、その江戸時代の末期ですが)ですね。でもそのときには狐ももっとやれたのかもしれませんね。
 この王子にはものすごく関係ある狐ですが、どうなのだろうと、私はますます分からなくなります。
12101315 今が「狸や狐が何かするよりも、もっとひどい時代だからなあ」なんていうくだらないこと(こういうことを平気で口にする人が現実にいますよ。現実の狸はもっとしたたかに生きています)では終わらせてほしくないです。まあ、浅田次郎ですから、そういう風には終わらないでしょう。でも私は「蒼穹の昴」では、少しがっかりした気があって(だから、この「黒書院の六兵衛」がその後読みます初めての本です。

12100509 私が毎日書いてあります「周のポメラ」ですが、このmatoyaさんのを読みまして、大変に私も考え込みました。

1. Posted by matoya   2012年10月06日 13:39
  私の拙い推理ですが、新的屋六兵衛の正体のことです。45話、104話、113話にお稲荷様がつどつど登場します。稲荷町なのでとうぜんなんですが、大きく引っかかるのは、121話、周さんもご指摘の通り、伏見の下り酒です。有名な灘五郷の下り酒でなく、摂泉十二郷の下り酒でもなく、あえて伏見の下り酒の登場、伏見稲荷は日本全国のお稲荷さんの総本社。で正体はお稲荷さんが、お隣の没落する的屋家をみかねて、手をさしのべているとおもいました。新的屋六兵衛の人間離れしたところ等々、、でも、、たぶんはずれてるでしょうね。

 以下のように書いているところで、私はそれを読み直しました。

45話、104話、113話にお稲荷様がつどつど登場します。稲荷町なのでとうぜんなんですが、大きく引っかかるのは、121話、

 でも私が書いているのはあてにはならないのです。「周のポメラ」の一部として書いているだけですから、何もなりません。
 必死にインターネットで、これをぬきだして読んでみました。
 それで「お稲荷様」がそれぞれに書いてあるのかは、私には分からないのです。

 私が抜き出したところです。

45話
下谷の組屋敷に帰るすがら
104話
「御隠居様、こちらさんは私の父親(てておや)が奉公していた御屋敷の若旦那様でござんしてね。いやァ、会いたかったお人がたまたま通りすがるなんて、お稲荷様の冥加でござんす」
113話
 ご登城の朝なんか、奥様に見送られて御門を出るまでたいそう鯱張っていなさるんだが、そこの稲荷の辻を曲がったとたん、ぼうっと息をついて私らお供に話しかけてきなさる。
121話
伏見の角樽を飲み放題だと言われてごらんな。

 以上なのです。それでまたこのあと、私の長女おはぎの家へいくのです。三人の孫に会うのです。
12100510 そして明日はもう一人の孫に会うのです。今また入院しているのですね。千葉こども病院へです。
 それでまた書きますのは、また別になります。
 ただ今後は、明日からは、この「黒書院の六兵衛」については、また「周のポメラ」とは別に書いてまいります。

↑このページのトップヘ